IoTが切り拓く、未来について聞いてみた! in ネクス・ソリューションズ


株式会社ネクス・ソリューションズは自動車に付ける端末で安全運転に貢献するなど、すでにIoTを活用したサービスを展開しています。IoTやM2Mによって未来の私たちの生活はどう変わっていくのか、そして人間はそれらの技術とどう関わればよいのか。そんな本質に迫った質問にもわかりやすく答えていただきました。

登場人物

木船さん
中央大学商学部卒業。2010年入社。事業本部関東事業部ソリューション部勤務。趣味は海外ドラマの鑑賞で、特にアメリカの犯罪捜査シリーズのテレビドラマが好き。たまにサバイバルゲームにも参加したりするが、衣装などは友人から借りているタイプ。

いしい
MFC学生スタッフ。教養学部3年。趣味は、旅行に行くことで、いつかは南米あたりに旅行したいと思っている。3月からベトナムで半年間インターンシップに行く予定。サバゲーに最適そうな森のキャンパスに通っている。

グローバル展開している金融機関のシステムを開発・保守する仕事

いしい

MFC学生スタッフのいしいです。まずはシステムエンジニアとして木船さんがどんなお仕事をしているのか教えてください。

木船さん

世界各地に支店を開設している金融機関のシステム開発・保守が今の私の仕事です。上海、シンガポール、ムンバイなどアジアの各拠点で使用されているシステムで、実際に入力操作している各国の現地スタッフからの問い合わせに対応しています。システムトラブルへの対応はもちろん、金融業務における深いレベルでの対応も必要になる仕事です。

いしい

金融業務における深いレベルでの対応とは……?

木船さん

会計基準は国によって異なりますが、共通の最終目的は決算を出すこと。その決算の数字はシステムにデータとして入っています。もし各拠点のスタッフとその金融機関を利用しているお客様とのやり取りの中でトラブルが発生した場合、決算の数字を正しく導くために「システム的にどのように処理すればいいですか?」という質問が来ます。そのような踏み込んだレベルでの対応を行っています。

いしい

システムの知識だけでなく、金融知識もすごく必要ですよね?

木船さん

私は中央大の商学部出身ですから、会計や簿記は結構しっかりと学んでおり、実際に仕事に役立っています。例えば債券業務などは金融機関のスタッフでもわかりにくい部分がありますが、そこをSEの私が教えることもあります。顧客サポートも私の仕事ですから「頼られている」という実感はやりがいに繋がります。

いしい

アジアの各拠点の現地スタッフとは英語でやり取りされているんですか?

木船さん

はい。基本的には英語でのメール対応ですが、コミュニケーションに悩むこともあります。それは時間に対する考え方の違いです。「返信をはやめにください」と伝えると日本人ならその日のうちに一次回答は来ますが、海外では3日たっても音沙汰なしということも(笑)。日本国内での仕事ですが、グローバルなやり取りをある意味楽しんでいます。

IoTとM2Mが生み出す、便利で安全で快適な未来図

いしい

御社は車両管理/テレマティクスサービスにも力を入れておられますが、そこにIoTが利用されているのですか?

木船さん

そうです。当社が開発したOBDⅡ端末を車両に取り付けます。すると位置情報はもちろん速度や累積距離を把握することができ、急加速や急発進などの回数もチェックできて危険な運転を防止することに役立てています。実際に導入したお客様からは「うちのドライバーたちの運転マナーが向上しました」という声が寄せられています。

いしい

なるほど。OBDⅡ端末はモノのインターネット=IoTのわかりやすい活用例ですね。ではM2Mって何でしょうか? 私、正直IoTとM2Mの違いがわかりません(-_-)

木船さん

実は……私もよくわかっていません(笑)。これはあくまで私個人の定義ですが、IoTは世の中のモノをネットワークやクラウドに繋げて、そこからデータを拾って新しいサービスをつくっていけるもの。一方でM2Mは文字通りMachineとMachineをくっ付けることで機器同士がお互いに制御し合うことで、必ずしもネットワークやクラウドを介するものではないと考えています。

いしい

うーん。違いのわかりにくいIoTとM2Mですが、目的という点では一致するのでしょうか?

木船さん

交通という領域なら、歩行者にも運転者にも快適で安全な交通を提供するという目的は同じです。IoTとM2Mを活用した未来の交差点を思い浮かべると、IoTによって自動車は自動運転化されていますが、確実に無事故にするなら歩行者側の制御も必要です。そこでM2Mによって歩行者のスマホと連携し、自動車には「近づいてくる人がいますよ」と教え、歩行者にはアラームなどで「車が近づいていますよ」と知らせることも、いつかできるでしょうね。

いしい

実現したら交通事故は大きく減らせますね。しかしかなり詳細なデータ測定が必要ですよね?

木船さん

それに向けてすでに動いているプロジェクトがあるんですよ。当社にはたくさんのグループ企業があり、グループ全体で鈴鹿8時間耐久ロードレースのスポンサーをしています。猛スピードで走っているバイクにGPS通信を使った測定機器を設置しているのですが、なんと小数点以下の秒数まで測定します。その精度をより高めるために頑張っているところです。

いしい

すごい。きっと交通だけでなくいろんな分野でIoTとM2Mの可能性は広がっていきますね。

木船さん

当社は農業ICTサービスも行っていますが、例えば急な温度変化があると農場経営者にスマホで教えたり、遠隔操作でビニールハウスの気温管理を行ったりすることはすでに実践しています。農業も交通のようにもっと便利にシステムを整えていける部分はたくさんあると思います。

permalink.
PAGE TOP