アジアNo.1を目指すコンサルティングファームの魅力を潜入レポート! in ABeam EXPO

みなさん、こんにちは! MFC学生スタッフのゆうたです! 今回は2月16日に開催された「ABeam EXPO」に潜入してきました! 基調講演に始まり、グローバルセッション・ABeam Digitalセッション・女性トークセッション・スポーツビジネスセッション・コンサルティングスキルセッションの5ブースと、内定者による就活相談エリアという盛りだくさんなイベントです!

ゆうた……MFC学生スタッフ。自身も18卒なので、取材をしながら色々な企業のことを知れることがけっこう嬉しい。

『基調講演』
アビームコンサルティングの軌跡と成長戦略とは?

「ものものしい空気は苦手なんです(笑)」
アビームコンサルティング(以下、アビーム)の執行役員プリンシパルとして、人事グループ統括をされている林崎さんの一言で、基調講演はフランクな雰囲気で始まりました。
コンサルティングファームは、その大半が欧米に本社を置いています。しかし、アビームは、日本に本社があるという特徴を持っているとのこと。そのため、外資系の「短期で成果を出す」スタイルではなく、長期的にクライアント企業と関わり、成果を出すスタイルのコンサルティングをされるそうです。また、現場を非常に重視しており、プロジェクトベースでクライアント先に常駐し、何度も議論しながら企業の変革を進めることも多いそうです。外資系コンサルティングファームとは異なる雰囲気で働いてみたい方、日本を代表するグローバル企業の発展に寄与したい! という方はチェックすべき企業であることは間違いなさそうです。
それでは各セッションの様子を見ていきましょう!

『グローバルセッション』
グローバルのあり方が変わっている今、アビームの強みとは?

2002年に新卒で入社された今村さんが登場。最初にアビームが公開していた広告のお話がありました。大手消費財メーカーのグローバル担当と、アビームの岩澤社長(当時のグローバルプロジェクトの責任者)の写真。こうした事業会社のグローバルレベルのプロジェクトを支援したコンサルティングファームが、その事例の広告を出すことを許可してもらえることはとても珍しいそうです。今村さんが主に担当されている製造業の領域では、トップダウンだけで改革を進めても必ず失敗するということです。なぜなら日系企業は現場が強いため、ボトムアップもしっかりと進めなければならない。現場にもしっかり寄り添うアビームのスタイルを、この広告が端的に表しているという説明でした。
海外進出する日系企業の数は、上場する製造業の場合、1990年代には35%だったものが、現在では70%以上になっているそうです。特にグローバル経営基盤構築のニーズが高まっているため、アビームではテンプレートアプローチという手法をつかって改革を行っているということでした。構築する部分だけではなく、理解浸透をしっかりとできるかが変革を成功させるキモだそうです。単純にテンプレートを使うだけでは上手くいかず、現地の駐在員の方が日本の本社に対していう「OKY(おまえ、こっちきて、やってみろ)」という状態にならないように、人を意識した適切なコミュニケーションが重要だということでした。このようなところも日系コンサルティングファームならではのグローバルでの働き方の特徴だと感じました。

PAGE TOP