「人とはちがう光る個性をつくってみる」へチャレンジ。 ~第二弾 セコム編~

こんにちは!さとゆうです!!
このコラムでは私がほかの人とはちがう「光る個性」を持つためにさまざまなものにアンテナをはり、体験したことを記事にしていきます。
第二弾ではセコムに潜入!どんな新しい出会いがあるでしょうか……?

さとゆう【自己紹介】
明治大学に通う大学3年生。大学1、2年生は主に予備校のチューターやブライダルのバイトに邁進。今年度2月からMFCで長期インターン生として勤務を開始。2019年3月(大学4年生)から休学し、長期留学予定。趣味はドライブと旅行。

セコムのMIRAIにいってきた!!! 今回光る個性に選んだ理由とは……?

3月末に行われた大学園祭。「セコムオープンラボ@大学園祭」という名でセコムさんにビジコンを開催して頂きました。私自身、インタビューなどを通して「セコム」という企業について調べていく中で、セコムではホームセキュリティのみではなく、社会に安全・安心をもたらすための多くのサービスを提供していることを知りました。その中で、一際目に付いたのが「MIRAI」というショールーム。なんだか、普通のショールームとは一味違う・・・という噂も聞き、実際に見に行ってみることにしました!

第一弾でも記載した私が決めた「私が光る個性をつくるために大切にしたい基準」は
1. ちがう世代の人との交流を持つ。
2. いまの自分とはちがう世界に飛び込む。
3. できれば人の役に立つことをやる。

の3点。
今回この中の2・3に当てはまる、と思い第二弾の光る個性のテーマにしようと思いました。

セコムの「MIRAI」とは一体……?

「MIRAI」はショールームでありながら、商品実機を1台も展示されていないショールームです。普段目に見えないサービスを可視化したり、これから実現していこうとしているサービスを見たりすることができる、まさに「MIRAI」そのものを表現したショールームになっています。
「こういう未来をつくっていきたい」という情報発信の場として「MIRAI」はつくられ、研究中・開発中の技術やこれからやろうとしていることを体感してもらう、ということを目的としています。

セコムの「MIRAI」へ潜入!!

最初に体験したのはウォークスルー顔認証でした。現在の顔認証というと立ち止まってから機械に近づき確認し、と作業時間が長いように感じている人も多いのではありませんか? しかし、このウォークスルー顔認証はその名のとおり歩きながら顔認証を行ってくれるので、瞬間で認証ができてしまいました。セコム本社企画部の沙魚川さん曰く「日常の中で荷物を持ったまま本人確認ができるようになる時代もそんなに遠くはないですよ」とのことでした。

次に、未来の会議室に訪問しました。ここは机全体がモニターになっていて、いわゆるペーパーレスで会議資料や投影資料が個々人に配布されるんです。
さらに先ほどのウォークスルー顔認証と会議室内のセンサーによって、誰がどこにいるかAIが把握。着席した場所に合わせてテーブル上に顔と名前が席次表のように表示される仕組みです。
つまり、座席が変わってもテーブル上の人物表示の並び替えも自動で行ってくれるのですが、こういうところにもセキュリティで培われた技術がコミュニケーションに転用されているのを感じました。

会議室を出た先では、セコムの詳しいサービスについて紹介をしていただきました。
超高齢社会に向けたサービスの拡大についての未来を描いたムービーでは、自宅のありとあらゆるところに目には見えないセンサーがはりめぐらされていて、細かな気づかいを届ける多くのサービスが描かれていましたが、訪問サービスなど人が直接サービスを提供する様子も見ることができました。
また、リモコン操縦ではなく自律で飛行し、自分で追跡飛行をしたり充電に行くドローンなどの開発も進み実用化されています。どちらにも共通して伺えたのは、目には見えない各種センサーと創業以来のオペレーションコントロール体制を駆使した「テクノロジー×人」のサービスである、ということです。
「できるものはマンパワーではなくテクノロジーで。でも人の判断が必要なときは人で」といった、人と技術の上手なコラボレーションを意識したサービスをつくろう、という開発理念を感じることができました。

最後に拝見したのは東京マラソンで実用化されているセキュリティリストバンドでした。
東京マラソン2018で参加者全員がつけていたリストバンドは実はセコムが開発したものだったそうです!
本人確認や入場者管理を目的とし、リストバンド内には一人ひとりを識別する情報も入っているそうです。技術は確実に進展しているのを実感しました。

2020年、その先の未来へ向かってさらなる研究の進んでいる革新的サービスをこの目で見ることができ、ただただ圧倒、感動の一言につきました。

まとめ

すべては「社会を幸せで快適な生活を提供するため」、生活の中の安全・安心を多くの形で守っているセコムのサービス。私たちの生活がセコムの多くのサービスに支えられていることを今回知ることができ、人に幸福感の与えられるサービスが更に多く実現化できたら素晴らしいことだと思いました。
ショールーム「MIRAI」は文系の私にとって全く縁もゆかりもないイノベーション、テクノロジーの世界へ連れて行ってくれました。その中に足を踏み入れたことで技術革命の著しい進歩や自分の身の回りのもののほとんどがこのテクノロジーによって成り立っており、便利な生活を送れていることを体感するきっかけとなりました。光る個性を追求していく中で新しい発見や知識と出会うことができ、一つひとつの学びは自分を成長させてくれると思いました。今後もたくさんの「光る個性」を探していければと思います!このコラムを読んでショールーム「MIRAI」に興味を持った方はぜひ見に行ってみてくださいね!
詳細はこちら>>>
第三弾もお楽しみに☆

PAGE TOP