デジタルコンサルタントについて色々聞いてみた in アクセンチュア


アクセンチュアと言えば世界55カ国以上に拠点を持つ、世界最大級の総合コンサルティングファーム。今の時代のビジネスに欠かせない先端テクノロジーに強いコンサルティング会社としても知られています。その中で「デジタルコンサルタント職」として多くのクライアントから頼られている二人の女性社員にその仕事内容を聞きました。

登場人物

ozawa
デジタルコンサルティング本部
アクセンチュア インタラクティブ
シニア・マネジャー
広告代理店を経てアクセンチュアへ転職。将来は島で仕事をしたいとのことですが、(文中にもありますが)アクセンチュアでは夢ではない話。テンションが高い! 例えの話も面白くて、終始笑いっぱなしでした。

komachi
デジタルコンサルティング本部
アクセンチュア インタラクティブ
マネジャー
新卒でアクセンチュアに入社。いつか、かつて住んでいたアメリカに戻り仕事をしたいと、野望を持っている。優しいお姉さんという印象なのに、芯の強さがお話の中でもヒシヒシと伝わってきてそのギャップがカッコイイ!

ishii
MY FUTURE CAMPUS学生スタッフ。趣味は、旅行と映画鑑賞。大学は森の中にあり自然豊かで心地よいが、シティガールに憧れている。春からベトナムにインターンしにいく予定。

SIではなくビジネスの解決策を示すのがデジタルコンサルタント職

ishii

MFC学生スタッフのいしいです。アクセンチュアと言えばグローバルなコンサルティング会社というイメージですが、その中でお二人の「デジタルコンサルタント職」とはいったいどんな仕事ですか?

ozawa

当社のデジタルコンサルタント職には3つの職域があります。統計分析や人工知能を使ってビッグデータから次のアクションにつながるインサイトを引き出し、それを元にお客様の業務を効率化したり、新しいサービスを生み出したりするアクセンチュア アナリティクス。主に一般消費者とお客様とのコミュニケーションの在り方を見直し新しい関わり方を提案するアクセンチュア インタラクティブ。モバイルやIoTなどの先端技術を利用することで、企業のモビリティ(機動性)を高め、新しいビジネスをつくるアクセンチュア モビリティです。

ishii

やはりどれも先進のテクノロジーに関する知識が必要となる難しそうなお仕事ですね……。

komachi

いしいさんが難しそうと感じているのは、おそらくデジタルツールをバリバリに使いこなしたり、複雑なプログラミングも当たり前に組んだりするような仕事ぶりを想像しているからだと思いますが、必ずしも全員がすべてのスキルを持っているわけではありません。深い業界知識のある人、プログラミングが得意な人など、社内には各領域に専門家がいますので、それぞれの得意分野を持ち寄って、お客様にとってベストなものを提案すべくチームで仕事をします。

ishii

お客様にとってのベストとは具体的にどんなことですか?

ozawa

例を挙げると「売上をさらに伸ばすこと」や「もっと多くの人にお客さまのし商品やサービスを知ってもらうこと、そして購入してもらうこと」。単に新しい基幹システムを導入すればいいという提案ではありません。よくコンサルティングってちょっと上から目線の人達がスキームを説明しているイメージがありませんか?(笑)。当社はそういう類のコンサルタントでもなく、「消費者に愛されて売上を上げるためにはどうすればいいか?」という最終的なゴールを見据え、お客様企業と同じ目線で共に考えて実行します。

ishii

つまりお客様のビジネスが成長するための解決策を一緒に練る人たちと考えればいいのでしょうか?

komachi

そうですね。すでにテクノロジーの面では十分な環境を整えているお客様がいる時代です。しかし「道具は揃えてたんだけど使い方がよくわからない」「広告出してみたけど実際にビジネス効果があるかわからない」「革新的なサービスを提供したいのに、何をどこから始めればいいのかわからない」そんなお客様と具体的な解決策を考え、実際の変革の道のりも一緒に歩んで推進するのが私たちの仕事です。

デジタルは手段の一つ。新しいモノをクリエイティブに生み出すことが大切

ishii

お二人の話を聞くと「デジタルコンサルタント職」の「デジタル」は単にテクノロジー重視という意味ではないですね。

ozawa

そうです。デジタルはあくまで手段の一つ。マーケティングの中心にいるのは「人」ですから。例えば人が何かを購入するプロセスにおいて、何をきっかけにどのようなモチベーションで商品やサービスに興味を持ち購買に至るかなどをデータから解析したり、どんなウェブサイトや広告なら反響が大きいかをデジタルテクノロジーで検証したりします。多くの人に響く要素を発見したのなら、それをコンテンツ化したりアプリを作成したりして商品・企業への入り口を作ります。アクセンチュアはクリエイティブな領域もカバーするので、コンサルティングファームの領域を超えているかもしれません。

ishii

アプリのデザインもしているのですか? そのようなデザインができる社員も社内におられるのですか?

ozawa

当社には多種多様なスキルを持つ人材がいて、それぞれに得意分野や専門性を持っています。絵を描く能力に長けた社員もいますし、プログラムが書ける社員もいます。デジタルサービスに携わる社員には意外と女性が多いのも特徴ですね。

komachi

きっといしいさんの頭の中では「得意分野や専門性ってどうやって身に付ければいいの……」と思っているでしょう。得意分野は仕事を重ねるうちに見つけることもできます。当社は研修のメニューも実に豊富ですし、また実際プロジェクトに入って仕事をしながら学べるのも特徴ですね。

permalink.
PAGE TOP