【大学生学年不問ビジコン】キャリア・インカレについて改めてご説明


こんにちは、MFCの羽田です。今年、MFCでは「キャリア・インカレ」という大規模なビジネスコンテストを初開催します。
ただ、少々仕組みが複雑、というか他ではあまりないスタイルのビジコンなので、「何か気にはなってるけどよく分からん」という方も多いかもしれません。

ということで、改めてご説明させていただきます。想いについては後半で書きますが、キャリア・インカレに参加する学生さんは全員、公平な立場で全力で応援します!
「まだこれからでも間に合う?」という方も、是非ご覧ください!全然、まだまだこれからなので!

キャリア・インカレの進め方

⑴専用講座を受講しよう
キャリア・インカレは日本を代表する企業に挑戦するビジネスコンテスト。といっても、いきなりそんな事厳しい、という方も多いはず。そこでMFCでは汎用的なビジネススキルが身につく講座をご用意しています。
目的や用途に応じて3種類ありますので、お住いの地域とご都合の良い日程を選んで是非参加ください。
講座の種類はこちらにまとめてあります。
映像を使った研修教材もオンラインでも無料で受講ができます。

*講座の受講は任意です。もちろん、受講しなくても挑戦できます。

⑵プレエントリーしよう
キャリアインカレにプレエントリーすると、、日経新聞電子版が書類提出締め切りまで無料で読み放題となります。日経新聞を読んで、企業のことを研究しましょう!

⑶チームを組もう
キャリア・インカレは最大四人でチームで挑みます。周りの友達を誘ってもいいですし、MFCで見つけてもいいです。大学をまたがっても構いません。就活を終えた17卒の人は参加資格がありませんが、それ以外は学年不問です。

⑷挑戦する企業を選択しよう
キャリア・インカレはまずはエントリーする企業を選びます。企業がテーマを出しているので、好きなテーマを選ぶのです。興味のある企業やテーマを選んでもいいし、競争相手が少なそうな企業を選ぶのもよし。まずは企業の中での優勝を決めることになりますのでどの企業に応募するかは重要です。

⑸企画書を提出しよう
まずは、10月31日締め切りの企画書提出をお願いします。ここで書類審査があります。ここでは100%作り込んだ企画書じゃなくても構いません。もちろん、企画内容が伝わるように書く必要はありますが、「ものは試し」くらいなノリで出してみましょう。

⑹プレゼン動画を撮ろう
書類審査を通過したら、次はプレゼン審査です。企画の内容をプレゼンスライドに落とし込み、プレゼンの練習をしてください。プレゼンの時間は最大13分です。スマホなどで結構なので、何度も撮影して、ベストな内容を11月21日までに事務局まで送信ください。なお、このプレゼン審査を通過するのは各企業ごとに8チームです。

⑺準決勝進出!
プレゼン審査を通過したら、次は12月18日(日)に開催される準決勝大会です。これは、エントリーした企業の前で実際にプレゼンを行う緊張の審査です。企業ごとのベスト8がプレゼンを行い、企業ごとに「企業代表チーム」が選抜されます。なお、プレゼン会場は東京です。関東圏以外の方には交通費補助、必要に応じて宿泊ホテルもご用意しますのでご安心を!

⑻決勝大会!
各企業に選ばれた「企業代表チーム」が六本木ニコファーレで激突します。当日の模様はニコニコ動画の公式番組として全国生中継されます。泣いても笑ってもこれが最後!勝者には、最大級の名誉と栄光が贈呈されます。

そもそも、何でビジコン?

ビジコンというと、起業したりする人が参加するイメージがあるかもしれません。ただキャリアインカレは、すべての大学生に参加してほしい、という思いで企画しています。

就活の時になって「話せるエピソードが何もないんです」という学生さんをたくさん見てきました。そして自信をなくし、自分を見失ってしまうのです。セミナーにいくら出ても、得るものはあるかもしれませんが、あなたはただの参加者。人に語れるドラマは得られません。

もう、そういうのはやめましょう。そう、キャリア・インカレの一番の狙いは「学生が主役の機会を創る」という事です。

多くの学生に、根本的に足りないこと

勿論、学業やアルバイト経験、サークル活動、学生団体など、たくさんの機会があります。それはそれで素晴らしい経験な筈です。では僕らが学生さんに提供出来る機会とは何か?それは、「優劣のつく経験」です。

最近、勝ち負けのつく経験をしましたか?意外と少ないんじゃないですか?勝ったら嬉しいですよね?負けたら悔しいですよね?「楽しかった」で終わらない経験ができる機会を作って、今よりもっと充実した学生生活にしてほしい、キャリア・インカレにはそんな思いが込められています。

だから、キャリア・インカレでは、学生さんが最高に輝く舞台をご用意しています。まず、総合優勝チームには100万円が贈呈されます。また、決勝大会はニコニコ動画の公式番組の枠を買い取っていて、六本木にあるニコファーレで開催し、全国生中継します。
更に、大会の様子はメディアパートナーとして協賛いただく日本経済新聞社の誌面に掲載されます。日本中のビジネスマンが見ている日経新聞に、皆さんの活躍が載るのです。

閉じられた世界で、関係者だけで盛り上がるのではなく、皆さんの活躍を世間に知らしめるのがキャリア・インカレです。この規模のビジコンは、おそらく他にはないんじゃないかな、と。関係者一同、必死で取り組んでいます。

でも、そんなに難しく考える必要はありません。企業インターンのように、決められた日時に拘束されるわけでもありません。自分たちのペースで頑張っていただければ大丈夫ですし、事務局でも様々なサポートをご用意しています。まずは気軽に挑戦してみることを、強くお勧めします。

挑戦するとこんないいことが!

キャリア・インカレに対する我々の思いは上述した通りですが、参加された学生さんにはこんないいことがあります。

⑴企業やビジネスのことがよく分かる
実際のところ、会社説明会にたくさん行く就活生でも企業のことはよくわかっていない事が多いのが実態です。表面上だけ、情報だけ企業のことをなぞっても、理解はできないのです。ではどうすればいいか?自分で考えるのです。自分でビジネスモデルを考えることで、企業やビジネスの仕組みが腑に落ちるようになります。

⑵自分の適性がわかる
キャリア・インカレはチームで挑戦します。チームで「勝利」のために活動することで、自分の適性がわかります。マネジメントなのか、アイデアマンなのか、プレゼンテーターなのか、マーケター(調査)なのか、などなど。。。意外と向いていた、という発見もあるでしょうし、意外と向いていなかった、というのも一つの発見です。

⑶総じて、自分の肥やしになる
上記⑴⑵を通じて、大きな成長を遂げることができます。過去、MFCのビジコンに参加した学生は、みなさん大きな成長を遂げていました。また他の学生では得られない経験をしたことで、語れるエピソードが増えました。あくまで結果論ですが、みなさん満足のいく就職活動を送って、第一志望の企業でファーストキャリアを歩んでいます。

チャンスは、今しかありません。先延ばしにしていては、あなたはいつまで経っても「自信のない自分」のままです。私をはじめ、事務局もサポートしますので、まずは挑戦してみてください!

permalink.
PAGE TOP