Girls1Day2015開催レポート

「私たちは、もっと自由に輝ける。」
2015年8月19日、竹橋マイナビルームにて「Girls1Day2015~経済産業省ダイバーシティ経営企業100選」を開催いたしました。

今年で3回目の開催となるGirls1Day。当日は、ダイバーシティ経営企業100選となでしこ銘柄選定企業の14社の女性社員の皆様にご登壇いただき、女性としてのキャリアの築き方や家事と育児の両立、仕事へのモチベーションなど多岐にわたるお話をしていただきました。

オープニング

午前の部は昭恵夫人のオープニングトークからスタート。
「就職活動となると何をしたいかよりも大手企業という観点で選んでしまう人が多い。どんな自分・家族・暮らし・国になりたいのか考えてほしい。若いからこそ人を動かす力がある。自分が何を出来るか仕事と同時に考えていってほしい」昭恵夫人のメッセージに、女子学生たちが熱い眼差しでお話を伺っていた姿が印象的でした。

オープニング写真

パネルディスカッション

1度に様々な価値観に触れられる、パネルディスカッション。Girls1Dayでは女性社会人6名をお招きし、2つのテーマに沿ってお話をして頂きました。キャリア選択やモチベーションの保ち方など、学生時代から使えるテクニックがたっぷり詰まった充実した時間となりました。

『女性のキャリアデザイン』
カルビー東レJR東日本の3社の女性社員の方々から、学生時代のエピソードから入社のきっかけなど「キャリア」という軸でお話をいただきました。環境の変化に沿って、勉強を重ねているエピソードや前向きに物事を捉えることなどは、今すぐにでも実践できるお話でした。

パネル②

『私の仕事のモチベーション』
サントリー食品インターナショナルノバレーゼ三越伊勢丹の女性社員の方々の、入社から現在までのモチベーショングラフ拝見しながら仕事のことや育児との両立、仕事で苦労されたことなどを質問をさせていただきました。ご登壇いただいた皆さんは違う業界で活躍されていますが、子育ての経験が仕事の経験に活きるなどプライベートで学んだことを仕事で活かしているエピソードが印象的でした。

パネル①

トークルーム

各テーマごとに、今までのキャリアや職種ごとの仕事の面白さを存分に語っていただきました。

テーマ1 『お客様の最前線に立つ』(営業女子)
登壇企業:三井住友銀行ジェイティービー

テーマ2 『女性の視点を形にする』(企画開発)
登壇企業:アメリカンファミリー生命保険会社ポーラ

テーマ3 『チームの上に立つ』(女性リーダー)
登壇企業:ヒューリックLIXIL

テーマ4 『世界で活躍する』(グローバル女子)
登壇企業:丸紅日本GE

もちろんテーマや企業ごとに女性像や社風はもちろん異なってきますが、話を聞いていく中での共通点は、いきいきと働いている女性は皆さん楽しそうにプライベートの話も仕事の話をしていて“仕事を楽しんでいる”ということです。
どうしても学生からの視点だと「仕事と育児の両立は難しいのでは」というイメージもありますが、現在は子どもができたから仕事を辞めるというケースはほとんどないという会社もありました。
育休やフレックスタイムなどの制度が整っている企業も多く、女性が男性と比べても変わらないほどに社会で活躍できるような時代になってきているのだなと思います。
経済産業省では2012年度より女性活躍推進に優れた上場企業、「なでしこ銘柄」を毎年発表しているので、女性として働くうえで、この発表も参考にしてみてはいかがでしょうか。

フリートークルーム

参加企業の皆さんと自由にカフェのように気軽に話をすることができるフリートークルーム。
皆さん、積極的に社会人の皆さんが座るテーブルへ赴いていました。
Girls1Dayの参加者は中学三年生から大学三年生までと幅広いので、様々な質問があちらこちらで飛び交う中、丁寧にお答えいただき参加された皆さんも大満足の様子でした。

girlsフリートーク2

参加者の声

・1人1人に様々な人生、働き方、キャリアデザインがあり、そのキャリアデザインに至るまでに様々な悩みや苦労があったことが分かりました。ただ、全ての方に、”充実している”というキーワードがあったことはとても興味深かったです。(大学2年生)

・それぞれ違う会社で働く女性のお話を1日でたくさん聞けるイベントは初めてだったので、とてもためになったし、モチベーションにもなりました。今後も、このようなイベントに参加してみたいなと思います。(大学2年生)

・10年、20年後、自分がどんな風に働いているか、疑問に思っていたので参加してみました。多様な働き方があることを知れて、自分らしい生き方をもっと追求してみたいと思ったり、学生時代にできることから、挑戦してみようと思いました!ありがとうございました!!(大学1年生)

・企業の方が日々どう働いているのか、その過程はなかなか知ることができないのでためになりました。また女性のいきいきとしたキャリアの作り方が素敵でした。自分もどうやって生活していきたいか考えていきたいと思っています。(高校3年生)

・普段は聞けない企業の方からのお話はとてもためになりました。また、女性の先輩だったので話が聞きやすく自分と重ねられるところもあり、良い経験になりました。(高校2年生)

・会社に入って同じ事業を退職するまで続けるものだと思っていましたが、会社に入ってから様々な経験をなさっている方がいて、これから興味をもつことを1つに絞らなくていいんだと気付けました。(高校2年生)

PHOTO GALLERY

写真をクリックと次の写真に切り替わります。

あなたにおすすめのコンテンツ

タイル】アクセンチュア潜入レポート【タイル】無料で使えるお洒落でクールな日本語フリーフォント5選【タイル】クラウドワークス
PAGE TOP