【神戸学校】今日は1日タガを外す日~電通「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」研究員 キリ―ロバ・ナージャさん~

神戸学校さん主催イベントに今回特別に10名の方にご参加頂けます!

フェリシモさんが毎月1回、各界の第一線でご活躍中のゲストを迎え開催しているメッセージライブ『神戸学校』に、今回特別ご招待をいただきました。
3月のゲストは、MFCでもゼミ企画などにてご協力をいただいている「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」研究員キリ―ロバ・ナージャさんです。

関西圏のみなさん、その他地域在住のみなさん、ぜひユーモアたっぷりのナージャさんの話を聞いてみませんか?

※イベントは終了しました。

E v e n t I n f o r m a t i o n

神戸学校 presents 今日は1日タガを外す日~こんなのどうだろう神戸学校~

日 程 2019年3月30日(土)13:30-16:00 *13:00開場
場 所 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階 STAGE FELISSIMO(神戸市中央区小野浜町1-4)
[アクセス]
主催 株式会社フェリシモ 神戸学校
WEBサイトはこちら
受講料 MFC会員に限り無料
参加対象 高校生と大学1・2・3年生
応募について MFC会員限定!
マイページよりお申込下さい。
※先着制となります。人数に達した時点で応募を締め切らせていただきます。
※MFC会員限定で参加枠を確保しておりますので、参加確定後のキャンセルは固くご遠慮いただいております。
服 装 私服でお越しください。
持ち物 筆記用具(神戸学校では、イベント会場にて募金を募っています。お預かりした募金は全額「あしなが育英会」を通じて、東日本大震災遺児への支援に活用されています。)

スピーカー

キリ―ロバ・ナージャさん キリ―ロバ・ナージャさん
「アクティブラーニング こんなのどうだろう研究所」研究員/クリエーティブディレクター/コピーライターソ連(当時)レニングラード生まれ。数学者の父と物理学者の母の転勤とともに、6カ国(ロシア、日本、イギリス、フランス、アメリカ、カナダ)の各国の地元校で教育を受けた。広告代理店 株式会社電通入社後、さまざまな広告を企画、世界の広告賞を総ナメにし、2015年の世界のコピーライターランキング1位に。その背景にあった世界の多様でアクティブな教育のことを、コラムとして連載し、キッズデザイン賞を受賞。「アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所」設立。好きなものはゾウと冒険。2018年『ナージャの5つのがっこう』(大日本図書)を出版。電通Bチーム所属のクリエーティブ・ディレクターでありコピーライターでもある。

※イベントは終了しました。

神戸学校とは

神戸学校
『神戸学校』は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。2019年度の『神戸学校』のテーマは「ひらけ わたし」。さまざまな顔を持つゲストのお話から、たくさんのヒントを得て、まだ発見されていない“新しいわたし”の開拓に、みなさまとともにチャレンジしたいと考えています。
詳細はこちら

PAGE TOP