国家公務員1day 登壇者紹介~金融庁~

金融庁

金融はよく、身体を巡る血液のようなものといわれることがありますが、皆さんがお給料や学費等を銀行口座を使ってやり取りされているように、金融は日々の暮らしに不可欠です。金融庁は、金融を安定させることで人々の暮らしを守り、FinTechのような新しい金融サービスの発展や国民の資産形成も促しています。

登壇者プロフィール

【PMの部】15:00~15:30講演会「人々の生活を支える」
K.Nさん 総合政策局組織戦略監理官室 課長補佐(平成18年入職)
預金、決済、運用、保険等々、金融は私たちの生活の便利・安心を支えています。同時に、これらのサービスは大きな変化の真っ只中にあります。
こうした姿について、借金(多重債務)の問題、グローバルなルール作り、保険会社のルール作り、ベトナム支援、金融庁改革などの業務経験を基に、お話しします。
【PMの部】15:40~16:10座談会「私のキャリア」
M.Kさん 総合政策局秘書課 係長(平成26年入職)
入庁後、金融市場におけるルールメイキングに携わったほか、国際組織の議長国として国際会議の運営を行いました。その後、金融機関に2年間出向し、投融資の現場で地方経済の活性化に携わってきました。9月より欧州に留学し、ファイナンスの理解を深めてまいります。
【PMの部】16:20~17:30若手職員フリートーク
Y.Kさん 総合政策局総務課国際室 係員(平成29年入職)
金融庁の国際部門で、国際金融規制の策定や海外当局との連携に携わる仕事をしています、入庁2年目の職員です。入庁してから1年半弱ですが、国際会議への参加なども含め様々な経験をさせて頂いています。今後は、国内部門・国際部門問わず様々な業務に関わったり、海外留学も経験してみたいと考えています。

国家公務員1day TOPに戻る

PAGE TOP