MY FUTURE HACKATHON 開催レポート

2016年12月3・4日、MFCでは初開催となるハッカソンイベントを開催しました。
その名もMY FUTUREHACKATHON(以下、MFH)!
過去の開発実績などの事前審査を通過した28名のエンジニアの卵を集めて開催されたMFH。開発テーマは「IOT」。スマートライフを実現して、私たちの生活をもっと便利に、豊かにしていく、というもの。
アクセンチュア、日立製作所、NTTコミュニケーションズの協賛の元、各社から派遣されたメンター社員と一緒に最新のデバイスやハードウェアをハック!
二日かけてプロダクトのプロトタイムを開発し、優勝チームを競いました。二日間に渡る戦いの模様をお届けします。

dsc00532

ハッカソン初日

dsc00496
オープニングでは協賛各社のIOTに関するプレゼンテーションやメンターの自己紹介。メンター社員も皆さんカジュアルなスタイルで、フランクに自己紹介いただきました。

dsc00529
二日間で開発できるデバイス各種。指輪型ウェアラブルや話題の360度カメラ、ドローンなど多数のデバイスが用意され、エンジニアチームは自分たちがどれを開発して行くかをアイデア出しするところからMFHは始まりました。

dsc00543
メンター社員もチームに加わり、同じチームメンバーとしてハッカソンに参加。プロジェクトマネジメントをしっかり指導いただく方もいれば、技術的な指導をしてくれる方など、様々なスタンスで学生をフォローいただきました。

初日は開発プロジェクトの方向性や工程を策定し、開発スタート。早めに解散するチーム、遅くまで残って開発するチームと様々でした。

ハッカソン2日目スタート!

dsc00557
いよいよ二日目。チームによっては徹夜で作業したり、シフトを組んで寝る時間を調整したり、はたまた秋葉原によって必要な機材を調達してから会場に来たり、とこの辺りはハッカソンならでは。チームでコミュニケーションを取りながらプレゼンに向けて開発スピードを上げていきます。

dsc00563
腹が減っては戦はできぬ! ということでお弁当やお菓子、ドリンクは会場に常備。思い思いに欲しいものを取ってまた開発に向かう……。さあ、あとは時間との戦いです。
プレゼンテーションスタート!

dsc00576
時間になり、各チームのプレゼンが始まりました。どんな狙いで開発をしていったのか、技術的な解説を交えながら実際に試作品のデモを繰り広げます。
IOTという共通テーマながら同じような発表はほぼなく、またどのチームも多少のエラーはありつつも実際にデモを見せながらプレゼンテーションを行いました。

dsc00600
全プレゼンが終わったあとは作品お披露目タイム。企業各社が各テーブルを周り、それぞれのプロダクトを実際に触りながら利用感をチェック。プレゼンではわからなかった細かい工夫などもヒアリングしながらどのチームを評価するか決めていきます。

dsc00657
総合優勝は天気の様子が部屋の中のランプでわかるシステムを開発した早稲田大学2年生の「名著」チーム! 各社の評価を集め、見事優勝賞金20万円を手にしました!
他にも各社それぞれの観点からスポンサー企業賞が設定され、評価を受けていました。

dsc00663
最後は懇親会。チームメイトや協賛各社と情報交換や親睦を深めていました。

今回、事前選抜で通過したメンバーが集まっただけあって二日間という短い期間でどのチームもしっかりとデモまで仕上げてみせたMFH。ここで生まれたネットワークを生かして、これからの活躍につなげていっていただきたいと思います!
協賛各社様、メンター社員様もありがとうございました!

G a l l e r y

S p o n s o r

企業ロゴをクリックすると各社の学生向けページにリンクいたします。
accenture_logo

hitachi_logo

ntt_logo

PAGE TOP