2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」。それから、約三年の時を経た現在、SDGsは私たちの身の回りの生活、あるいは、ビジネスにどのような影響を及ぼしているのでしょうか。社会や企業の意識・行動の変化から、世の中の潮流を読み解きます。

「自利利他公私一如」を世界中で実践する ー住友商事 サステナビリティ推進部 松浦俊行さん 自動車流通事業第二部 増田直弘さん、横田秀彰さん

お金では測れない価値

ー一方で社会への貢献によって短期的にはコストが増えるという見方もあるとは思うのですが、そのあたりはどう判断されているのでしょうか?

松浦さん:事業を行うからにはやはり、社会貢献と経済性の両方の観点で判断し、持続的な形にすることが重要だと思います。先ほどお話しした新規事業の社内申請書の例のように、長期的な視点から会社としての価値観や、経済性と社会へのプラス/マイナスの影響をしっかり議論ができる土壌があるかどうかが大事だと考えています。

増田さん:たとえ短期的には利益が出なかったとしても、私たちの活動が現地の方々に受け入れてもらえることの価値はお金では測れないと感じています。もちろんベストなのは、自分たちの本業自体が、社会貢献につながっていることですが。

横田さん:私たち自動車部隊は、1960年代からイラク向けに自動車を輸出してきました。それは、「車を売る」という商売ではあるんですけれど、現地の方からは救急車や消防車も含めて質の良い日本車を手に入れることができるのはありがたいというお話もいただいております。
そういう意味では、車を輸出するという事業自体も、ビジネスを通じた一つの社会貢献でもあると言えるのかなと思っています。

画像

自動車流通事業第二部 横田さん

ーマテリアリティや社会への貢献に対して御社の社内ではどのような反応がありますか?

松浦さん:社内向けにもマテリアリティについての説明会を実施しています。当社の場合、所属する部署によっては、扱う商品の最終消費者の顔がなかなか見えないこともあるわけですが、説明会に参加してもらった社員からは「自分の担当する事業が、社会課題の解決につながっていることが見えると、働きがいを感じられる」といったコメントも集まっています。

伝播する熱い思い

ー採用活動においてはいかがでしょう? 人事はご担当ではないのでお答えが難しい質問かもしれませんが、最近の学生のなかには社会への貢献に注力している企業を就職先として選ぶ方も一定数いるようです。

増田さん:自分自身のことを振り返ってみると、私が商社に入るときには、大きな仕事をしたいとか、人の役に立ちたいといった漠然とした思いはあったものの、正直に言えば、社会貢献についてそこまで自分ごととして考えていなかったような気がします。
けれども、実際に働き出して社内の取り組みを目の当たりにすると、共感できることがたくさんあって、自然とそういう心持ちになってくるんですね。「自利利他公私一如」という言葉についても、入社した頃と現在では、理解の深さが全然違います。やはり、毎日一緒に仕事をする仲間の影響は大きいです。熱い想いは伝播しますから。

そして、それは日本人同士であっても、日本人と外国人の間であっても変わりません。そうした思いが社内外、そして世界中に広がっていくなかで、その輪の中に若者も参加してくれたら嬉しいですね。

ーそれでは最後に、マテリアリティも含めて、御社の今後のSDGsとの向き合い方について教えてください。

松浦さん:これから先もさまざまな社会の変化が訪れるなかで、当社のマテリアリティがこの先数十年変わらないのかというと当然そうではありません。私たち自身も、時代に合わせた形で柔軟に変化していかなければいけないと自覚しています。

そういう意味で社会全体の動きやステークホルダーと対話していくことを通じて、自分たちの向かっている方向性を常に確認し、時にマテリアリティ自体を更新しながら事業に臨んでいくことで、社会と共に持続的な成長を目指していきたいと考えています。
そして、最終的にはそうしたマテリアリティへの取り組みがSDGsの達成にも貢献すると思っています。

ーありがとうございました。

SDGs 基礎用語解説

【ESG投資】
ESG投資の「ESG」は環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字です。従来、投資先の判断基準は企業の財務情報でしたが、近年はそれらに加え例えばその企業の地球温暖化対策や女性従業員の活躍具合などといった要素を考慮した投資が行われており、これらをESG投資と呼んでいます。

【MDGs】
2000年に開催された国連ミレニアム・サミットにて採択された「国連ミレニアム宣言」をもとにまとめられた21世紀の開発分野における国際社会共通の目標(Millennium Development Goals: MDGs)」のこと。極度の貧困と飢餓の撲滅など,2015年までに達成すべき8つの目標を掲げ,その内容は2030アジェンダ(2030アジェンダ)に引きつがれています。

【CSR】
CSRとは”Corporate Social Responsibility”の略称。企業が利益の追求だけでなく事業活動を通して、社会に貢献する責任のこと、企業の社会的責任を意味します。企業として自社の利益を最大化することとあわせ、さまざまなステークホルダーや社会の利益を考慮した活動していくこと。

line@