【女子高生アンバサダー取材記事】大事故を防ぐ安全技術!女子高生が新技術PCSを体感してみた! in 日野自動車(後編)


前編では、大事故を防ぎ、ドライバーと周囲の安全を守るトラックの新技術について伺ったあと、実際に試乗してPCS技術を直接体験させていただきました。後編では、お客様テクニカルセンター室長の南部さんにセンターでのお仕事についてお話を伺いました。

登場人物

南部さん
日野自動車お客様テクニカルセンターセンター長。PCSのことやテクニカルセンターのことを優しい笑顔でレクチャーしてくださいました。

ゆか
アボカド好きの高校3年生。高校生ながら学生団体にも所属する国際派。

ゆう
乗り物が大好きな高校3年生。電車で遠くに行くのが好き。

お客様をサポートする、お客様テクニカルセンターのお仕事

南部さん

試乗、お疲れさまでした(前編参照)。実際にトラックに乗ってみてどうでしたか?

ゆう

運転席に乗るために3段もある梯子を登ることや、車内外に鏡がたくさんあることにとても驚きました!

南部さん

よく気が付きましたね! エンジンが大きくなるとドライバーの座席位置が高くなるため、運転席から見えない場所ができてしまいます。けれど、ミラーを適正に取り付けることで、大型トラックでも見えない場所はほとんど無いようになっています。

ゆか

確かに……、死角になっている部分はほとんどなかったです!

南部さん

お客様テクニカルセンターでは、こうしたミラーのチェックを安全講習の際にドライバーさんに対して大事なポイントとしてお話ししています。

ゆう

あと、普通車のCMで『ぶつからない!』みたいなのはよく見ていたので、なんとなくPCSもそれと同じ仕組みなのかなと思っていましたが、距離を計算してドライバーに注意喚起したり急ブレーキをかけていることなど、日野自動車ならではの細部へのこだわりが知れてよかったです!

南部さん

車が全部やってしまうのではなく、ドライバーが自分で安全への意識をもって運転ができる、ドライバーをサポートするためのシステムですね。

ゆか

ドライバーや周囲の安全に考慮して設計されているんだというのを感じました。日常で「安全」という面を意識して車を見たことはなかったです。

南部さん

使う人・使う環境は多種多様で、ご要望もそれに従って大きく変わってくるので、できるだけ多くのお客様のご要望をカバーできるように新商品の開発に取り組んでいるんですよ。

お客様の声を聞ける、数少ない仕事

ゆう

お仕事をされている中で、この仕事でよかったと一番思ったことはなんですか。

南部さん

自社の製品にたくさん触れられるのはこの部署に来てからだったので、それはよかったなと思います。あとは、お客様の声や感謝の言葉を直に聞けるというのも、この部署ならではのすばらしさですね。

ゆか

お客様のニーズを聞けて、それを還元できるんですね。すごく素敵だなぁと思います。

南部さん

お客様がどのように日野自動車を見ているのか、車自体をどう見ているのかや、また普段、仕事の中でどういうことにお困りになっているのか等、直に触れられるというのは、自身にとって大きな収穫でした。よいポジションに居るんだなと思います。

ゆう

「こういう機能が必要だ」といったようなことは、お客様から直接聞く以外に方法があるのでしょうか? どんな方法で改善点を探っていらっしゃるのですか?

南部さん

お客様からの声はもちろんですが、メーカーが主体となって『こういう技術が必要だろう』というものを、世の中に届けることもあります。

ゆか

たとえばですが……、事故が起こってしまった時に、機能のチェックをしたりもするのでしょうか?

南部さん

車両の不具合や事故の情報により、ノウハウが蓄積されて製品に活かされていきます。事故が起きると事故の現場に行って、事故が起きた原因を調査しますし、故障した際には、故障の理由・不具合というのもお客様からお聞きしたり、独自で調査したりしています。

ゆう

ドライバーの安全を守る最新技術には、日々の情報収集が大切なんですね!

進路に悩めるJKへ!

ゆか

女子高生に向けてメッセージをお願いします!

南部さん

我々の業界は、普段の生活でなかなか目にとめてもらえないことが多いのですが、この仕事は物や人の移動を支えるものであるため、無ければ人々の生活が成り立たなくなってしまいます。

ゆう

あ、確かに通学にはバスを使いますし、日々使うコンビニへの配送は、トラックです!

南部さん

そうですよね。派手さはないかもしれませんが、日野自動車の社員は人々の生活基盤を支え、同時に製品を通して世の中に安全を提供していきたいと考えています。皆さんの進路を考える上で、こういう世界があることを知っていただければうれしいです。

ゆか

本日は、とても勉強になりました!

ゆう

南部さん、ありがとうございました!

permalink.
PAGE TOP