リアル1ヶ月1万生活やってみた~ひとり暮らしの実態~


こんにちは!学生スタッフのみきてぃです!

『一人暮らし』

大学生になって始めた人もいれば、今後の一人暮らしを楽しみにしている大学生も多いのではないでしょうか。
「自由が増えそう」
「家事が大変そう…」などなど
様々なイメージがあるかと思います。

今回は、リアルに1ヶ月1万円生活に挑戦した一人暮らしの大学生(私)が、
その様子と“ひとり暮らしあるある”を紹介します!

1ヶ月1万円生活!?

大学生になってから、食費・交際費・衣服代、長期休みには旅費、などなど出費が増えた人も多いのでは?
特にひとり暮らしであれば、食費はもっとかかるし、水道代や電気代にも費用がかかり、“生活費のやりくり”は永遠のテーマ。
気づいたら1ヶ月を1万円で過ごさなければならなくなった私が、
なんとか乗り切るために考えた苦肉の策が・・・

【1週間カレー計画】

名前の通り、大量のカレーを作り、あるゆる炭水化物と組み合わせて1週間の食費を浮かそう…!
というもの。

・カレーライス
・カレードリア
・カレーパスタ・・・などなど。

いつもは誰も帰りを待っていない家なのに、この1週間はカレーが私を待っている!
と、なぜかポジティブな気持ちで帰路に着き、
どうすれば飽きずにカレーを食べ続けられるのか考え続けた1週間でした。

カレーが終わると、1週間の鍋生活を即座に開始し…
気づけば1ヶ月1万円生活をなんとか乗り切ることができたのです…!

尽きることのない一人暮らしあるある

ひとり暮らしのあるあるは、もちろん“生活費のやりくり”だけではありません。

・寂しいときにはテレビと会話

家に帰ると話す相手がいないのは、時に寂しいもの。無意識のうちにテレビに話しかけたり、独り言を連発することも…。一人暮らしには、人には見せられない奇行がつきものなのかもしれません。

・雨が降ったら真っ先に浮かぶのは洗濯物のこと

出先で雨が降ったら、“今日、洗濯物外に干してきたか”が真っ先に頭に浮かびます。干してきたことを思い出すと、一瞬でブルーな気分に…。

他にも、
・インターホンが鳴るとドキッとする
・スーパーのポイント2倍デーに敏感
・ペットボトルを捨てるタイミングがわからず家の中に溜まる

などなど挙げれば尽きることがなく、話のネタにもなりますよね!

ひとり暮らしを助けてくれる心強い味方

さて、最後にひとり暮らしを応援してくれるスマートフォンアプリを2つ紹介します。

①ひとり暮らしのズボラ家事

なんと!あらゆる家事をラクにこなす方法を紹介してくれている家事バイブル!
ひとり暮らしを初めてする大学生も、このアプリがあれば心強い!!

②ちょい足しグルメ マカナイ!
簡単にできるおうちご飯が紹介されているアプリ。
忙しく家に帰るのが遅かったり、外食に飽きてしまった大学生必見のアプリです!

いかがでしたか?
ひとり暮らしは大変なこともありますが、
自己管理能力など得られることもたくさんあるし、楽しい!ということが伝わったら嬉しいです。それでは!

permalink.
PAGE TOP