最終回!女子大生がメキシコの地にて得たもの


¡Hola!
みなさんこんにちは。
メキシコでインターンをしてきた女子大生、佐々木啓恵です。
先日2月18日にインターンを任期満了し、2月29日に無事日本に帰国しました!
帰国してからは、家族や友人と楽しい時間を過ごしつつ、就活のために日々奔走中でございます(T_T)

さて、今回でこのブログも最終回です。
メキシコでの10ヶ月を振り返って、どんな力が身についたかについて書いて、このブログを締めくくろうと思います。

[身についたもの ① ] 何があっても生きていける!生命力と精神力。

この10ヶ月、日本で生活していたらまず経験出来なかったであろう数々の困難を乗り越え、その度に精神力が鍛えられました。

実は最後の最後、メキシコから日本に帰る際に、飛行機に乗れないという今までで一番大きなハプニングがありました。空港と航空会社のスタッフの対応が非常に悪く、そんな中、同じように搭乗出来なかった他の日本人3名を巻き込み、力を合わせ、翌日の便で帰国した経験は、私の10ヶ月の集大成のようにも思えました。もう絶対経験したくないですけどね!

ちなみに辛い局面で、「ヘコむわ〜、とか言ってるそばから速攻元気〜!」と心の中で唱えると、本当に速攻元気になれるのでオススメです。(芸人あべこうじさんのネタのフレーズです。)

[身についたもの ② ] 現地で鍛えた語学力。

メキシコ記事写真その2
最初のころは思うようにスペイン語力が伸びず、涙を流すことが多かった私ですが、最終的にはスペイン語でいろいろなことができるようになりました。

まず、レストランでの注文やお買い物、ホテルの予約の電話など、日常的な会話ができるようになったこと。これによって言語の面で苦労することなく、スペインや中南米に遊びに行けるので、旅行好きな私にとって非常に大きな収穫となりました。

そして、通訳と翻訳のインターンを通してビジネスレベルのスペイン語が身についたこと。正直、まだまだ下手くそなスペイン語ですが、とりあえず最初に立てた「お金をかけず、ビジネスレベルの語学力を身につける」という目的は達成できたかなと思います。
今後も継続して日々ひたむきに単語や言い回し、専門分野の知識を身につけていきたいです。

[身についたもの ③ ]地味なことでもコツコツ頑張る力

海外長期インターンシップって、「海外でフルタイムで働きながら、人生を歩んでいくこと自体を経験できるもの」だなと思いました。要は、普通の生活なんです。

そうなると当然生きていく中でやらなければならないこと、ビジネスの中でプロ意識を持ってやらなければならないことを毎日コツコツこなす能力がなければ生活していけません。

そのため料理、洗濯、掃除といった日々の家事や、日本語の授業の事前準備、授業を面白くするための研究、通訳・翻訳に必要な語彙・文法・専門知識の予習復習を地道にコツコツ頑張っていました。

昔から夏休みの宿題を、最終日に泣きながら一気に片付けるタイプの私にとって、仕事をコツコツこなせるようになったのは結構大きな前進でした。

あとがき

メキシコ記事写真その1
私は今回のインターンシップで本当に多くの方に支えられ、お世話になり、ここまでやってこれました。日本の家族と友人、アイセックのマネージャーさん、メキシコで知り合った友人、そして同僚と上司。
この10ヶ月間無事元気に過ごすことができたのはそういった皆さんの支えのお陰様です。
この場をお借りして、皆さんに感謝致します。ありがとうございました!

そして拙い文章にもかかわらず、今までご愛読くださり有難うございました!

またどこかでお会いしましょう。
¡Hasta luego!

佐々木

permalink.
PAGE TOP