【Part.03 MRのリアル】MRの魅力について色々聞いてみた! in 中外製薬


みなさん、こんにちは! MFC学生スタッフのみきてぃです。いよいよMR取材シリーズも第3弾!これまでMRについて知り、理解してきました。今回は、中外製薬さんで現役MRとして活躍されている方にお話を伺い、よりリアルなMRの毎日に迫っていきますよ。

登場人物

佐々木さん
北星学園大学経済学部を卒業後、2011年に中外製薬にMRとして入社。入社以来、川越地域を担当するMRとしてご活躍中。

みきてぃ
シンガポールチキンライスがマイブーム。現在は卒業旅行に奔走中。 春からはIT企業に就職予定。

MRのある日のスケジュール

みきてぃ

佐々木さん、初めまして。今日はよろしくお願いします! 佐々木さんは現役MRということで、毎日のリアルなお話たくさん聞かせてください!

佐々木さん

こちらこそよろしくお願いしますね!

みきてぃ

では早速なんですが、佐々木さんの1日のスケジュールを教えてください。

佐々木さん

その質問、絶対くるなと思っていました(笑)。なので、こんな表を作っておいたんです。

佐々木さんのある1日のスケジュール

時刻 項目 内容
6:30 起床
7:45〜9:00 取引店回り 医薬品卸各社へ訪問し、計画数字の進捗や医療機関への情報提供の打ち合わせや、今後の予定調整など。日頃より積極的なコミュニケーションを図る。
9:15〜10:30 営業所にて内勤業務 メール確認、医療機関への情報提供の準備(資材準備など)
営業所出発 営業所から車で1時間程の地区を担当。
11:30〜12:00 開業医① 訪問 整形外科CL、新製品の紹介
12:00〜12:30 開業医② 訪問 内科CL、患者さんの経過確認
12:30〜13:30 基幹病院① 訪問 新製品紹介、薬剤部にてDI活動など
14:00〜14:30 開業医③ 訪問 整形外科CL、新製品の紹介、説明会日程調整など
14:30〜15:00 昼食
15:00〜16:00 開業医④ 訪問
(透析施設)
透析施設、製品効果確認、処方確認、文献提示や情報提供。スタッフ・看護師・技師とも面談。
16:30〜17:00 基幹病院② 訪問 医局前にて待機。待つことも多いですよ。
17:30〜18:00 開業医④ 訪問 内科CL、新製品紹介、症例経過副作用情報、フォロー
18:30〜19:00 開業医⑤ 訪問 整形外科病院 処方御礼、新製品紹介
〜19:30 帰社
19:30〜20:00 内勤 日報入力、実績確認、翌日の準備など
20:30~23:00 夕食などプライベート時間
23:00 就寝

※CL:クリニック
※DI活動:Drug Information活動。医薬品情報を収集管理して必要な相手に提供すること。

みきてぃ

おおお! ありがとうございます。

佐々木さん

もちろんMR個人個人が自由にスケジュールを考えられるので、これはあくまでも一例なんですが。開業医さんだけを回る日もあれば、営業活動が終わったらそのまま直帰することもあるので日によってもスケジュールはバラバラです。

みきてぃ

MRは自由にスケジュールを組めるというのが特徴の一つでしたね。事前にアポを取っておいてこうしたスケジュールを組んでいるのですか?

佐々木さん

いえ、事前にアポを取るのではなく、医薬品卸会社にせよ、病院の先生にせよ、MRが訪問できる時間が予め決められていることの方が多いんです。ですから、MRは、その設定された時間内に訪問できるようなスケジュールを立てています。

みきてぃ

そうなんですね。訪問したらすぐにお医者さんと面会できるんでしょうか?

佐々木さん

すぐに面会できることもありますが、タイミングによっては、患者さんの診察が終わるのを待ってから、先生に面会を打診することもあります。基幹病院の医局の前には、MRが待ってられるスペースが決められていたりもするんですよ。

お仕事の中心!医師との面会のリアルに迫る!

みきてぃ

スケジュール表をみると、一件の営業が30分程度、と話したいことを全て話すには短いような気もします。お医者さんと話す際に、伝えたいことを端的に伝えるために気をつけていることなどありますか?

佐々木さん

そうですね。おっしゃるように、伝えたいことを端的に伝える力がMRには求められています。与えられた時間が3分、5分、10分の場合を想定して、情報を適切に伝達する訓練を行うんです。だからMRになると、言いたいことを要約する力はつくと思います。

みきてぃ

そのような研修があるんですね!

佐々木さん

そして、実際に医師の前に立ったとき、医師の忙しさなどから、どのくらい時間を取ってもらえそうか察知して、適切な長さで情報を提供することが大切ですね。例えば、オペの後で疲れている先生に長々と話をするのは適切ではない、といった具合に。

みきてぃ

ふむふむ。医師に医薬品情報を提供する際にはどのような資料を準備されるんですか?

佐々木さん

基本的には、会社の製品紹介パンフレット、添付文書(医薬品の説明書)、過去に効果があったことが記載された論文を持っていきますね。

みきてぃ

なるほど。少し話は変わりますが、営業のお仕事でよく聞くのが、「お客様との信頼関係を築くことが大切」ということ。MRさんは、お医者さんとどのように距離を縮めていらっしゃるんでしょう。

佐々木さん

もちろんMRの仕事においても医師との信頼関係は非常に重要です。まず、信頼関係がないのにいきなり製品の話ばかりしても、聞いてもらえないかもしれません。

みきてぃ

友人関係に置き換えてみても仲が良くないとお願い事を聞き入れづらかったりしますもんね。

佐々木さん

そうですよね。ですから、薬の話だけではなく、趣味の話であったり、自分の地元である北海道の話をしたりして、まずは人として距離を縮めるようにしています。もちろんそれだけではなく、先生の言葉の節々から、先生がどのような情報を必要としているか読み取り、それにあった情報を提供するようにしています。

みきてぃ

なるほど! 相手のことを理解しようとすることがMRには欠かせないですね。

車移動中にもこんな工夫が!

みきてぃ

ところで、佐々木さんは営業先を車で回ってらっしゃるんですよね。車移動中にも何かお仕事の質を向上させるための工夫などあったりするのでしょうか。

佐々木さん

車移動中は、基本的に次の営業先で話すことを頭の中で整理したり、好きな音楽をかけることで、気持ちをリフレッシュしていますよ。

みきてぃ

次への切り替えをする時間なんですね。

佐々木さん

それから、車の中には、常に付箋紙を置いておくようにしています。営業後、車に戻って、その営業で話して良かったことや、話せば良かったと反省したことを付箋紙に書いてためておくんです。そうして1日の全営業で溜まった付箋紙の内容を、日報に書き、情報として蓄積するようにしています。

みきてぃ

感じたことは新鮮なうちにメモしておくんですね!

佐々木さん

「5分でできることはその場でやる」これがポリシーなんです。

学生へのメッセージ

みきてぃ

では、最後に、学生に向けて一言メッセージをいただけますでしょうか!

佐々木さん

学生のみなさん、就職活動大変だと思います。しかし。これを機会として、一度自分が働いてどうなりたいかなどを考える時間をたっぷりとってみてください。色んな人の話を聞き、自分の思いを人に伝える。その繰り返しの中できっと自分のやりたいことが見つかってくるはずです。頑張って下さい!

みきてぃ

佐々木さん、MRのリアルをたくさん教えていただき、ありがとうございました!

取材後記

みきてぃ

MR取材も3回目。日々の仕事について詳しいお話を聞けたので、より毎日のMRの仕事風景が想像できました。お仕事の中で、様々な工夫をされていた佐々木さん。今年から社会人になる身として、私も佐々木さんのように仕事の中に自分流の工夫を取り入れられるようになっていきたいなと思いました。佐々木さん、ありがとうございました!

permalink.
PAGE TOP