【女子高生アンバサダー取材記事】グローバルに働く女性社員に話を聞いてみた! in 三菱ふそう(前編)


去年大好評だった女子高校生Kurumaアンバサダー!今年も新たなメンバーで、理系の魅力や女性エンジニアの働き方を楽しく伝えていきます!
今回は、2017年女子高生Kurumaアンバサダー初めての取材活動!日本の商用車専業メーカーとして、グローバルに事業を展開している「三菱ふそうトラック・バス株式会社」さんにお邪魔させていただきました。初めての取材で、ワクワクドキドキでしたが、グローバルな環境で活躍する女性エンジニアの方に、お仕事に関すること、進路選択のことなど、たくさんアドバイスをいただいたので、進路に悩んでいる学生、理系のお仕事ついて知りたい学生のみなさんぜひ読んでみてださいね!

登場人物

加藤さん
三菱ふそうで働く、女性エンジニア。趣味はラーメン屋めぐり。

なお
音楽の大好きな理系女子。現在高校2年生。吹奏楽部に所属している。

みづき
英語が得意な高校2年生。趣味は食べ歩き。

三菱ふそうってどんな会社?

加藤さん

三菱ふそうへようこそ!今日はよろしくね!

なおみづき

よろしくお願いいたします! 今日は初めての取材でとっても緊張しています……。

加藤さん

そんな緊張しないで〜(笑)。気軽になんでも聞いてくださいね。

なお

ありがとうございます! 初取材頑張ります! 早速なのですが、「三菱ふそうトラック・バス株式会社」さんとはどんな会社なのでしょうか?

加藤さん

三菱ふそうはダイムラーグループというグループの一員で、小型トラックの開発やハイブリッド技術やEV技術の開発を担っている会社です。

なお

ダイムラーグループ?

加藤さん

確かに聞いたことない名前かも知れないですね!みなさん「メルセデス・ベンツ」は聞いたことありますか?

みづき

あります!あの有名な「ベンツ」ですよね?

加藤さん

そうそう!メルセデス・ベンツもダイムラーグループなんですよ。

なお

なるほど~!ベンツというと外国の自動車というイメージなのですが、三菱ふそうもダイムラーグループだとするとお仕事は英語で進めるんですか?

加藤さん

よくお気づきですね、実は私の上司はトルコ人です。

みづき

ト、トルコ人!! グローバルな環境なんですね。

加藤さん

社内の基本的な公用語は英語なんですよ。

なお

英語か~……私、ちょっと苦手意識あります……。

加藤さん

私も苦手でしたが、外国人の同僚や上司と仕事やプライベート上でのコミュニケーションを通してできるようになりました。国籍によって文化も違いますし、学生のうちに海外の文化に触れておくと、いざ海外の人と仕事をするときにも役立つと思いますよ。

エンジニアの仕事って?

みづき

加藤さんのお仕事について知りたいです!

加藤さん

入社した当時はエンジニアとして配属されましたが、現在は開発本部のエンジニアを支える側の仕事をしています。

なお

まずはエンジニア時代のお話を聞いてみたいのですが、よいでしょうか?

加藤さん

もちろん!エンジニア時代はハイブリット車の開発支援に携わっていました。ドイツやアメリカにも拠点があって、まさにグローバルな環境で働いていました。

みづき

バラエティー豊かで楽しそう! その他には、どのような仕事をされていたのでしょうか?

加藤さん

そのほかにはエンジン実験部で、試験標準というものに基づいて試験の実施と結果の報告をしていました。自分でエンジンを分解、組み立てたりもしたんですよ。

なお

実験部というだけあって、THE・理系の仕事って感じですね!

加藤さん

そうですね。自動車ってどんどん新しいものが開発されていくと思われがちですけど「改善」という取り組みも大切になってくるんですよ。

なお

改善?

加藤さん

すでに販売されている自動車でも改善できるポイントはたくさんあって、そういった改善のアイデアを創出するワークショップもやりましたね!

みづき

エンジニアといっても、色んな仕事をされているんですね。少し意外でした!

permalink.
PAGE TOP