「コンセンサス(合意形成)」って?言葉の意味とその必要性を理解しよう

日常生活の中で、アジェンダやレジュメ、コミットメント、ジョインなどのカタカナ言葉を使うことはありませんか。周りの人も使っているからという理由で、本当は意味はよくわかっていないけれど使っている、という言葉もあったりしませんか。中には無理して外国語にせずに日本語でいった方がわかりやすいのでは、と感じる言葉もありますね。そのような言葉の一つに「コンセンサス」があります。この機会に「コンセンサス」の意味を理解し、どのような場面で使用するのが適切なのか見て行きましょう。

コンセンサスとは

「コンセンサス(consensus)」とは「意見の一致」、「合意」といった意味の英語です。また「意見の一致」や「合意」の意味から発展してその前段階や準備にあたる「合意形成」や「総意」という意味でも使われることがあります。

特にビジネスや政治の場など、意見を一致させることが容易でない重要な問題を解決するために合意を得る際に、「複数の人の合意や意見の一致」、もしくは「異なる立場の人の意見が一致すること」の意味で使われています。このように「コンセンサス」は複数人の合意を意味し、合意を得る相手が1人の場合はアグリーメント(agreement)という言葉を使います。

また、会議の場では「コンセンサス」は「単なる意見の一致」ではなく、「全会一致」の「合意」を意味しており、反対意見のない明確な状態であることを意味します。他にも「根回し」の意味で使われたりもします。

コンセンサスの必要性

集団での意思決定の場面で「全会一致」の意味であるコンセンサスを得ることは大変重要です。コンセンサスと逆の「独裁的決定」と「コンセンサス」を比較して、集団を形成しているメンバーにどういった面でメリットがあるのか、見ていきましょう。

メリット1.納得度が高まる

意思決定を行う際に参加者が多数いて、意思決定能力が分散されているにも関わらず、参加者の意見を無視して1人で独裁的に意思決定を行ってしまうと、「反対の立場だったのに」や「詳細を聞いていない」など決定事項に対して納得できないという参加者も出てきます。
それとは逆にコンセンサスを取る場合は、反対の意見に対しては参加者で話し合い、解決策を出し合って意思決定をします。また、詳細についても説明し参加者全員が納得した上で意思決定を行うため決定事項に対して「納得度」が高まります。独裁的に物事を決定するより、参加者全員の合意を取り付ける分、時間はかかりますが、コンセンサスを得ることは参加者にとってもメリットがあることがわかります。

メリット2.実行度が高まる

決定事項の参加者の「納得度」が高いほど、「実行度」が高まります。納得できないまま行動に移そうとしても「反対だったのに決まってしまったからやらなければならない」や「詳細がわからないので何をしなければいけないのかわからない」など、批判的な意見が出やすく、積極的な行動はできないものです。しかし、問題点を洗い出し、参加者が内容を把握している事項については実行度が高くなるのは想像できると思います。参加者全員のコンセンサスを取ることで実行度が高まることが大きなメリットです。

メリット3.当事者意識・関係性が維持される>

参加者全員にコンセンサスが取れている場合、決定事項に対して参加者も意思決定に参加しているため、「自分が決定したこと」といった当事者意識が維持されます。逆に独裁的に決定されている場合、「自分が決めたことではないのに」という意識が残り、蚊帳の外に置かれているように感じることもあるかも知れません。また、参加者全員でコンセンサスを取った場合は全員で意思決定をしているので、もし問題点が出てきても全員で解決していくことに積極的になるので、参加者相互の関係性が維持されます。独裁的に意思決定をした場合はそれとは逆に少数派や反対派に禍根が残ることが考えられます。

メリット4.意思決定の質が高まる

コンセンサスは意思決定の質を高めることができます。独裁的に意思決定をした場合、多角的に物事を見る機会がないため、気づかなかった問題点や課題が浮き彫りになることが多くあります。しかし、コンセンサスをとった場合はその過程で、参加者全員が納得するまで話し合い、問題点を出し合い、解決策を考えて合意を得て決定するため、「三人寄れば文殊の知恵」の言葉通り、全員のアイディアを出し合うため、より質の高い意思決定ができる確率が高くなるメリットがあります。

様々なフィールドで活用されるコンセンサス

「コンセンサス」はビジネスや政治の場で利用されることが多いですが、物事がコンセンサスに至るまでには多数の人が関わるため、この合意形成に至るプロセスについてさまざまな研究がされています。ここでは研究事例をいくつか 紹介します。

■事例1.森林の管理手法を合意形成して決める

公共の財産である森林を管理する際、その管理方法を決めるためには地域住民の合意形成が必要不可欠なものとなります。北海道大学の柿沢氏による論文『森林管理をめぐる合意形成の意義と方法』には、公的所有物である森林の管理の実態と、市民をうまく巻き込んで管理事業について合意形成を取ることの重要性とその意義、実際に上手く合意形成を取ることができた事例が紹介されています。

たとえば、横浜市の都市林「ふれあいの森」の中でも「白旗の森」は市民参加 に よ る合意形成をうまく取り入れて管理を行っています。この森の管理には参加者として地元町内会や小学校、行政側のアドバイザーとして市緑政局と神奈川区区政部の担当者、技術的なアドバイザーとしてコンサルタント会社が参加し、約1年の期間で管理計画を作成しました。その後、イベントの形で地域住民が集まったところで、ワークショップ形式をとって合意形成を行い、都市緑地管理の最終決定を行いました。この例では地元住民に森に対する思い入れがあったことで、積極的に参画して計画が進められたことに特徴があります。

■事例2.合意形成プロセスそのものが研究の対象に

合意形成に至るまでは、いろいろな条件や環境、問題点があります。公共工事のように多くの人々の合意形成が必要になることもあり、合意形成のプロセス自体を研究している方も多くいます。

中央大学大学院、中央大学の浜田氏、庄司氏の二名による『合意形成プロセスの成功パターンの特徴分析に関する研究』では「春に一泊二日で研究室のメンバーおよび先生と旅行に行く」ことをテーマに合意形成プロセスの観察を行なっています。学生5名を4グループに分けて、旅行先を決めるのですが、多数決によって選ばれた目的地と、話し合いによるコミュニケーションで決定された目的地が違う場合があることがわかりました。

また目的地の決定について合意形成を図る場合は、なぜその目的地を選んだのか、評価理由が明確に示されること「目的地を決定するのに重視される項目を決めること」が円満な合意形成には必要だとしています。このように、合意形成のプロセスを研究することにより、その知識や技術が多数の合意形成が必要な場合に大きな助けになります。

ドラッカーも評価していた日本のコンセンサス文化

現代経営学の発明者ピーター・ドラッカーは日本のコンセンサス文化について彼の著作「【エッセンシャル版】マネジメント」の「マネジメント技能」の章で触れています。ドラッカーがどのように日本のコンセンサス文化を評価しているのか、見ていきましょう。

ドラッカーはどのように日本のコンセンサス文化を見ていたか

著書「【エッセンシャル版】マネジメント」のp .150−151でドラッカーは日本のコンセンサス文化とその後の行動について次のように記載しています。

”日本について見解の一致があるとすれば、それは合意(コンセンサス)によって意志決定を行っているという点であろう。(中略)

意志決定で重要なことは問題を明らかにすることである。…..この段階でのコンセンサスの形成に努力を惜しまない。この段階にこそ、意志決定の核心があるとする。

(中略)

関係者全員が意思決定の必要を認めたとき、初めて決定が行われる。….その後の日本側の行動は迅速である。”

ドラッカーは日本のコンセンサス文化を通して組織全体での問題の共有化の重要性を説いています。そして、コンセンサスを組織内で形成した後の行動の迅速さも評価しています。コンセンサスを取り、全体の知識を統一することがいかに全体の行動を加速させるか解説しています。

現代に必要なコンセンサスのスキル

本書は1973年に書かれており、当時とは時代の変化の速度が全く違います。結果として、課題にかかわる参加者の数が多くなればなるほど、全体的なコンセンサスをとることに時間を取られてしまい、時代の変化に取り残されてしまうこともあります。今の時代、スピード感をもって物事に取り組むためには全員のコンセンサスを取り付ける必要がある問題なのか、一部のコンセンサスで良いのかを見極めることも大切なスキルになります。

コンセンサスは重要だが囚われ過ぎずに

コンセンサスは全体の意思統一を図り、行動を起こす際に組織を構成する参加者が迷わず、行動に移すために重要な手段です。一方で参加者の数が多ければ多いほどコンセンサスを取り付けるまでに至る時間が膨大になります。現代は意思決定のスピードについても重要視される時代です。
何か決め事をする際にはコンセンサスを取る必要のある事柄なのか、そうではなく、一部の人間で決めて良いことなのかを見極め、必要な場合は段取りよく、全体の総意を集約できる力が求められています。

■参考文献
一般社団法人コンセンサスビルディング協会

北海道大学農学部 柿沢宏昭『森林管理をめぐる合意形成の意義と方法

中央大学大学院、中央大学 浜田百合、庄司裕子 『合意形成プロセスの成功パターンの特徴分析に関する研究

PAGE TOP