国家公務員1day 登壇者紹介~国土交通省〜

国土交通省

ソフトからハードまで、ローカルからグローバルまで国土交通省のフィールドは多岐に渡ります。一人一人に寄り添うバリアフリー社会の実現、訪日外国人4000万人の誘致、安心・安全な交通体系の実現、インフラの海外展開。より豊かで暮らしやすい日本を目指し、社会システムをデザインする、それが我々の使命です。

登壇者プロフィール

【AMの部】10:30〜11:00座談会「私のキャリア」
Y.Kさん 大臣官房人事課 課長補佐(平成22年入職)
「国土交通省」で働く人はどんな仕事をしていると思いますか?国土交通省の仕事は道路のデザインから観光まで幅広く、活躍の場は日本全国の大都市から過疎地域に、また世界のいろいろな場所にまで広がっています。今日は入省9年目の職員がこれまで携わった業務を紹介し、皆様に国交省の幅広い業務に触れていただきます。
【AMの部】11:10〜11:40講演会「グローバル」
Y.Kさん 大臣官房人事課 課長補佐(平成22年入職)
「2020年までに日本を訪れる外国人旅行者を4000万人にする」。この目標を達成するために政府全体で観光に取り組んでおり、その中心的な役割を国土交通省観光庁が担っています。外国人観光客を5年で2.8倍に押し上げた国の取り組み、その中で国土交通省が果たす役割についてご紹介します。
【AMの部】12:30〜13:00講演会「人々の生活を支える」
Y.Kさん 大臣官房人事課 課長補佐(平成22年入職)
朝、家で目覚めて支度をして電車で学校に向かう。当たり前の日常の中にある住宅、交通、道路、それら全てに国土交通省が関わっています。皆さんが日々触れているものに国土交通省がどう関わっているか、.安全・安心なまち、賑わいあるまちを実現するために国交省が行っている取り組みを紹介いたします。
【PMの部】15:40〜16:10講演会「人々の生活を支える」
N.Mさん 大臣官房人事課 企画第一係長(平成26年入職)
人口減少社会において、地方都市が地域の活力を維持するとともに、高齢者や子育て世代が将来にわたって安心・快適に暮らせる都市環境をいかに築いていくか―。その処方箋になるのが「コンパクト+ネットワーク」です。今回は、持続可能な”足腰の強い地域”をつくるために国土交通省が取り組んでいることをご説明します。
【PMの部】16:20〜16:50講演会「グローバル」
N.Mさん 大臣官房人事課 企画第一係長(平成26年入職)
「2020年に約30兆円のインフラシステムを受注する。」この目標の実現に向けて、政府全体でインフラの海外展開に取り組んでいますが、中でも新幹線等の鉄道は、我が国を代表する質の高いインフラとして、海外から注目を集めています。今回は我が国鉄道システムを題材に、今後の海外展開戦略についてご説明します。

国家公務員1day TOPに戻る

PAGE TOP