『え、上座に座って良いの!?』~大学生の常識とは全く違う ビジネスマナー~



businessmanner01

こんにちは!学生スタッフのゆうたです。
突然ですが皆さん、自分のビジネスマナーに自信ありますか?

『就活でやったし、余裕!』
『企業にアポとって交渉した経験もあるから、まぁそこそこ自信あるよ』

大学生になると、社会人の方々と出会う機会が増えて、ビジネスマナーに自信を持ちはじめる大学生も少なくないです、ですが……。

businessmanner01

これは以前、109名の大学生に行った「大学生のための、間違いやすいビジネスマナー選択問題5選」の回答結果です。(※ご協力いただいた109名の皆さま、本当にありがとうございました!)

結構、間違えている人が多いですよね。
自信があっても間違える。つまりそれだけ、『大学生と社会人の常識は全然違う!』ということです。

今回は、5問の中でも特に間違いが多かった3問をご紹介します!
アンケートに答えていない方は、回答を考えながら読み進めてみてくださいね!

小さな気遣い、大きな失礼。

businessmanner02

Q. 上司から「取引先にお詫びの連絡を入れておけ」と指示されました。
  この場合、正しい対応はどれでしょう?

  ①謝罪の気持ちを伝えるため、すぐに電話をする。
  ②相手の都合を考えて、電話ではなくメールをする。
  ③どちらでも良い。


30%の方が間違えたこの問題。正解は「①謝罪の気持ちを伝えるため、すぐに電話をする」です!「忙しいかもしれないし、いきなり電話は失礼だよね……。」そう思われた方も多いと思います。実際、なんでもかんでも電話するのは失礼です。ですが、謝罪の場合は話が違います。たとえ気遣いだとしても、①の行為は「メールで済ませようとしてるのか!?(怒)」と先方に感じさせてしまう大変失礼な行為にあたります。メールを打つ時間があったら電話をしましょう。今回の選択肢の中には無かったですが、理想的なのは、即座に謝罪の電話をし、先方が出なかった場合は謝罪のメールを送り、しばらくしてから再度電話をし、後日直接謝罪に伺うことです。

84人が間違えたビジネスマナー。

businessmanner03

Q. ビジネスマナーを違反している箇所を全て選択してください。
  ~冬の寒い時期、営業先に16:00からアポイントをとっている状況にて~

  ①15:55 営業先のビルに到着
  ②15:56 営業先を訪問し、受付の方に通してもらう
  ③16:01 商談部屋に通され、コートを脱いで先方を待つ
  ④16:02 名刺交換の後、上座に座る
  ⑤17:00 商談終了


マナー違反は、①と③です!
①は、アポイント5分前の到着が遅すぎます。15分前には到着しておくと理想的ですね! ③は、コートを脱ぐ場所がマズイです。汚れを営業先の社内に落とさないよう、コートはビルの前で脱ぎましょう。とはいえ、この2つは正答率が高かったですよ!35%の方が①を選択でき、67%の方が③を選択できていました。ですが……。
なんと!77%の方が「④16:02 名刺交換の後、上座に座る」を選択してしまいました。これ、実は正しいビジネスマナーなんです。 「営業させて頂いているわけだから、上座に座るなんて言語道断!」という気持ちはよく分かります。ですが営業先からすると、営業に来た方は「お客様」という扱いになるんです!お客様を下座にご案内するのは失礼に値します。そのため営業先では、訪問した側が上座、訪問された側が下座に座ります。

※新社会人必見! 訪問&来客応対のマナー<前編>【ビジネスマナー辞典】第10回

言ってはいけない感謝の言葉。

businessmanner06

Q. 上司と部下の会話の中で、部下の言葉遣いが間違っている箇所を選択してください。
   上司「前に頼んだ企画書だけど、もう完成した?」
  ①部下「はい!こちらでよろしかったでしょうか?」
   上司「ありがとう。う~ん……もう一度、やりなおしかな」
  ②部下「え……、なぜでしょうか?」
   上司「企画を考える上で大切なのは、相手が抱えている問題の解決を目的と
   することだよ。それを念頭に、もう一度考え直してほしい」
  ③部下「なるほど!分かりました!」
   上司「頑張ってね」
  ④部下「とても参考になりました!ありがとうございます!」


正解は①、③、④です!
①「はい!こちらでよろしかったでしょうか?」は、過去の表現になってしまいます。正しい表現は「こちらでよろしいでしょうか?」です。また③「なるほど!」と言う表現に違和感を覚える社会人の方も結構多いので、避けるのがベターです。これら二つは共に60%以上の方が正解していました。
意外と間違いが多かったのが④「とても参考になりました!ありがとうございます!」という表現。一見すると違和感の無い感謝の言葉ですが……。実は、「参考になりました」というのは相手を評価する言葉にあたります。つまりこの場合、目下の人が目上の人を評価したことになってしまいます。これは失礼ですよね。
感謝の気持ちを伝えたいときには「参考になりました」ではなく、「勉強になりました」と伝えるのがベストです!

※「なるほどです」って言葉は敬語としてあり? なし? 社会人に聞いてみた。
※あなたは大丈夫? ビジネスメールで間違いやすい敬語の誤用4つ。

終わりに

businessmanner04

いかがでしたか? ビジネスマナーって、意外と難しいですよね(汗)。
社会人になってから覚えれば良い、と考える方もいらっしゃると思います。ですが最近は、大学生と社会人の接点がどんどん増えています。もしこちらがミスをして謝罪すべきときにメールで済ませてしまったら……、社会人の方が尋ねてきたとき誤って下座に案内してしまったら……、目上の方から何かを教わったときに「参考になりました!」と言ってしまったら……。許してくれるとは思いますが、良い印象は抱かれません。逆にビジネスマナーをしっかり抑えていれば「しっかりした学生さんだね!」と好印象間違いなし!
猛勉強する必要はないですが、機会があるときビジネスマナーを学んでおくと良いと思いますよ!

(取材/執筆:ゆうた)
MY FUTURE CAMPUS学生スタッフ。現在慶應義塾大学 商学部4年生。
高校二年生からMFCに参加しているMr.MFC(自称)。昨年の3月から学生スタッフとして勤務しはじめた。勤務当初は普通だったが、今ではすっかりイジられキャラになってしまった。

PAGE TOP