天才中学生プログラマー、山内奏人君



天才中学生プログラマー、山内奏人。
国際プログラミングコンテストの優勝や14歳にしてベンチャー企業に参画するスーパー中学生である。
両脇を支えるのは山内君をサポートする日本マイクロソフト社の有名なエバンジェリスト達。グローバル企業も期待する天才中学生に迫る!

みきてぃ

みなさんこんばんは!MFC学生スタッフのみきてぃです。「これから将来をどうやって歩んでいくのか」と自問自答している学生は多いはず。私は大学3年生なのですぐ目の前にある就職活動で頭が一杯ですが、今日は就活とは違う観点からキャリアを考えてみます!

DSC07971
というわけで私はここ、品川にある日本マイクロソフト本社に来ています!プログラミングコンテストで最優秀賞受賞、そして現在もベンチャー企業の経営に参画しているスーパー中学生、山内君に取材させていただきます!山内君は、株式会社ラックのITスーパーエンジニア・サポートプログラム “すごうで 2015”の支援対象者に選ばれ、10月にアメリカ視察に行ってきたそうです。その中で、マイクロソフトからもサポートを受け、様々な体験をしてきたとのこと。時代の最先端をいく中学生がどんな事を考えているのか、どきどきです!

登場人物紹介

山内中学3年生の天才プログラマー、山内奏人くん。14歳。ビジコンやプログラミングコンテストの優勝、これまで3社のベンチャー企業への参画など多数の実績を持つスーパー中学生。つい先日、株式会社ラックとマイクロソフト社のサポートでアメリカのテクノロジーの現場と教育現場を回ってきた。

みきてぃMFC学生スタッフ。福岡から上京し、いまだに大都会東京に慣れずにいる。MFCでは企業取材やWebデータ分析を担当。ずっと金融業界志望だったが、最近ITに関心がふつふつと沸いている。

10歳から始めました!プログラミングとの運命の出会い

みきてぃ

こんにちは!MFC学生スタッフのみきてぃです!今日はよろしくおねがいします!

山内

こんにちは。山内奏人です。中学3年生です。よろしくお願いします。

みきてぃ

(私より6つも若い……!)中学生だけど名刺を持っているんですか!すごい!

山内

はい、僕、ベンチャー企業でプログラマーとして参加しているので名刺は日常的に持ち歩いてるんです。

マイクロソフト

中学三年生でIT企業に参画している山内奏人くん。過去には国際プログラミングコンテストでも最優秀賞を受賞している。

みきてぃ

な!なぬ!私なんて、“プログラミング”って言葉を知ったのもつい最近なのに……。山内君はどこでプログラミングに出会ったんですか?

山内

初めてパソコンに触ったのは6歳のときです。自由に使ってよいパソコンはネットに接続されていなかったので、最初はマイクロソフトOfficeで家族旅行のしおりや昆虫新聞を作る事から始めました。10歳のときに図書館でパソコン関係の本を見ていたら、たまたまそこにプログラミングの本を見つけ、手にとってみたらはまりにはまって今に至ります。

みきてぃ

わたし、6歳のころなんて鬼ごっこばっかりしてたなぁ。でもそれが運命の出会いになったんですね!ところで、今もベンチャーにいるんですよね?普段ってどんな生活なんですか?

山内

学校から帰ってきたら、すぐに家でパソコン開いて作業します。土日は朝からオフィスにいます。

みきてぃ

あ、学校には普通に通ってるんですね。学校ではどんなキャラなんですか?

山内

“変キャラ”ですね(笑)。でも、中学1年のとき、友達にプログラミングの話をしたら、興味をもってくれて。彼に教えたのをきっかけにもっと同世代にITの楽しさを知ってほしいと思って“It is IT”というITの楽しさを広める啓蒙団体を立ち上げて、今までに500人くらいにプログラミングを教えてきました。

みきてぃ

ITの楽しさ……。プログラミングコンテストでも優勝してるんですよね?

山内

はい、小学6年生のときにRubyの中高生国際プログラミングコンテストで賞をもらいました。

みきてぃ

小学生……。ごめんなさい、私、よく分かってないんですが、Rubyってどんな言語なんですか?私みたいな知らない人向けに簡単に説明してもらえませんか?

山内

簡単に言ってしまうと、Rubyとは思い描いたものを形にする事の出来るプログラミング言語のことです。直感的に書けるので負担が少なく、コードそのものに集中できます。

みきてぃ

今日もマイクロソフトのオフィスで取材させてもらっていますが、マイクロソフト社との関係性は?

山内

中2の時にEdtech Camp Awardというコンテストで賞を頂いたのですが、その主催会社の中の1社がマイクロソフトでした。それが最初です。あっ、その前にマイクロソフトに足を踏み入れたことはありました。小5の時です。兄がマイクロソフトで職場体験をさせてもらって、その縁でコンテストの見学に兄が招待されたのですが、既にプログラミングに興味のあった僕は、兄にくっついて見学に行きました。コンテストへの憧れが芽生えた瞬間です。その後、僕も職場体験をさせて頂き、今回はアメリカ本社でトップエンジニアの方をご紹介いただいたり、色んなアドバイスやサポートをいただいたりと、とてもお世話になっています。

みきてぃ

就職活動をしている身からするとマイクロソフトみたいなグローバル大企業にサポートを受けてるって、凄いことだと思うんですけど、マイクロソフトはどうしてそんなことしてるんですかね?

山内

僕に聞かれても(笑)。でも、社内の色んな方にお会いさせていただいて思うのは、マイクロソフト自体が常に成長し続け、全人類の全ての挑戦を後押しし、未来を作っていく会社なんだなあということです。僕もRubyや新しいテクノロジーを使って未来を切り開いていきたいですし、おこがましいですが、そうしたスタンスに共感していただき、応援してくださっているのではと僕自身は思っています。

みきてぃ

なるほど……懐が広いんですね。ところで山内君は、ITってどんなものだと思いますか?

山内

最近思うのは、ITってすごく自由だなって。誰も権力を握っていないし、年齢、性別、居住地に関わらず、誰でも凄いことが起こせる可能性がある。そして誰でも帰ってこれる場所がITなんだろうなと。どこまでもフラットでオープンなんです。

みきてぃ

自由か……。そんなITを趣味としてだけやるのではなくて、収益も考えていかなくちゃいけない“ビジネス”に挑戦したのはなぜ?

憧れは孫正義。3社のビジネスに携わってきたスーパー中学生

マイクロソフト

マイクロソフト社から見せていただいた最新技術に感動。

山内

“ビジネス”そのものに興味があるからです。

みきてぃ

というと……?

山内

毎週父と『カンブリア宮殿』という番組を観るのが習慣になっていて、その番組で孫正義さんを見てすごく影響を受けました。孫さんは、自分で“やる!”と決めたことがたとえ他人から見てできそうにないことでも、大きな組織を動かしながらどんどん実現していくじゃないですか。その姿をみて、心から“かっこいい!ビジネスって面白そう!”って思ったんです。

みきてぃ

へぇぇぇ‼︎でも、中学生がビジネスしようと思ったとき、大人と接点を持つのって難しくないんですか?

山内

普通に考えれば難しいと思いますが、それが出来てしまうのもITのオープンフラットな世界観の魅力です。僕、今まで3つのベンチャー企業にコミットしているんですが、その出会いはどれも偶然だったりします。例えば、コワーキングスペースの隣で作業していた方から、一緒にやってみないか?と声をかけていただいたり。今いる会社は、社長がたまたまフェイスブックで「独立しました」と発信しているのを目にして、即座にメッセージを送ったら「一緒にやろう!」ということになったんです。

みきてぃ

山内君は自分で起業しようとは考えてないんですか?

山内

興味はありますが、今はたくさんの人からあらゆることを吸収したいな、と思っています。起業は、時が満ちたら、って感じです。ありがたいことにこうして取材いただいたりする機会は増えていますが、僕はまだまだです。企業の方から今回のように貴重な機会を頂いた時は、そのチャンスを最大限に活かしてどんどん吸収していきたいです。

みきてぃ

山内君は、株式会社ラックやマイクロソフト社の招待で渡米してきたんですよね?どんなことをしてきたのか教えてください!

アメリカへ行って感じたこと

アメリカの学校を訪問し、日本の教育との違いを感じる。

アメリカの学校を訪問し、日本の教育との違いを感じる。

山内

シリコンバレーでは、Appleの本社を訪問して、エンジニアの方から仕事についての話やシリコンバレーでの生活についてたくさん教えて頂きました。Yahoo!やGoogleのキャンパスを見学したり、Stanford大学を卒業生の方に案内してもらったりもしました。また、現地のコンピューター歴史博物館にも行きました。あとは現地の学校を見に行ったり……。

みきてぃ

現地の学校を見に行ったんですか?どうして?

山内

今回の渡米の目的は2つあって、1つはトップ企業の最先端の開発現場や考え方を見せて頂くこと、もう1つがアメリカの学校でのITの導入の様子を見学することでした。ラックとマイクロソフトの方に手配して頂き、合計4校の見学に行きました。アメリカの学校ってテクノロジーの導入がすごいんですよ。産学連携が進んでいて、1人1台Surfaceが用意されていて授業には使用が必須になっている学校もありました。ICTを活用した反転授業を行なっていつ学校もあり、驚かされました。

注:反転授業:従来のように生徒が受身で講義を受けるのではなく、講義を受けることは宿題となりウェブなどで説明動画を事前に見て知識を得ておく。授業の現場では動画で得た知識を応用して議論したり問題を解いていく授業の方式。

みきてぃ

surface……。マイクロソフト製品を言えるあたりもしっかりしてますね。

山内

お世話になっています(笑)。

みきてぃ

それにしても、アメリカの学校がそんなにハイテクだとは知らなかった!他の都市にも行ったりしたんですか?

山内

シアトルにも行きました。シアトルでは、マイクロソフトの本社を訪れ、見学をしたり技術者の方とお話させてもらったりしました。あと、Channel9、というマイクロソフト社が発信している技術者向けの動画配信チャンネルにも出演しました。

みきてぃ

英語も堪能!!!そういうアメリカの教育現場やテクノロジーの最先端を見てきて感じたことってなんですか?

山内

うーん、想像以上なことが多かったですね。やっぱりネットで見るのと現地で直接みるのは違うなぁ、と。訪問した企業で働いている方たちは本当に楽しそうに笑顔で仕事していて、自分たちの仕事に誇りを持っているのが見てとれました。

みきてぃ

わたしはネットでしか知らないけど、アメリカのIT企業はすごくオープンな雰囲気で仕事してるイメージありますものね。会社の建物のことをキャンパスって言ったり。

山内

そうですね、社内で何気ない会話や挨拶が生まれやすい環境を作っている。そこからイノベーティブなサービスが生まれる。いいサービスを創る根本には、組織のあり方や設計思想があるんだなって感じました。

みきてぃ

ふむふむ。山内君は、“グローバル”って一体なんだと思いますか? 近年色んな定義があるかとは思うんだけど……。

山内

“物事を大きく見て、全体像を捕らえながら細かいところに落としこめる”ってことだと思います。

みきてぃ

……ふむ。(どうしよう……よくわからない……。)

山内

日本、とかアメリカ、という単位で物事を見るのではなく、世界という単位で物事を捉える。そしてそのうえで、自分の目の前の仕事を設計して前に進めていくって感じでしょうか。必ずしも海外で仕事をすることがグローバルとは思いません。

スーパー中学生が考えるキャリア観

最新のテクノロジーに強い関心を持つ山内君。今後伸びるマーケットについても分析をしているという。

最新のテクノロジーに強い関心を持つ山内君。今後伸びるマーケットについても分析をしているという。

みきてぃ

なるほど。そういえば、山内君は14歳ですけど、自分の将来についてはどんな事を考えているんですか?わたしなんて大学3年生なのにまだまだよく分かっていないんですが・・・。

山内

うーん……。

みきてぃ

え、悩むんですね!ちょっと意外。ITで何か成し遂げたい偉業があるのかと思いました。

山内

いや、僕は、ITの力をとても信じているんですが、自分の今後のキャリアの軸になるかはわからないです。

みきてぃ

え!なんでですか?

山内

この変化が大きい世の中で、未来が今と全く同じことってないと思うんです。持っているスキルとしてITはあるけど、その武器を使ってなんでもやっていくつもりです。

みきてぃ

ふむふむ。じゃあ、“何をしたい”ではなくて“どうなりたい”みたいなのはありますか?

山内

それはあります。常に新しいことに挑戦して、自分がマーケットを作って前に進めていく立場になりたいです。

みきてぃ

へ〜! すごく気になるんだけど、どうしてそう思うんでしょう?

山内

渡米したときにも感じたんですが、日本って今、世界での影響力って弱いのではないかと。海外で作られたものに日本がついていくというか。それはやっぱり日本人としては悔しいですよね。僕は日本人という感覚があるからこそ、日本から世界に対して発信し、挑戦したい。そんな思いがありますね。

みきてぃ

なるほど、日本のポジションを上げるためには自分から発信していかないといけないという事ですね。そんなに日本って世界ではポジション低いんですか?

山内

少なくともITの世界では日本は完全に出遅れていると言われています。
でも、ITの分野では出遅れてしまったかもしれませんが、日本には、世界に誇れるものすごく秀でた分野があることにもアメリカで気づきました。そのうちのひとつが、おもてなしの文化や規律といった素晴らしい伝統や精神性です。そうした伝統を守ってきてくれたこれまでの先人、大人に対して感謝しながらも、これからはその良さを守り続けるだけでなく、それを武器にして日本ならではの勝負に積極的に出てみたいです。

みきてぃ

ふむふむ。

山内

だから僕は、世界がどうなっているのかを把握しながら、自分の知識をアップデートして、日本人のよさを生かして世界で戦いたい。

みきてぃ

なるほど。そんな未来を一緒に創っていく同世代に何か伝えたいことはありますか?

山内

“本質を見極めていこう”ということですかね。ITによって確かに可能性は広がったし僕達若い世代でも起業したり、ビジコンも増えてそれに参加したりと、チャンスは広がってきました。でも機会が増えるにつれて、本当に大切なことを見失いがちな時代なんだとも思います。みんながみんな起業すればいいってわけではないし、社会にとって、また自分にとって何が大切なことなのか、それを見極めながら一緒に頑張ろうって思います。

みきてぃ

本質を見極める……か。何か心にずっしりささりました。今日はありがとうございました‼︎

取材を終えて

DSC08036
スーパー中学生。一体どんな中学生が待ち受けているのかとどきどきしながら向かった取材。山内君は、ただ技術としてプログラミングが得意なだけではなく、ITを通じて社会に触れ、世界に触れて、いろいろなことを知り、自分の考えを持っていて、ITの可能性の大きさにも気づかせてくれました。就活が始まりそうな中、つい周りと合わせて何かしたくなってしまうこともあったりしますが、やっぱり、『何のために何をするのか』考えながらキャリアについて考えていきたいな、と思いました。ありがとうございました!

PAGE TOP