国家公務員の女性のキャリアについて聞いてみた! in 内閣官房内閣人事局


みなさん、こんにちは! 学生スタッフのことちゃんです。
今日は内閣人事局に来ています。家事育児もお仕事もこなすパワフルな女性国家公務員の方がいらっしゃるということで、その方の魅力に迫ります。
女性国家公務員の方の魅力的なお仕事だけではなく、気になるプライベートについても語っていただいたので、女子学生の皆さんぜひぜひお読みください。
あわせて、9月4日に、女性の働き方、生き方を女性社会人と一緒に考えるイベントも開催予定なので、参加するとより具体的なイメージができるはずですよ!
くわしくはコチラから

girls1day

登場人物

pic_tanaka
2004年総務省に入省。現在は、内閣官房 内閣人事局に所属。サバサバ系で明るいお姉さん。

pic_koto
MFC学生スタッフ。旅行や映画鑑賞が趣味。今は留学するか、海外インターンするか、超絶悩み中……。

国家公務員のお堅いイメージが一変! 明るい田中さん!

田中さん

ことちゃん、今日はよろしくお願いします! 適当なことでもOKですので、なんでも聞いてくださいね(笑)。

ことちゃん

よ、よろしくお願いします!!(すごい明るい人だな……)

田中さん

学生取材! カメラマンさんもいて、なんだか恥ずかしい(笑)。

ことちゃん

え〜(笑)、 自分は初取材なので緊張してましたけど、田中さんのおかげでほぐれてきました。

田中さん

私、本当に楽観的なんで、気楽にいきましょう。

ことちゃん

なんだか、田中さん、本当に明るい! 外資系企業に勤めていらっしゃるような雰囲気ですね。

田中さん

そうですか?(笑) 意外と国家公務員にもいろんな人がいますよ。

ことちゃん

そうなんですか! 正直、お堅いイメージがあったので、びっくりです。そもそも、国家公務員ってどういうお仕事をされているんですか? すごくスケールの大きいお仕事のイメージが強くて……。

田中さん

そうですね。 国家公務員はさまざまな職種があるので、政策立案、地方自治体への出向、在外公館、国際機関での勤務など本当に幅の広いお仕事です。 その中でも、私は現在、内閣人事局に所属しますが、初めは総務省というところに所属していました。 総務省って何かイメージありますか?

ことちゃん

幅広いお仕事をされているのかなというイメージが強いです。具体的には全然わからないですけど……。

田中さん

まさにそのイメージです! 私が総務省にいた頃は、福井県総合政策部に出向したり、消防庁で救急需要への対応をしたり、新型インフルエンザ対策の企画をしたり。あと、2年間米国に留学とかもしました。その後は、内閣官房に移動してマイナンバー制度に関する業務に携わりました。

ことちゃん

へぇ〜! 本当にお仕事が多種多様で面白そうですね! マイナンバー制度はすごく私たちにも身近に感じられるものだと思うのですが、具体的にどのようなお仕事をされていたのですか?

田中さん

マイナンバー制度という法律について、その法律を国民のみなさんがどう関わって頂くかを理解しやすいカタチに示したガイドラインを作成していました。具体的には大企業、個人事業主、一般人の方々など規模に応じたガイドラインを作り、法律を実際に守っていただくように仕組みづくりをしました。

ことちゃん

法律ができた後に、その法律を社会に浸透させるというすごく社会と密接なお仕事ですね! ところで、田中さんはどうして国家公務員になろうと思ったのですか?

田中さん

小さい頃からニュースなどで、他国の事件や問題を見て、自分は本当に恵まれた日本という環境で育ってきたなと感じて、その恩返しとして、この日本という豊かで平和な国が続くように、もっとよくなるように自分が貢献したいと思ったのがきっかけです。その思いから、直接的に国に関われる仕事として、国家公務員になることを選びました。

ことちゃん

直接的に社会貢献したいという気持ちから民間企業に就職ではなく、国家公務員を目指されたんですね!

田中さん

マイナンバー制度など身近に感じることができるお仕事を例に仕事の幅広さをご説明頂く。

permalink.
PAGE TOP