バレンシアで見つけた日本との違い


¡Buenas!(Holaとともに時間帯を問わず使われるスペイン語の挨拶)
スペインのバレンシアに留学中の島本和樹です。

今回はバレンシアで見つけた、日本とバレンシアの違いについて紹介します。実際住んでみると沢山の違いがあるのですが、今回は「人」の違いにフォーカスしてみようと思います。
(ちなみにここで紹介する違いはバレンシアでのものであり、スペインの他の都市とは違うかもしれません。)

生活時間の違い

スペイン人の生活時間は日本と比べておおよそ2時間遅れています。勿論、個人差はありますが平均的には昼食は14時~15時、夕食は21時~22時で、レストランもそのくらいの時間帯にならないと開きません。

スペインといえばシエスタが有名ですよね。実は、昼食とシエスタの時間は分かれているわけではなく(僕は留学前はそう思っていました)、シエスタの時間は少し長い(と言っても1時間以上余分にありますが)お昼休みという感覚なんです。

そもそもスペインの典型的な食事の回数は5回で7:30~8:30頃の軽い朝食、11:00~12:00の2度目の朝(日本でいう10時のおやつですね)、昼食、18:00~19:00の軽食、夕食となっています。ちょっと食べすぎな印象を受けますよね。(笑)
全体の生活時間がずれているので、バレンシア大学での最終の授業も21:30までと遅く、寝るのも遅い人が多いです。日本にいる時は基本的に18:30には授業が終わっていたので最初は戸惑いました。

スペインの人は外が大好き

スペインの学生
スペインの人達は基本的に外で何かをするのが好きです。レストランやバルではほとんどの場合テラス席があり、多くの人がテラス席を好みます。冬でも暖房器具を出してまで外で食べるほど。また外で立ち話をしている人や外のベンチでのんびりしている人の数も日本よりも多い印象です。

極めつけはBotellónと呼ばれる路上や公園でお酒を飲む習慣。期末試験が終わった日の深夜を過ぎても街が学生で溢れかえっていてとても驚きました。

中心部では「家」には住まない

スペインの町並み
日本でも東京の中心部ではあまり一軒家は見られないかもしれませんが、スペインではそれほど大都会ではないバレンシア市内でさえいわゆる一軒家はほとんどありません。大半の人はPisoと呼ばれるアパートに住み、レストランなどのお店もPisoの一階部分であることが多いです。そのため街並みも日本と違っているんです。
学生が住むPisoはシェアハウスに近く、3.4人でトイレやシャワールーム、キッチンなどを共有します。家賃は150-250€ほどで僕の住む寮よりもかなり安いですが、快適さや人との交流を考えると、寮に住んでいて良かったな、と思います。
ただバレンシア市内を離れ郊外に出ると一軒家もあるようです。寮に住むスペイン人の友達の多くが実家は一軒家だと教えてくれました。

バレンシアの人たち

スペインの人々
バレンシアの人たちは外国人にも基本的に優しく、愛想が良い人が多いんです。例えばぶつかった時には大抵謝ってくれて(東京ではぶつかった時に無視や舌打ちされることもあったのに・・・)、道を聞けば丁寧に教えてくれます。

唯一欠点をあげるとすれば待つこと、待たせることはあまり気にしていないため慣れが必要です。ここは日本との大きな違いですね。スーパーの店員も長い列ができているのに急ぐ素振りも見せず、お客さんとおしゃべりしてるなんてことも…。
どこに行っても良い人ばかりではありませんが、全体としては暖かい気候のお陰なのか他の国からの留学生友達もバレンシアの人たちは他の地域よりも温かいという印象を持っているようです。

まとめ

今回はバレンシアの人々について、日本とバレンシアの違いについて書きましたが、いかがでしたか?
次回は、大学の授業・課題・試験などとともにこちらの大学生についても書こうと思います!
では、また Hasta luego~

permalink.
PAGE TOP