【学生取材シリーズ】プログラミングは難しそう、そう感じていませんか? エンジニアってどんな人がどんな仕事をしているのでしょうか?アクセンチュア流エンジニアの仕事からその魅力に迫る!


こんにちは!学生スタッフのかみかみです。今回は外資系コンサルティング会社アクセンチュアのソリューション・エンジニア職の方にお話を聞いてきました。
みなさんは、「エンジニア」と聞くと何を想像しますか?
私はパソコンがずらーっと並んでいる部屋で黙々と作業している、だったり、自動車組み立て工場で自動車についてあれこれいじっている、というのを想像していました。
今回のインタビューでそのイメージが果たしてどうなるか!?

ではさっそくいってみましょう!!

登場人物

眞壁さん顔丸複数の案件を同時にこなしつつ、人事や社員のトレーニング統括も行うマネジング・ディレクター。N響(NHK交響楽団)の年間パスポートを買うほどのクラッシック音楽好きであり、休日は子供のピアノ発表会を見に行くなど仕事も家庭も両立する良きお父さんの一面も持っている。

大槻さん顔丸入社8年目で大学在学時は文系学部で会計学を学んでいた。現在は証券系のお客さまのシステムを取り扱うチームを統括している。休日はフットサルに参加するほどのアクティブ派。

かみかみ顔丸心理学に興味がある。カラオケで全国ランキングに名前を載せることが野望だが、一緒に歌ってくれる人がいないので、絶賛ヒトカラ中。

アクセンチュアのエンジニアってどんな仕事をしているの?

眞壁さん顔丸こんにちは!アクセンチュアの眞壁です。今はマネジング・ディレクター(一番上の職位レベル)としていろんな業務に関わりつつ、また社内研修の責任者もしています。今日はなんでも聞いてくださいね。

大槻さん顔丸初めまして、大槻です。アクセンチュアに入社して8年目になります。大学時代は実は文系で、会計学を専攻していました。今は証券系のお客さまのシステム案件に関わっています。よろしくお願いします!

かみかみ顔丸今日はよろしくお願い致します!早速なのですが、アクセンチュアの中でお二人のようなソリューション・エンジニアの方はどのような仕事をされているのでしょうか。

大槻さん顔丸私は現在、とある証券系のお客さまと一緒に仕事をしています。なので、朝は直接お客さま先に出向き、終業後はそのまま帰宅するという一日を過ごしていますね。アクセンチュアでは私のように、プロジェクト毎にお客さま先に常駐することが多いので、出勤時間がプロジェクトによって異なることもあります。

眞壁さん顔丸アクセンチュアでは「プロジェクト」という単位で仕事をしています。案件がくると、プロジェクトが立ち上がり、その案件に対して適切なスキルを持つ人々が配属され、チームでゴール達成に挑んでいくんです。100人を超えるプロジェクトもあれば、もちろん外国人のメンバーがいるプロジェクトもあります。

大槻さん顔丸「プロジェクト」と聞くと想像が難しいかもしれませんが、建築現場を考えてみると分かりやすいと思います。建築現場って、最初の1週間は枠組み担当が作業をし、次の1週間で壁をつくり、塗装をして……と色々なとメンバーが集まっていますよね。そのようにチームメンバーそれぞれが得意な分野を生かして補完しあいながら、目標達成に向けて一緒に働く単位を「プロジェクト」と呼んでいます。

かみかみ顔丸まるで、小さな会社みたいですね。

眞壁さん顔丸その通り!1つのプロジェクトは短いもので数週間から数ヶ月、長いものだと5年以上にわたるものもあります。あと、アクセンチュアのエンジニアの仕事って他の会社とは違って「最初から最後まで」お客さまと付き合うんです。つまり、ビジネスのパートナーになります。一般的にエンジニアってそういうイメージはあまり無いですよね?

かみかみ顔丸確かにあまり無いですね。

大槻さん顔丸アクセンチュアのコンサルタントの仕事というのは、お客さまのビジネスを良くするために世の中の様々な情報をまとめ、お客さまが今後目指すべき姿を提案し、そこへの道のりを描き、たどり着くための支援をするのが仕事です。それに対してアクセンチュアのエンジニア職の仕事というのは、そのお客さまの目指すべき目標の実現のために「システム」という手段を使って全面的にサポートしていく仕事です。

かみかみ顔丸全面的にというと与えられた指示に基づいてひたすらプログラムを組んでいくだけではない、ということですか?

大槻さん顔丸はい、そうなんです。そこがアクセンチュアが他の会社とは違うポイントなんです。エンジニアであっても案件に対して上流から下流まで自ら考えて動くことができるのです。会社に用意されている研修をしっかり行うことでコンサルタントでもエンジニアでも「自ら考えて動く」ことができるようになります。そして、お客さまのハイ・パフォーマンスの実現のために、検討段階からエンジニアも一緒に参画します。

眞壁さん顔丸そうですよね。アクセンチュアのシステム関連のプロジェクトでは比較的初期からエンジニアが携わり、お客さまと要件を検討し、その目標を達成するまで一緒に取り組んでいますね。お客さまの担当者に「こういうプランがあります」と提案させていただく事もあるし、それを計画立案から実行まで総合的にサポートできるのが醍醐味です。

かみかみ顔丸エンジニアもコンサルタントと一緒に仕事をするんですね!一般的に想像するエンジニアの仕事の枠を超えて仕事をされているとは驚きました! アクセンチュアのエンジニアの仕事は色々と成長できそうですね。

「エンジニア=コンサルタント」?!

アクセンチュア女性写真
かみかみ顔丸アクセンチュアには常に時代の先を行く技術力が求められているという認識なのですが、ソリューション・エンジニア職の方々はやはり理系出身の方が多いのでしょうか?

大槻さん顔丸いえ、そんなことは全然ないですよ。実際に私は文系出身ですけど、こうしてエンジニアとして仕事をしています。

かみかみ顔丸文系でもエンジニアとして仕事ができるんですか??

大槻さん顔丸アクセンチュアは社員の育成をとても大切にしており、様々な研修にも力を入れています。当然、プログラミングの研修も複数あり、オンラインやクラスルームなど自分の状況に合わせて受講することが出来るんです。入社直後は初めてプログラミングを学ぶ社員も多いので、知識や経験がゼロの状態からでも学べるような研修も用意されています。プログラミングって聞くと難しそうなイメージだけど、元はといえば「言語」だから言語的説明能力のある人なら文系でも習得出来ると思いますよ。

眞壁さん顔丸あと、入社直後の研修では実際にチームを組んで模擬プロジェクトを体験するといったものもあるので、お互いに支えあって取り組めます。なので同期はとても仲良くなりますよ。

permalink.
PAGE TOP