あらゆる大学から学生が集まるMFC。
どんな学生がどんな事を考え、どんな事を得ているのでしょうか?
MFCで何かを見つけた学生さん何人かにご協力いただき、想いを聞いてみました。
▼国際基督教大学 ▼一橋大学 ▼上智大学(理系) ▼慶應義塾大学(理系)
▼お茶の水女子大学 ▼早稲田大学 ▼東京学芸大学 ▼首都大学東京
▼青山学院大学 ▼慶應義塾大学 ▼上智大学 ▼東京大学
MFC内外に繋がる出会いが楽しい!

himmeno

Give精神のある人が多い!積極的に知ろう・知ってもらうと働きかける人が多く「詳しい人紹介するよ」「次のイベント招待するね」が社交辞令に留まらないのが魅力。自分とは全く異なる経験や関心を持つ事を面白いと思う好奇心旺盛な人にお勧め!
私も刺激を受けるより与えられるように、MFCの内外に繋がる出逢いを楽しみに参加しています。
(国際基督教大学 教養学部 4年 姫野 あらか/大学2年生から参加)


運営スタッフがフラットに接してくれるから心置きなく参加できる。

miyake

MFCに参加して、「いろんな学生がいるんだな」とまず一番に思いました。特に僕の場合は、単科大学に通っているので、多種多様なバックグラウンドを持った人たちと接する中で、視野が広がりました。
また、運営してくださっている社員、インターンの方が学生に対しても親身に、フラットに接してくださるため、心置きなく参加できます。
(一橋大学 商学部 3年 三宅 辰実/大学2年生から参加)


なりたい自分が見えてきて、自信を持って進路を決めることができた。

aoki

進路に迷っていた大学2年のときにMFCに参加し始めました。
すると違う大学、学部の学生が参加していたり、様々な業界の社会人の講座があったりと、自分とは違う考え方をしている方々と出会えました。
人生の先輩のお話を聞いたり、自分の考えを話したりするうちに、なりたい自分が見えてきて、自信を持って進路を決めることができました。
(上智大学 理工学部 3年 青木 優美/大学2年生から参加)


社会に出るという事、社会人として求められる事の一部を知ることができた。

masyuu

私は3年生の夏まで何をするでもなくダラダラとした学生生活を送っていました。
しかしMFCの企業プロジェクトなどを通して社会に出るという事、社会人として求められる事の一部を知ることができたと思います。
またMFC会員の学生同士や、さまざまな企業の方とお話しするのは刺激的で、自分の長所・短所を見つめなおすいい機会にもなりました。
(慶應義塾大学 理工学部 4年 渡辺 摩周/大学3年生から参加)


出会って考えて、変わる場。

satoayu

MFCとは「出会って考えて、変わる場」だと思っています。
いろんなジャンルで活躍する社会人やレベルの高い仲間に出会って、改めて自分を振り返り、こうなりたい!という想いを抱いて家に帰る…。
私はそれが毎回楽しくて、気づいたらヘビーユーザーになってました。
ちなみに、就活生になって初めて、MFCがどれだけ贅沢な講座やイベントなのかわかりました。
(お茶の水女子大学 生活科学部 4年 佐藤 歩実/大学2年生から参加)


飽きるどころかどんどん新しいことを知ろうという気持ちになれます。

ueno

MFCには去年の9月から参加しています。
その頃ちょうど、ただ座って勉強してることに少々飽きがきていたのですが、MFCのイベントはゲーム性があり、且つ社会により近い勉強ができ、達成感があるといった点で、飽きるどころかどんどん新しいことを知ろうという気持ちになれます。
ですので、「ちょっと勉強に飽きたなー」とか「最近集中できないな」なんて考えている人がいたら、僕は特にオススメしたいと思います!
(早稲田大学 商学部 3年 上野 雄貴/大学2年生から参加)


頑張りきれていない自分をモチベートしてくれる場所。

satomari

MFCには就活への不安で行き始めました。
しかし今では、どういうキャリアを重ねていきたいのかについてや、日常生活の中でぶつかる問題について、様々な着眼点から考えるきっかけを毎回のイベントでいただいています。
また様々な分野、方法で将来について行動する人と話す機会が、頑張りきれていない自分をモチベートしてくれる場でもあります。
(東京学芸大学 教育学部 3年生 佐藤 真里夏/大学1年生から参加)


ちょっと将来のことを考えたくなった時に参加できる。

nabehiro

MFCは、楽しい学生生活でちょっと将来のことを考えたくなった時に参加してみると、とても心地いい場所です。
意識高い系の学生が集まる訳ではなく、普通の学生がちょっと真面目に取り組んでいる場所なので、様々なプロジェクトでは他では味わえない充実した、想い出深い時間が送れます。
いつ参加しても、ムダな時間だったーと思わないのがイイとこ!
(首都大学東京 都市環境学部 4年 渡辺 宙輝/大学2年生から参加)


ふんどし1枚で戦えるリングがある!

sekiya

MFCにはふんどし1枚で戦えるリングがあります。
リングサイドにはいつでも、私たち学生をサポートしてくださる社会人の方々。
出会えるのは学年や学校という階級を超えた、かけがえのない仲間でありライバル。
たった1度きりの学生生活、自分にしかできない技を磨いてジャイアントキリングできる場がここ、MFCです。
(青山学院大学 文学部 4年生 関谷 葉月/大学1年生から参加)


大学1年の成長は、全てMFCがきっかけだった。

akimoto

MFCはワークショップが多くて自分が何かを得られているという実感があるのがいいところだと思います。
特に企業プロジェクトはやる気さえあれば何回でも挑戦できるからPDCAが回せる絶好の機会。またMFCで出会える学生はみんなそれぞれ魅力的で優秀なのも魅力です。
僕の中ではインカレサークルに近い印象で、定期的に活動出来るのが嬉しいですね。
(慶應義塾大学 商学部 2年生 秋元 佑太/高校2年生から参加)


参加するようになってから世界が広がった。

suzaki

MFCに参加するようになってから私の世界は広がりました。
「今までは気づかなかったけど、自分ってこういうことが好きなんだ」、そういった発見が見つかる機会がMFCにはたくさんあります。
他大学の人たちや活躍している社会人と繋がることが出来るのも魅力的で、様々な人と知り合えてその分多くの発見がある。知らなかった自分を探すことのできる場所です!
(上智大学 法学部 4年生 洲崎 彩/大学2年生から参加)


社会人との距離感が魅力的!

yukawa

代表や講師の方との距離が近く、個人的にも相談に乗ってくださります。参加者もバックグラウンドから将来のビジョンまで本当に多様だけど、向上意欲とコミュニケーション能力の高さは共通していて、非常に刺激的。
受動的でなく実際に自ら手を動かすことによって気づくことも多いし、キャリアを目先に囚われずじっくり考えることができました。
(東京大学 教養学部 3年生 湯川 利和/大学2年生から参加)

PAGE TOP