東急リバブル若手社員に仕事のやりがいについて聞いてみた!〜不動産売買仲介営業編〜


登場人物

川上平成25年入社。最初の配属は麻布センター。個人のお客様の不動産売買仲介の営業を担当している。 昨年10月より五反田センターで勤務。最近ゴルフにハマっているそう。

掘MFC学生スタッフ。無事卒業が決まり、4月からIT企業に入社。

不動産売買仲介営業ってどんな仕事?

掘

本日はよろしくお願いします! まず、川上さんの現在のお仕事である不動産売買仲介営業について教えて下さい。

川上

はい、不動産売買仲介営業とは、簡単にいえば不動産を売りたいお客様と買いたいお客様の間に立って取引の仲介をサポートする仕事です。

掘

学生の僕としてはまだ家を買うって想像できないのですが、不動産賃貸仲介との違いとかってありますか?

川上

家を買うか売るか、借りるか貸すかの違いなので、契約までの流れはそこまで大きい違いはありません。どちらも真摯にお客様に対応させて頂いています。ただ、やはり、取り扱い金額がとても大きい点が不動産売買仲介の特徴です。住宅ローンや税制等に関連したサービスを扱うところも賃貸仲介とは少し異なりますね。

掘

そうなんですね。それでは、川上さんの1日のスケジュールについて教えて下さい。

川上さんのとある1日(修正済み)

川上

一週間をベースにスケジュールをお話しすると、土日祝日は基本的にお客様の応対をしています。センターにご来店されたお客様のご相談を伺ったり、お客様を実際に物件へご案内しています。

掘

お客様のご対応は土日がメインですもんね! 平日はどんなお仕事をされているんですか?

川上

平日は、お客様からいただいたご相談内容をもとに、販売戦略を考えたり・新聞やインターネットなど各種広告媒体を使い、いかに物件を魅力的に見せるかという宣伝活動を行っています。また、週末のご案内に向けた物件の下見や銀行や司法書士との打ち合わせをしています。

掘

幅広くお仕事をされているんですね! 川上さんが感じる不動産売買仲介営業のやりがいってどんなところにありますか?

川上

担当エリアの特徴もあるのですが、扱う金額がとても大きいことです。扱う金額が大きいので責任も重くなりますが、それだけやりがいもあります。東急リバブルは若いうちから金額の大きい案件も任せてもらえるチャレンジングな環境があって、これまで1億円を超えるような案件も担当させてもらいました。また、ご契約いただいたお客様から「川上さんに他の不動産もお任せしたい」と言われたときは、営業としてやりがいを感じ、とても嬉しかったですね。

リバブル川上2

掘

ちなみに最近ではどんな方が住宅を買われているんですか?

川上

ご結婚されてお子様が生まれて、今より広い家に住みたいご家族の方もいらっしゃいますし、都心ですと、オフィスとして使用することを目的に購入を検討される方も多いです。また最近では、海外からのインバウンドもあり、外国籍の方がご相談に来られるということもありますね。

掘

え? 外国籍の方でも不動産って購入できるんですか!? へぇーそれは初耳でした。

一緒に働く人ってどんな人?

掘

休日はどんな風に過ごしているんですか?

川上

最近は、ゴルフをやっています。先輩に連れて行ってもらったのをきっかけに自分でも始めました。 他にも社内でイベントがたくさんあるので、参加しています。バーベキュー大会があったり、ソフトボール大会があったりして横だけじゃなく縦のつながりも強いです。

掘

会社全体で仲が良いんですね。でも、不動産業界って個人でお仕事されている印象ですが、周りの方を意識したりしますか?

川上

もちろん、同期間でもセンター内でも良い意味で意識はしていますよ。その中でお互いを高め合っています。ただ、基本的にお客様を接客する際は一人で担当するんですが、わからないことや困った時はちゃんと上司や先輩もアドバイスをしてくれます。チームで協力する体制を大切にしている会社です。

不動産業界の魅力とは?

掘

これまで、お仕事のお話など聞いてきましたが、改めて不動産売買仲介営業の魅力って何ですか?

川上

先ほどもお話しましたが、扱う金額が大きいのでダイナミックで責任感がある仕事ができることですね。また、不動産は一生に一度か二度しかない大きなお買い物ですので、それに携われるということに魅力を感じます。

掘

不動産業界って競合も多いですよね。実際に働く中で、不動産業界はどのような業界だと感じますか?

川上

確かに、他社との競争は激しい業界でもあります。インターネット技術の発達もあって、新しい企業も進出してきていますね。我々もそれに負けないように他社に先駆けて新しいことにチャレンジしていこうとしています。大変ですけど、その分やりがいも大きいです。
ただ、実際にお客様とお話する中で、最終的に大事になってくるのは、専門的な知識に裏づけされた提案内容や誠実な対応といった営業担当者個人の力量です。私ももっとお客様へのご提案やサービスの質をあげていきたいと思います。

掘

川上さん、本日はありがとうございました! 続いて、不動産賃貸仲介のお仕事をしている社員の方にインタビューしたいと思います!インタビューアーは岩崎さんにチェンジ!

permalink.
PAGE TOP