大学園祭 イベントレポート

こんにちは! さとゆうです!!
3月28日に開催された大学園祭!
今回私はたくさんのブースを回ったり、ステージパフォーマンスを見たりと一来場者としてこのイベントに参加してきました。多くの盛り上がりを見せた大学園祭の全容をここで一気に紹介します☆

自己紹介

明治大学に通う大学3年生。大学1、2年生は主に予備校のチューターやブライダルのバイトに邁進。2019年3月(大学4年生)からカナダへ長期留学予定。今年度2月からMFCで長期インターン生として勤務を開始。趣味はドライブと旅行。

メインステージ

メインステージ司会者『WoWキツネザル』さんと、女子大生司会者の栗原 万由香さんとのダブル司会で始まった大学園祭。ハイテンションなオープニングトークで会場を沸かせた後、メインステージでは「日本一の学生」をテーマに、音楽やお笑い、ダンスなどの各分野で活躍をして日本一の称号を得た学生たちがパフォーマンスをしていきました!
画像

メインステージトップバッターは大学生バンド『プランクトン』。
愛知県立旭丘高等学校軽音楽部で結成した4ピースバンドで、なんとイベント当時はまだ高校3年生のグループ。大学生バンドFESTIVAL2016 やTEENS ROCKなど多くの大会で優勝経験を持つ彼らは、まさに「日本一」の称号にふさわしい圧巻の演奏でした!
続いて大阪大学アカペラサークル「inspiritual voices」所属の5人組で活動する『ShogoFree』の皆さん! カントリーチックな洋楽を最高にクールに歌い上げてくれました。

ミニステージ

メインステージでのパフォーマンスが終了したと思ったら、休む間もなくミニステージでのパフォーマンスがスタート!
画像

ミニステージのオープニングには、歴史ある和風楽器である津軽三味線の魅力を広めるため2015年に慶應義塾大学で創立されたグループ『津軽三味線集団弦音巴(おとは)』の演奏からスタートしました。扱う楽曲は古典的なものから現代の曲まで幅広く、会場全体に響き渡るほどのエネルギッシュな演奏で、会場全体がその音色に酔いしれていました。

続いて早稲田大学のお笑いサークル『お笑い工房LUDO』によるお笑いライブがスタート! 全国でも最大級の規模を誇る130名在籍のインカレサークルということもあり、仲の良さを生かした面白いコントで会場は笑いの渦に包まれていました☆

最後は明治大学公認フリースタイルフットボールサークル『Pelusa』の登場! 音楽に合わせたサッカーのリフティングパフォーマンスで、まさに”魅せる”かっこいいパフォーマンスを披露し、観客からは音楽に合わせて手拍子も♪

企業との交流

続いて、ブース出展をしている企業や学生団体のブースのご紹介です。
ブースコーナーでは各ブースに団体や企業のカラーが出ていて、それぞれの魅力が盛りだくさんでした!

【セコム】

1日型ビジネスコンテスト「セコムオープンラボ@大学園祭」を開催。
テーマは「2030年、日常のお困りごとを解決するセコムの新たなサービス事業を提案せよ!」というもの。少し未来の2030年セコムはどんなわくわくするサービスを提供できるか、アイディアを各チームで出し合いました。11時のオープニングと同時に、7組の応募チームの作業がスタート。タイムリミットは3時間。その後、予選が始まります。SECOM社員からのアドバイスを聞き、チーム全員の意見や知識、アイディアを総動員してそれぞれのグループが真剣に作業していました。
気になる結果や詳細はこちら!

【互助交通】

互助交通は他の企業とは一味違う、企業と学生の「コラボレーションブース」として出展していただきました。企業のPR方法を学生と企業が一緒になって一から考え、何ヶ月も前から準備を重ね、当日はプロモーションスタッフ7人とともに会場を盛り上げてくれました!
ブースに行くと、桜マークがたくさん貼られた大きなタクシーが! 会場内でひときわ目立っていました。100枚の桜マークはひとりひとりの夢やチャレンジしたいことが書けるようになっており、大学園祭後はこのまま皆さんの夢を乗せて公道を走る予定だそうです! 街角でこのタクシーを見かけたら良いことがあるかも!?
その他ブースの詳細はこちら!

【日本航空(JAL)】

JALのブースでは、本物のパイロットとCAさんとお話しすることができました! 制服も着させていただきましたが、私はパイロットの方が似合うみたいです(笑)。
また、ビジネスクラスの座席もブースに置いてあったので実際に乗ってみました!! フルフラットシートになり、横になって足をしっかり伸ばせるほどの広さ、寝心地抜群、熟睡間違いなし(笑)。
エコノミーしか乗ったことのない私にとっては最高の空間でした。大人になったら絶対乗りたい!!!

【TEPCO 東京電力】

東京電力のブースでは、自然豊かな「尾瀬」の魅力を伝えるブースになっていました! 「どうして東京電力が尾瀬を紹介しているのか?」その疑問はこちらで解決★
大学園祭では、「東大LEGO部」とコラボレーションした尾瀬の1/40スケールのジオラマが置いてあったり、VR体験コーナーでは尾瀬を散歩している様子を体験出来たりと、実際に尾瀬に旅行に行っているような気分を味わえました。

【EF】

EFのブースでは、留学に興味のある人向けに留学経験のある学生が留学相談を受けていました。私も来年から留学をするので、本気でおすすめの国や海外での生活についていろいろなことを質問攻めしてきました(笑)。留学に対する本当に小さな不安についても親切に答えてくれて、来年からの留学もとっても楽しみになってきました!

【DHC】

ここでは、DHCのオリジナルエナジードリンク「Youth」を配っていました。「Youth」は年間60,000本という限りある本数を、真剣に物事に打ち込む若者を応援するためだけに配布している「若者限定無償エナジードリンク」です。DHCブースの皆さんと写真を撮ることが出来、フォトジェニックな1枚が撮れて大満足(笑)。

【ふんどし部】

なんと言ってもひときわ目立っていた『ふんどし部』。ここでは、ふんどしを世界中に広めるために毎日ふんどし姿で生活している社長さんとガチ筋トレ&ガチ人生相談会が出来るブースになっていました。
筋トレでは腕立て伏せを教えてもらったのですが、ひじの角度、足の伸ばし方などひとつひとつの動作指導が厳しく、正しいやり方での筋トレのきつさを実感しました。

再びメイン

午後から再び始まるメインステージのパフォーマンスはお笑い3本立て!
慶應義塾大学体育会野球部出身の『ボシマックス』、創価大学落語研究会所属の『ダイソンウェイパー』、お笑い工房LUDO所属『キラーマジック』のコンビが再び会場を笑いの渦に!


15:00からはSECOMビジネスコンテスト決勝戦がメインステージにてスタート!

画像
気になる結果や詳細はこちら!

学生ブース

会場中央にある学生ブースでは、様々な学生団体が一同に新勧活動を行っていました!!
東大みかん愛好会によるご当地みかんジュース飲み比べ、理系女子サークルの『リケチェン!』によるバスボムづくりなど個性的なブースや体験コーナーがたくさんあり、その他多くの参加団体の皆さん同士の交流や、来場者への新勧活動などが見られました☆

メインとミニ③ ベンチャー

ミニステージでは15時から『先輩ロールモデル座談会』が開催! 学生団体の代表者や起業家など、様々なジャンルで活躍してきた大学生の登壇者たちが、「大学生の可能性」について熱烈トークを繰り広げました。

そしてミニステージのラストを飾ったのは、尾瀬のイメージソングを歌っているシンガーソングライターの『Miyuu』さん! Bruno Marsの「Just The Way You Are」など弾き語りで歌い、澄んだ歌声で会場を魅了していました。

その他、長期有給インターンを募集しているベンチャー企業が集まり、学生の皆さんへの相談会の開催やトークセッションを行うなど、いろいろな分野で輝く人たちと間近で会えるコーナーで、とっても楽しかったです!

そして遂にメインステージのライブが終盤戦へ!

まずは立教大学インカレダンスサークル『D-mc』の公演がスタート! 300人以上の大世帯サークルならではの迫力、日本一のクオリティはまさに、「かっこ良いっ!!」の一言でした! 様々なジャンルのダンスを見ることもでき、会場が一気に盛り上がりました!!

続いては慶應大学コピーダンスサークル『さよならモラトリアム』! 息のあったかわいい×キレキレダンスを披露し、会場のテンションは最高潮に!

最後にメインステージのトリを飾ってくださったのは大人気シンガーソングライターの『chay』さん! 素敵な歌声でたくさんの観客を魅了しました。そしてやっぱりめちゃくちゃかわいかったですっっ(笑)。

ナイトパーティー

大学園祭終了後、18時半からはナイトパーティーと称して、イベントの出展者と来場者の懇親会が開催されました。冒頭には東京証券取引所がクイズ大会を行い、正解者の中から抽選で賞金プレゼントということで、みんな本気で参加!(笑)その後、ここでのスペシャルゲストとして登場してくれたヨッピーさんとセブ山さんのトークイベントでは、人気ライター2人ならではの絶妙なトークで場内は大爆笑!
最後に「自分が楽しい、と思ったことや自分の強みを生かせる、と思ったことをたくさん経験してほしい」というメッセージをいただき、様々な出会いと発見を生み出すことが出来た、MFCにとって記念すべき第1回目の大型イベント「大学園祭」が幕を閉じました。


編集後記

「大学園祭」という名のとおり、楽しいコンテンツが盛りだくさんの素晴らしいイベントでした!!! 企業と学生の出会いが多くのコミュニケーションを生み、大人との会話の中で刺激を受けた学生も多かったのではないでしょうか。また、学生同士の交流のなかで、知り合うはずのなかった学生との友人関係もたくさん生まれていました。
参加してくださったみなさんにとって大学園祭が、少しでも「新しいこと」「夢中になれること」との出会いのきっかけになっていたら嬉しいです。
また、出展してくださった企業様や学生団体の皆様、一緒に大学園祭をつくってくださり、ありがとうございました。そしてお越しいただいた多くの学生の皆さん、本当にありがとうございました!

画像

PAGE TOP