「やりたい仕事の見つけ方」〜社会人8人に聞いてみた〜





自分の「やりたい仕事」って分かりますか?

こんにちは!学生スタッフのゆうたです。
突然ですが、皆さんは将来どんな仕事をし、どんな風に働いていきたいですか?
明確な答えを持ってるいる方もいれば、そうでない方もいると思います。

実際、僕の周りでも「やりたい仕事」が見つかっている人ってそんなに多くはありません。
だからといって、不安や疑問を抱えたままでいるのは嫌ですよね。

「やりたい仕事」を見つけるには

やりたい仕事を見つけるためには、何をしたら良いのか?

社会人8名にインタビューしてみました。

大学生にしかできない経験をしておくこと、大人にない視点が養える。

(30代 女性 事務)

すごく好きなものを突き詰めて考えたら、現在の仕事にたどり着いた。脇目も振らずに夢中になれることを見つけるために、たくさんいろいろなものを見て回ることが大切だと思う。

(20代 男性 空港関係専門職)

仕事を選ぶという感覚がその当時はなかったので、現在の仕事を選びました。今言えるのは、やはり選択肢をたくさん作ることが大切だと思います。

(50代 女性 看護師)

「やりたくないこと」と「向いていること」を見つけるために、色んなことをやったほうがいいと思います。そうすれば、自然とやりたいことも絞られてくるので。

(30代 男性 システムエンジニア)

とにかくいろんな大人にあって、社会を知ること

(30代 女性 営業)

父親の仕事を見ていて、今の仕事をしたいと思った。とにかく、手を動かしてみること、動いてみると「やりたい仕事」「向いてる仕事」がわかると思う。

(20代 男性 エンジニア)

アルバイトや部活、何でもやってみること、その経験の中に「社会を変えたい」と思えることがあった。それが仕事につながった

(20代 女性 企画)

色々なものを経験しなきゃ。今の時代、ネットに情報はありふれているけれど、リアルに体感したほうが良い。

(40代 男性 編集)

社会人の声を聞いてみると、自分を知ることも大切ですが「社会を知ること」のほうに重きが置かれているようです。

社会を知る、第一歩をあなたに

「やりたい仕事」って何だろう・・・

不安や疑問を抱えたままでいるのではなく、「社会を知る」ために一歩前へ進んでみましょう!


WIW6

当日は、メーカーやIT、商社、国家公務員など、業界・職種を問わず10名以上の社会人ゲストが来場してくれます!
先ほどの社会人の皆さんのように、当日来場してくださる社会人ゲストの皆さんの価値観も多種多様なはず。

「働くってなんだろう・・・」「この仕事って具体的に何するの?」など、仕事に対する悩み・不安・気になること全部解消しましょう!

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です!
「自分を知り、未来を描く場所。」MY FUTURE CAMPUS で自分の「やりたい仕事」を見つける第一歩を踏み出しませんか?

permalink.
PAGE TOP