学生団体「OVAL JAPAN」とは? 日中韓の学生がビジコンを開催している話題の学生団体に潜入!


みなさんこんにちは! MFC学生スタッフのいしいです。2月になり、春休みに入った大学生や進路が決まり始めた高校3年生も増えてきたと思います。みなさん、来年度から大学生活を一変してみたい、なにか他の大学生と活動してみたい! と思っていませんか? 今回は、日本、中国、韓国の3カ国が協力してビジネスコンテストを運営しているインカレ学生団体の「OVAL JAPAN」の活動現場にお邪魔させていただきました。
来年度の新大学1年生や新しく活路を考え中の学生のみなさん、ぜひ読んでみてください!

学生団体「OVAL JAPAN」とは?

まず、「OVAL JAPAN」とはどのような活動をしているのでしょうか。
「OVAL」の正式名称は「学生のための国際ビジネスコンテストOVAL」であり、東アジア発のグローバルリーダーを輩出することをビジョンとして掲げている学生団体です。
日本、中国、韓国の学生が交流しながら、夏に開催するビジネスコンテストの運営、企画を主におこなっています。
本日は、「OVAL JAPAN」の2大イベントの1つである、夏に開催するビジネスコンテストに向けて、中国と韓国の学生が訪日し、1週間ほど学生が泊まり込みでミーティングをする「Staff Exchange Program (SEP)」の様子を伺いました。
このSEPでは、夏のビジネスコンテストにむけたミーティングやミニビジコンの開催、3カ国混合で東京観光をしています。なんだか、国籍豊かでたのしそうですね!

Staff Exchange Program (SEP)の様子

Staff Exchange Program (SEP)の様子。各局にわかれて3カ国の学生がディスカッションをしているところにお邪魔しました。

阿久澤さん

案内をしてくれた慶應義塾大学1年生の阿久澤さん。

昨年の夏に開催されたビジネスコンテストの様子

7つの局で構成されている「OVAL」

「OVAL JAPAN」は、総務局を中心に7つの局で構成している組織体制。
総務局は、実行委員長と副実行委員長で構成され、全体の統括をする局であり、この局のスタッフは選挙や話し合いで選ばれます。

新入生は、初めは他の6つの局のスタッフとして活動します。
今回は、各局の話し合いにお邪魔しました。みなさん、英語で熱烈に議論されていて、熱気が漂っていました!
ケース局は、主にビジネスコンテストで使うケースブックの作成や、ビジネスコンテストの審査方法について話し合っていました。

渉外局は、協賛企業を募るため、営業に行くことが多く、社会人とのやりとりでビジネスマナーが身につくそうです。

他にも、参加者やスタッフのケアをおこなう学生対応局や、

「OVAL」のパーカーのデザインを手がけたデザイン局

全体のスケジューリングをおこなうプログラム局

「OVAL JAPAN」の活動を発信するPR局があります。

スタッフのみなさんは、それぞれの局で責任をもって活動されています。
総務局やいろいろな局で構成されているなんて、なんだか大規模な会社で働いているみたいですね!

permalink.
PAGE TOP