ニッチな場所で世界一を目指す社会的価値の高い仕事について聞いてみた in レーザーテック


レーザーテック株式会社は半導体の検査装置メーカー。世界シェア100%を占める製品を持ち、高い技術力を駆使してニッチな事業領域でNo.1になる独自の戦略で存在感を示している企業です。今回お話を伺ったのは技術職として活躍している3名の社員。皆さん大学院まで進んだ理系出身者です。理系学生の場合、自身の研究テーマと就職先の仕事のミスマッチに不安を持つ人がいますが、その点についてもストレートに聞いてみました。

登場人物

satou
2014年入社。理工学系研究科物質基礎科学専攻。生まれてから就職するまでを長野で過ごす。山に囲まれて育ったので山を愛しており、大学では登山サークルに所属。研究室で分光測定装置を作成した経験を通してものづくりの面白さに魅了され、ものづくりを自分自身の仕事にすることを決意。

isoda
2015年入社。理工学研究科有機・高分子物質専攻。学部時代は新規液晶の研究、大学院時代はペプチドの研究とどちらも光の測定と関連の深い研究だった。市場で評価され知的好奇心を満たせる仕事をしたくてレーザーテックに入社。

aoki
2016年入社。物理科学研究科天文科学専攻。生まれてから現在までずっと横浜在住。大学院では銀河の形態進化の観測的研究をしていた。天文学への道も同社への就職も直感を優先して決めた。

aono
MY FUTURE CAMPUS学生スタッフ
サッカーサークルの他に学生団体に2つ入っていて、趣味はフットサルやサッカー、ボルダリングなどアクティビティ全般が好き。将来は日本ではなく、海外の勤務を希望している。成熟した市場ではなく、成長途上の国々で市場とともに、勤務企業の成長を成し遂げたいこと、マーケティングなどを通して国家ごとの文化の違いに触れたいと考えている。

理系院生としての研究テーマと仕事内容の相関は?

aono

MFC学生スタッフの青野です。レーザーテックは半導体の検査装置やレーザー顕微鏡などの開発・製造を行っておられますが、皆さんは大学でも関連した研究をされていたのですか?

satou

私たち3名に限らず、弊社社員の学生時代の専攻分野は多種多様・バラバラで、むしろドンピシャな研究をしてきた人なんてほとんどいないかもしれません。理系出身であれば、好奇心とヤル気と本人の努力で十分に力をつけて活躍することができます。私は大学院で光物性、具体的にはテラヘルツ領域のメタマテリアルの研究に取り組みました。自然界では光が水に屈折するときの方向は決まっているのですが、メタマテリアルは光を含む電磁波に対して自然界の物質ではありえない動きをする人工物質です。この研究には屈折率などを測定する素材や装置が必要で、研究を行うための装置開発も行っていました。そういう意味では私の場合、少しだけ大学院の研究と今の仕事に関連があるかもしれませんね。

aoki

私は大学院で天文学を専攻していました。約70億年前の宇宙にある銀河の形や星形成活発度を調べて統計的に議論し、現在の宇宙と過去の宇宙ではどう様子が異なるのか、銀河の形態がなぜ・どのように進化したのかを研究していました。よく「なぜ天文に進んだの?」と聞かれますが、高校生のときに天文部のポスターを見て、「よし、ここに入部しよう!」と直感的に思ったのがきっかけです。就職活動を行う上では、メーカーでものづくりに携わりたいという思いがありました。ただし天文の研究で身につけた知識や技術を、民間企業でダイレクトに活かすことは難しいと考えていました。そのため私が最も重視したのは、会社の雰囲気や社風でした。弊社の説明会や見学で「この人たちと一緒に働きたい!」と思い“直感”で決めました。

isoda

私は大学院で有機・高分子物質を専攻していました。学部時代はメモリ効果を持つ新規液晶の研究、そして大学院ではペプチド(小さいタンパク質のようなもの)の自己組織化単分子膜の研究です。どちらの研究も光を使った測定装置を用いて、有機分子がなぜそのような挙動を示すのかのメカニズムを解明する研究でした。研究を進めるためのツールとして光の知識を得ることができ、就活で「光」をキーワードに企業を探してみたところ弊社を知りました。弊社を選んだ決め手は、大き過ぎない規模感です。自分自身が携わったビジネスが会社、そして世の中にどのように貢献しているか、ダイレクトに感じられると思ったからです。

_87a9216

まずは専攻と業務の関連についてお話を伺いました。

会社選びの指標は社会への貢献度。貢献度を割り出す数式とは?

aono

「会社の規模感」という点では大手メーカーの方がダイナミックな仕事ができるのかなと思うのですが……。さらに言えばレーザーテックは半導体の検査装置メーカーというニッチな分野です。就活においてどのような心の変遷を経て入社されたのかなあと。

isoda

うーん、心の変遷ですか(笑)。まず私が先述した「会社の規模感」について説明します。大きなメーカーの場合はたとえそれがビッグプロジェクトであっても、若手社員は開発の一部分にしか携われない可能性があります。弊社は少数精鋭の会社です。入社2年目の私でも既に一つの装置の一部開発から部材の発注、現地立ち上げまで携わっています。早い段階から開発の一連のプロセスに関わりたいと思っていたので、大き過ぎない企業を選びました。実際に私自身に任される仕事の範囲が大きく、この裁量の大きさは素直に嬉しいです。

_87a9124

2年目にしてプロジェクトの全体の流れを見ることができるポジションで活躍中の磯田さん。

satou

私の場合、ある指標を持って就活をしていました。それは「経常利益÷社員数」です。企業の経常利益というのは、社会が認めたその会社の価値を示す指標の一つと考えました。それを社員数で割ると、一人の社員が世の中にとってどれだけ付加価値のある仕事をしているか、つまり一人の社員がどれだけ社会に貢献できているのか、ある程度伺い知ることができると学生なりに考えたんです。その指標に照らし合わせると、弊社はとても付加価値の高い仕事をしており、すなわち社会へ貢献できる仕事ができると思いました。

_87a9357

「経常利益÷社員数」という視点、目からウロコです!

aono

「社会への貢献度」=「経常利益÷社員数」。なるほど、そういう考え方で就活を進める方法もあるんですね。勉強になりました。ちなみに直感派の青木さんは入社前後でイメージの不一致などはありませんでしたか?

aoki

ギャップはありませんでした。就職活動中、弊社の人間から聞いた言葉に「開発魂」というものがありました。学生時代にエンジニアと関わることがほとんどなかったので、この「開発魂」のイメージが最初は湧きませんでした。しかし入社して「プロ魂」のことであるとわかりました。弊社の技術者は全員がプロフェッショナルで、それは社内の信頼関係にも繋がっています。「あの人に聞けば大丈夫」、そんな同僚や先輩への安心感と信頼が根底にある職場です。

_87a9354

とにかく明るい青木さん、自分の思いを信じて研究も就活も選択! 直感型なのです。

permalink.
PAGE TOP