「聞く力」は複合スキル。トレーニングのコツとポイント

聞く力はコミュニケーションを図る、相手の話や情報の伝達を正しく行う上で非常に重要なスキルです。聞く力を向上させるには傾聴力や要約力などの複合的なスキルも必要です。聞く力に含まれるスキルやスキルアップのポイントにはどのようなもがあるのでしょうか。

聞く力とは

一言で聞く力と言っても立場や役割によって求められるものは違います。

ここでは3つの聞く力

・相手の話をじっと聞きこむ「傾聴力

・話の要点を掴み正しくまとめる「要約力

・話を聞き課題やニーズ、方向性を引き出す「サポート力

について触れてみます。

相手の話をじっと聞きこむ傾聴力

傾聴力は相手とのコミュニケーションを築く上で非常に大事な力です。この人は自分の話をちゃんと聞いてくれると思われることで、相手が心を開いてくれやすくなります。傾聴を行う上でのポイントは以下の2点が挙げられます。

・会話の途中で口を挟まない

・目線を合わせ、頷きや相槌を入れる

人と人とのコミュニケーションは発話(話し手)と傾聴(聞き手)で成り立ちます。人は自分の内面を話し理解されることでストレスや悩みを発散することができます。これは特に女性に多くみられる傾向にあります。(男性は自問自答で悩みを解決する傾向が多くみられます。)

しかし、話を途中で遮られたり、否定されたりすると逆にストレスが高まりますし、相手が真剣に聞いていないと感じると人はコミュニケーションを遮断します。傾聴力を高めたい場合は「会話の途中で口を挟まない」「目線を合わせ、頷きや相槌を適切に入れる」この2点を意識して相手の話を聞くようにしましょう。

話の要点を掴み正しくまとめる要約力

相手の話のポイント、要点を理解し正しく受け止めることはとても重要です。会話した時には相手に「わかりました。」「了解しました。」などと理解を示しておきながら、その後の行動や対応が伝えたことと全く違っていたら、相手はあなたに対し「聞く振りをしていただけ」「理解力がない」と思うでしょう。

自分としては真剣に聞いていたのに、このような経験をしたことがある人は理解すべき要点がずれており「読解力」「要約力」が低い可能性があります。読解力、要約力は鍛えることができますので、⚪︎⚪︎字要約などのトレーニングを行い、聞く力を向上させましょう。

話を聞き課題やニーズ、方向性を引き出すサポート力

聞く力には相手の話を聞くこと以外に課題、ニーズを紐解き、解決や方向性を引き出すコンセプチュアル・スキルも含まれます。コンセプチュアル・スキルについてはグロービス経営大学院MBA用語集の中で以下のように解説されています。

”コンセプチュアル・スキルとは、知識や情報などを体系的に組み合わせ、複雑な事象を概念化することにより、物事の本質を把握する能力。”

引用元:グロービス経営大学院 MBA用語集「コンセプチュアル・スキル

これを聞く力に取り入れることにより相手が悩んでいることや、迷っていることの本質を客観的に引き出し、対応策や解決策、適切な助言、アドバイスを行うことができます。

スポーツ選手や会社の経営者なども、コーチやメンターなどアイディアや悩みの壁打ち相手を持つことが一般的になってきています。ただ話を聞くだけでなく、より適切なアドバイスができるようになると聞く力は向上し、相手との関係性もより強く構築できるでしょう。

聞き上手になるには

聞く力を向上させるにはまず第一に聞き上手になることが外せません。相手に信頼してもらい、心を開いてもらうためのポイントを挙げていきます。

相手を尊重する

人は否定されると強い嫌悪感を持ちます。聞いている途中で疑問に思ったことがあっても相手を尊重し、最後まで話を聞くことを意識しましょう。

相手の背景も理解する

立場や環境によって同じ物事、事象に触れても受け取り方は千差万別です。相手の立場や背景も含めて理解することを心がけましょう。

最後まで聞く

聞いている途中で解決策や答えがわかったとしても途中で遮らず最後まで聞くことを心がけましょう。相手は答えを求めているわけではなく、自分の考えを出し切ることが重要な場合もあります。

話しやすい雰囲気を作る

話を聞く場を設けても雰囲気が重苦しかったり威圧的な雰囲気であったら相手は話すことをためらうでしょう。笑顔で明るい雰囲気を作ることも聞く力の重要なポイントです。

話を外部に漏らさない

聞いた話は相手の許可なく外部に漏らすことはご法度です。信頼して話した内容が外に漏れていたら、相手は失望や怒りを覚え関係性はこじれ修復することも困難になってしまいます。信頼関係は聞く力の基礎となりますのでプライバシーは必ず尊重しましょう。

聞く力は総合力

聞く力を向上させるには多くの複合的な能力(コミュニケーション力、傾聴力、要約力、コンセプチュアルスキルなど)を向上させる必要があります。聞く力が高い人の周りには多くの人が集まりますし、頼りにもされます。円滑にコミュニケーションが取れる人材になれるようにポイントを意識しトレーニングしましょう。

PAGE TOP