ハーバード流 交渉学 ~win-winアプローチ講座~

人とのやりとりで困った経験はありませんか?お互いの利害の対立を乗り越えるポイントは何でしょう?
口のうまさや、頭の回転が早い人が有利なのでしょうか?
実はそれよりも大切な事があるのです。

本講座では、講義やケーススタディを通じて、交渉学の一端を体感頂きます。また多彩なキャリアを持つ様々な社会人がティーチングアシスタントとして参加しますので、細かなフィードバックも受けられる特別講座です。
学生生活の様々な局面はもちろん、社会に出た後にも必要になる交渉学の理論は、今後のキャリアを切り開く大きな武器になるでしょう。今回は、実際に交渉のプロであるTAによるデモ交渉及び、TAに交渉を挑むことのできる特別プログラムです。
*前回の講座レポートは、こちら

イベント概要

日 程 2016年6月19日(日) 13:00~18:00
応募〆切 第1回目:2016年6月6日(月)正午 / 第2回目6月13日(月)正午
場 所 パレスサイドビル2F マイナビルームS 東京都千代田区一ツ橋1-1-1(東京メトロ東西線「竹橋」駅直結)[地図]
参加対象 大学1~3年生・大学院1年生

 

win-winアプローチとは?

交渉の事例を徹底的に分析し、成功確率を上げるための方法論を研究した「交渉学」という分野があります。
今では様々な場面で使われる”Win-Win”という言葉がありますが、実は交渉研究の中で見つけ出された概念です。

”一方的に譲歩する”でも”譲歩させる”でも無く、”お互いにとって望ましい解決方法”を見つけ出す考え方ですが、交渉を通じて自分が実現したいことに近づけるためには、この考え方が大切になります。

一方で、頭では分かってもなかなか体現できないのが「交渉」でもあるため、”模擬交渉”と呼ばれる実践主導の教育が行われています。体験を通じて、自分の人生で必ず役立つ地力をつける知恵が詰まっています。

Presented by

<監修>一色正彦
金沢工業大学客員教授、東京大学非常勤講師、慶應義塾大学非常勤講師、(株)グリア事業アドバイザー他
パナソニック(株)時代に約40か国で交渉経験があり、大学で交渉学の研究と教育を行なうと共に、企業の交渉人材育成のアドバイスを行なっている。

<講師>佐藤 裕一
(株)グリア代表取締役、慶應義塾大学福沢諭吉記念文明塾講師
東京大学大学院時代に交渉学を学び、ボストンコンサルティンググループを経て、起業。
大学で交渉学の研究を行うとともに、企業向けに交渉を中心とした能力向上のトレーニングを提供している。

<ティーチングアシスタント(TA)>
Coming soon

Agenda

タイトル 開講時間
1.交渉学の基礎(講義) 13:00~13:30(30min)
利害を背負った他の人と、協力して問題解決を行う取り組みを研究する「交渉学」という分野があります。交渉学とはどのようなものかに触れながら、自分の置かれた状況を把握するためのポイントを学習します。
2.交渉の設定読み込み(演習) 13:30~14:00(30min)
交渉学の特徴は、「知識を得て終わり」ではなく、“ケース”と呼ばれる”役割の設定が書かれたシート”をもとに、実際に交渉のシミュレーションを通じて理論を理解していくところにもあります。シートを読み込み、講義の内容を踏まえて準備を行います。
3.他の参加者との意見交換(演習) 14:00~14:30(30min)
発想を拡げるために、他の参加者と議論しながら準備を深めます。周りの人と意見を合わせる必要はありません。人の意見を参考に、交渉にあたっての疑問点をクリアにしていきます。
4.デモ交渉と解説(講義) 14:30~15:20(50min)
実際に相手と交渉する前に、社会人の交渉がどのようなものか、実演をしてもらいます。交渉者と講師による解説を聞きながら、この後の演習で、どのような点に気を付けて交渉するかを考えます。
5.1対1の交渉ゲーム(演習) 15:20~16:00(40min)
準備にもとづいて、実際に20分程度の交渉を行います。正解・不正解はありませんので、うまく喋れなくても全く問題ありません。模擬後に聞ける”交渉相手からの感想”は、普段のクセや特徴を改めて知るまたとない機会になります。
6.交渉結果の振り返りと考察 16:00~16:40(40min)
演習で取り組んだ交渉の内容に関して、講師のガイドに沿いながら交渉相手と振り返りを行います。実際に交渉の場面で何を考えたか、相手はどう思っていたかを知ることで、自分の特徴を理解していきます。
7.振り返り(演習) 16:40~17:00(20min)
参加者でグループを作って、当日学んだこと/感じたことや、今後活用してみたいことをざっくばらんに共有します。講師や社会人のTAに、身近な質問をすることも可能です。
8.交流会 17:00~18:00(10min)
最後に交流会を実施いたします。TAや参加者と交流を深めましょう。

PAGE TOP