国家公務員として地方のために働くことについて聞いてみた! in 内閣官房内閣人事局


こんにちは! 学生ライターのりょうです。今日は国家公務員として働く先輩たちに、なぜ中央省庁での仕事を選んだのか? いったいどんな仕事をしているのか? そして国家公務員として働くことにはどんな魅力があるのかを聞きました。「地方のために役に立ちたいから、あえて中央に」一見矛盾してそうなこの働き方の答えを、先輩たちが明瞭に語ってくれました。

登場人物

藤井さん
三重県出身。平成25年、国土交通省入省。中国地方整備局・太田川河川事務所に配属。広島豪雨土砂災害対策現地推進室を経て平成27年からは観光庁観光戦略課勤務。

畑中さん
岩手県出身。平成21年、総務省入省。鹿児島県、仙台市と、公務員生活のほぼ半分を地方で勤務し、平成28年から地方公共団体金融機構企画課兼資金課勤務。

宮井さん
徳島県出身。平成20年、経済産業省入省。経済連携協定、インフラ輸出、医療国際化政策、消費者保護施策、クールジャパン政策などを担当し、現在は資源エネルギー庁電力需給・流通政策室勤務。

りょう
名古屋出身。上京したタイミングに東日本大震災がおきたことが、人々を支える企業への興味となり、インフラ系企業へ内定が決まりました。

_87a9216

まずは専攻と業務の関連についてお話を伺いました。

地方出身の私たちが、国家公務員として働くことを決めた理由

りょう

中央省庁で働く国家公務員の皆さんには、聞きたいことが山ほどあるのですが、今回はキーワードを“地方”に絞って質問したいと思います。「地方活性化」は学生の就活にとっても大きな鍵を握るのですが、じつは皆さんも地方のご出身だと聞きました。

畑中さん

私は東北・岩手の出身で、就職活動をしていた頃はちょうどリーマンショックの前。いわゆるヒルズ族と呼ばれる人たちがあちこちで華やかに取り上げられていて、東京一極集中の光景と地方との落差を感じていた一人です。私自身はそんな派手な世界とは正反対で、夜行バスの旅が好きで、あちこち日本の田舎を旅しているときに、故郷の岩手と似たさみしい光景が広がっていると感じ、地域活性化に貢献できる仕事がしたいと思って国家公務員になりました。いろいろな省を見たのですが、その中で「ああ、こんな人になりたいなあ」と思った先輩が多くいたのが総務省でした。

宮井さん

私は徳島県で生まれ育ちました。もともと行政の仕事に高い関心がありましたが、学生時代は企業へインターンにも行きました。それは今のうちに民間企業を見ておこう、なぜなら国家公務員として働くためにも民間を知っておいたほうがいいだろうと思ったからです。国家公務員になった理由ですが、当初から地方活性化に貢献したい気持ちが強かったです。その頃はまだ「地方創生」という言葉はなく「地域振興」という言い方でしたが、経済産業省ではその地域振興を商業面から支援しており、そうした政策に携われるといいな、と思いました。結果として、最初の配属は通商交渉を担当する所でしたが、それもとても面白かったです。

藤井さん

私は三重県の出身で大学は京都。大学院では都市環境工学を専攻し、河川や水、水辺の生き物などを研究していました。これらの土木系の知識を活かせるのはやはり国土交通省になるのですが、国交省は現場の仕事がとても多いんですね。それは私のような技術系の人間にはとても魅力的なのですが、一方で女性職員の数は決して多い省ではありません。しかしそんな不安を払拭させる特徴が国交省にはあります。みんなの団結力がとても強く、とにかくみんな元気でアクティブでした。その元気さを見て入省を決めたのですが、きっとここにいる3人もみんなアクティブだと思います。特に畑中さんの総務省だと、常にまったく知らない自治体へ飛び込む毎日ですからね。

_DSC0055

旅行をする中で、故郷の岩手と似たさみしい光景を他の地域にも感じ、
地域活性化に貢献できる仕事をしたいと考えた畑中さん。

地方創生のために、今、自分たちがしている仕事

りょう

皆さんは現在の業務も“地方”と直結する内容だそうですが、具体的にどのようなお仕事をされていますか?

畑中さん

先ほど藤井さんがお話しされたように、私たちは地方勤務の機会が多くあります。縁もゆかりもない土地に赴くことも珍しくなく、コミュニケーション能力が鍛えられるのは確かかもしれませんね(笑)。私の場合、いまは地方公共団体金融機構で地方公共団体の資金調達を支える業務に携わっていますが、これまで2度、地方への赴任経験があります。最初は入省後4ヶ月で鹿児島県へ行き、県債の借り入れや、予算査定を担当しました。そして、ほんの2ヶ月前までは、仙台市に管理職として赴任していて、いろいろな官民連携プロジェクトを任されました。国家戦略特区と呼ばれる国の規制緩和策を活用して、産業の集積や仕事づくりにも取り組みましたし、その一環として、国内最大のドローンレースの開催にも関わりました。

りょう

政府や自治体主催のイベントと聞くと、やはり経済産業省の得意なジャンルかなと思うのですが、クールジャパン関連ではよくイベントを開催してますよね。

宮井さん

現在は資源エネルギー庁で電力需給安定に関わっていますが、クールジャパン関連に1年半ほど携わりました。クールジャパンと聞くとポップカルチャーを連想する人も多いでしょうが、日本の伝統技術を海外の人に知ってもらう政策でもあります。その伝統技術が息づいているのがまさに日本の地方。一例として富山県に高岡銅器という伝統的工芸品があります。日本では金属製のお皿は割りと珍しいのですが、欧米では比較的日常的に使われます。そこでミラノ万博の日本館で実際に高岡銅器の技術を活かした食器を紹介するなどして、良さを知ってもらうためにいろいろと動きました。地方創生には住む人が増えることも大事で、雇用を生むことが大きな課題です。そういう点で伝統技術あるいはバイオベンチャーなど、地方の企業・働く場所を育てていくことも大事な仕事の一つです。

りょう

地方創生という点では、観光立国を推し進める観光庁もまさにその主体となる省庁だと思いますが。

藤井さん

そうですね。大きな産業がなく観光そのものが命綱になっている地方もあります。私は去年の6月に観光戦略課へ異動し、統計や分析などを行っていますが、これまで外国人観光客は人気の関西圏や東京を訪れていましたが、ここ数年はその波が地方へと広がっているのがデータからも判明しています。ただし観光の場合、その主体となる宿泊業や飲食業は生産性が決して高い業界とは言えません。そのためどのような施策を行えばこれらの業界が効率的に採算をとって、さらに高い質のサービスを提供していけるのかを考えなければならず、そのお手伝いもしています。地方においては人口減少の傾向が見られるところもありますが、その中で観光客が訪れてくれることは地方にとってとても大きな価値になります。

_DSC0032

地方の企業を支援し、働く場所を育てていくことも国家公務員の大事な仕事の一つと語っていただいた宮井さん。

permalink.
PAGE TOP