おしゃべりな人ほど落ちる!?面接官が求めるコミュニケーション能力って何!?


「3回目の面接落ち。ES、ウェブテスト、グループディスカッションは通るのになぜインターンにいけないんだろう。」

そう感じたことがある人はけっこういるのではないでしょうか?
僕もその一人です!泣

ということで、こんにちは!MFC新入りの「たにし」です!
漢字では田螺と書きます。全国に20人のレアキャラ(本当です)。
自分でもメディアを立ち上げ運用するほど、メディア好きな男(自称)。
自分で言うのもあれですが、非常にアグレッシブです。

そんな私は兎にも角にも「おしゃべり」
おしゃべりだと就活に強い!と思われがちですが、実はそうではありません。
そこには大きな"罠"が存在します。

その罠について、私は大手外資コンサルを経て起業し、バリバリ働く社会人の方に口すっぱく言われました。
では私のようなおしゃべりな人が陥りやすい罠とは、一体何なのでしょうか?

罠①おしゃべりほど落ちるのは、「話す力」を勘違いしているから!?

コミュニケーション能力は、「話す力」「聞く力」「読む力」の3要素から成り立っています。
学生の多くは、この中の「話す力」を勘違いしているように感じます。
ベラベラ長く話したり、面白いことをいうのではなく、「なるべく簡潔にわかりやすく伝える力」こそ、企業が求めるコミュケーション能力だと思います。

悪い例と良い例で比較してみましょう。

面接官「学生時代にがんばったことを教えてください」
×「サークルの幹事長です。私のサークルはスポーツをしたり、旅行したり、コンパしたり何でもやります。すごくいいサークルで、非常にみな仲がよいです。規模は全学年で合わせて100人くらいの規模でした。前の幹事長のときに、みなが来なくなるという事態が起こりました。私が幹事長になってからはそのような事態を二度と引き起こさないために…」

○「私はサークルの代表として、みなの意見を最大限汲むように努力しました。なぜかと言いますと、前幹事長が自分自身の意見のみを押し通すため、サークルのメンバーが一時期来なくなってしまうという事件が発生し、その二の舞にならないようにするためです。そのために、具体的に2つの施策をとりました。一つ目は…」

本当に×のようなおしゃべり君が数多くいます。
おしゃべり君は、サークルの概要、規模など関係ないこと多く話してしまい、長い前置きの後にようやく具体的な話がでてきます。話がまとまっていませんね。
一方○の人は無駄をそぎ落とし、まず結論から述べ、「自分の立場、課題、具体的な行動、(省略しましたが結果)」の流れでわかりやすく伝えています。

罠②おしゃべりほど落ちるのは、「聞く力」「読む力」が足りないから!?

コミュニケーション能力で重要なのは「話す力」よりも、むしろこの2つだと感じます。
聞く力とは、相手の話に興味を持ち、深く頷いたり、反応を示したりし、相手に気持ちよく話させる力です。「傾聴力」とも言いますね。
読む力とは、相手の話や質問の意図を的確に読み取る力のことです。

ここでは、「読む力」について悪い例と良い例で比較してみましょう。

面接官「あなたは周りからどのような人だと言われていますか?」
×「元気で明るく友達が多いと言われています!」
○「どんな集団の中でも主体的に行動できる人物だと言われております。」

面接官の質問の意図は、あなたが集団の中でどのような役割を担っているかを確認することです。
元気などの性格のことを尋ねているわけではありません!

おしゃべりな人は「聞く力」「読む力」が不足している傾向が強いです。
そのため一方的に話したり、面接官の質問に対しトンチンカンに答えてしまうのです。

おしゃべりな人は自己主張が強い

なぜおしゃべりな人は話すことに注力し、その他がおろそかになってしまうのでしょうか。
それはそもそも(私を含め)自己主張が強いからです。

とりあえず自分のことを話したいという自分ベースで考えてしまう。
あるいは自分のすべてを話したいと思ってしまうのです。
逆に自分のことを知ってもらいたいと考える人は、きちんと相手の求めていることを意識するので、自然と聞く力や読む力がつきます。

面接は壁うちではなく言葉のキャッチボール、いわば会話です。
会話を意識した瞬間、コミュニケーションのとり方は大きく変わりますよ!

まとめ

大切なことは以下3点です。
①コミュニケーション能力は「話す力」「聞く力」「読む力」から構成されている。
②相手の問いに対し、最も簡潔かつ正確に答える力が、面接でのコミュニケーション能力
③自己主張ではなく、言葉のキャッチボールが大切。

この3点を知るだけで面接通過率はグッと上がるはずです!実際に僕がそうでした!笑
おしゃべりなのはとてもいいことですが、相手の知りたいことに的確に答えた上でおしゃべりになりましょう!
面接官の求めるコミュニケーション能力を身につけ、インターンも本選考も合格しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

あなたにおすすめのコンテンツ

FromJapan開催レポート【タイル】山内くん

 

 

permalink.
PAGE TOP