教育の未来創造について聞いてみた in 岩崎学園


こんにちは! 学生ライターのかなえです。みなさん、教育業界のことどれくらい知っていますか?今回は神奈川県横浜市に拠点を置き、ファッション・医療・保育・ITなど、様々な分野のスペシャリストを育成している学校法人岩崎学園さんに教育事業の未来とその魅力についてお話を聞きました。地域に根付いた信頼をもとに、多彩な人材を輩出する岩崎学園さんの掲げる教育の未来とは!?

登場人物

taga
2013年入社。就職指導部所属、横浜fカレッジ担当。趣味はスポーツ観戦で学生時代やっていた野球やラグビーなどを観戦に行くのが好き。青山学院大学文学部卒業。

watanabe
2015年入社。情報科学専門学校・横浜医療情報専門学校 教務部広報学生募集課所属。趣味はアニメや漫画を見ること・雑貨や洋服。大学生の頃は旅行に行きたいという理由で鉄道研究部に入っていた。横浜市立大学 国際総合科学部 国際総合科学科 ヨコハマ起業戦略コース卒業。

kanae
文学部美術史コース4年。昨年フランスに長期留学をしていた。大学2年生からMFCに参加していて、今年就活本番を迎える。

入口から出口まで学生との距離がとても近い

kanae

本日はよろしくお願いします! さっそくですがお二人の現在の仕事内容について教えて下さい。

taga

私の部署は就職指導部なのですが、大学のキャリアセンターと同じようなものをイメージしてもらうと分かりやすいかと。具体的には企業に対しての求人開拓やインターンシップ関連の業務を行っています。メインは学生の就職支援として、面談やマナー講座・面接対策講座・学校での企業説明会の企画運営や企業に送る学園の案内の作成など、多岐に渡ります。

kanae

面談をするということで、一般的な大学より学生との距離が近いのかなと思ったのですが、実際にそうですか?

taga

そうですね。大学と比べて岩崎学園の学校は、教員と学生の距離も近いです。私が就職支援をしている学生は300名以上いますが、学生の名前はもちろん、どんな思考なのかも大体把握しており、学生目線で一人一人きめ細かくフォローするよう心がけております。

kanae

すごいですね! やりがいはどんな時に感じますか?

taga

学生が内定をとった時はもちろん、教員と学生の距離が近い分、卒業してから近況報告に来てくれることも多いので、やっていて良かったなと感じます。

kanae

それでは渡邉さんの現在の仕事内容について教えて下さい。

watanabe

私は広報学生募集課で、おもな仕事は高校生に向けたオープンキャンパスや説明会の対応です。その際に個人面談なども行うため、高校生との距離も近いです。

kanae

高校生と接する時に心がけていることはありますか?

watanabe

日頃から高校生の流行りにアンテナを張って、高校生の目線に立てるようにすることで信頼関係を築けるよう心がけています。

kanae

やりがいはどういったところにありますか?

watanabe

高校生と入学前から距離が近い分、入学後もお話することも多いですね。それは、広報活動として作成するパンフレットの取材にも快く応じてくれたりすることにも繋がっています。

kanae

入学から卒業までずっと学生と距離が近いのですね!

教育を通じた地域貢献

kanae

岩崎学園さんは横浜を拠点に置かれていて歴史もあるので、地域の方からの信頼が厚そうですが、具体的にどのような形で地域貢献をしているのでしょうか?

taga

たとえば横浜に出店を考えている企業があるとすると、横浜という地で長年岩崎学園が培ったブランドや信頼、教育内容をもとに学校の方に求人が来ます。そこで学生と企業がマッチングし、人材を社会に輩出することで地域貢献につながっているのかなと思います。また学園自体が多岐に渡る分野で学校を展開しているので、学校を横断した求人をいただくことも多く、企業のニーズにも幅広く対応しています。

watanabe

私はパンフレットを作成する際、卒業生の勤務先に赴くことがあるのですが、そこで卒業生が活躍をしている姿を見たり職場の人からも信頼されている姿を見たりすると、地域貢献に繋がっているなと感じます。

permalink.
PAGE TOP