若手社員に聞いてみた! in 大日本印刷株式会社



こんにちは! ほりしんです! 今日も取材に来ております。今日取材する企業はこちら! 大日本印刷株式会社(DNP)さんです。よろしくお願いします!

登場人物紹介

集合写真
(左から)
栗田さん:2015年入社 情報ソリューション事業部(営業職)
白石さん:2014年入社 包装事業部(営業職)
平野さん:2014年入社 C&I事業部(企画職)
芦澤さん:2014年入社 法務部(コーポレートスタッフ職)

芦澤

法務部の芦澤です!私の仕事は取引先との契約書を取りまとめたり、法という観点から会社を守る仕事をしています。今日はよろしくお願いします!

C&I事業部 CCSD~(!?)に所属しております平野と申します!

掘

すみません、Cが多すぎて全然わかりませんでした。

平野

あ、「C&I」は“Communication&Information”の略で、情報コミュニケーション領域のスペシャリスト集団として企業や生活者が必要とする価値を考え最適なカタチで提供していくことをドメインとする部署です。その中で私は企業が何を発信したいのか、またそれをどう表現するのかを企画しています。よろしくお願いします!

白石

包装事業部で営業をしている、白石です。主に食品のパッケージを供給しています。加えて最近はクライアントの扱う商品の販促・売り方の提案もしています。実は今あるクライアントの展示会の企画をしていまして、平野くんと一緒にやっているんです。

栗田

情報ソリューション事業部の栗田です! 今は主に大手化粧品メーカーの販促物を作っています!デザイナーが考えたデザインをどうやってポスターに表現するかを考えています。まだ入社1年目でわからないことだらけですが、頑張っています!

掘

ありがとうございます。今日はたくさんの方々いるのでいろいろな意見が聞けそうですね! よろしくお願いします!

え!? こんなところに印刷技術が!? 印刷業界って……?

掘

では、早速色々聞いていきたいと思うのですが、印刷業ってプリンターとかをイメージしてしまうのですが……実際はどんな業界ですか?

平野

印刷技術を応用し、幅広い事業を展開しています。包装に関わるパッケージのデザインをしたり、フローリングや壁紙などの内装材を印刷でコーティングしたり、他にも文字や画像データの情報処理技術に取り組んでいたりもしてるんです。

白石さん

白石さん。2年目にして大手クライアントを任され、ご活躍されています!

掘

印刷から派生しているんですか!?でも、包装って言っても紙しか思いつかないし、紙媒体って今後なくなっていきそうだし、印刷事業って今後やばいんじゃ……?

白石

印刷っていうと紙にインキを塗ることをイメージされる方がたくさんいらっしゃいますが、印刷って紙だけじゃないんですよ。

掘

え? そうなんですか? じゃあ一体?

白石

例えば、ポテトチップスの袋は紙に印刷しているのではなく、フィルムに印刷をしています。しかも、一番内側の油分をはじく層から一番外側の商品名や写真を印刷する層まで、何層ものフィルムを張り合わせています。

掘

フィルム……ああなるほど。なんとなくイメージが湧いてきました。あれも紙に印刷しているわけではないですもんね! 食品のパッケージ以外にも何かあるんですか。

白石

ポテトチップスの袋の技術を応用すると、スマートフォンのリチウムイオン電池パックになります。これは金属の代わりにフィルムを使っています。だから軽くてやわらかい電池が実現するんです。

掘

スマホの電池!?

白石

はい、これは当社が世界トップシェアをもっています!

掘

ほかには?

そうですね、例えばクレジットカードなどのICカードとか。

掘

ICカード

平野

はい、ICカードも弊社が取り扱っていて生産量もNo.1です。

掘

No.1!?

芦澤平野白石栗田

No.1です。

平野

これもプラスチックに印刷しただけじゃ使えないので、特殊技術を使い、カードの中のICチップに個人情報などのデータが組み込まれているんです。

掘

へえーそうなんですね。初めて知りました。印刷技術って実は僕らの知らないところで生活を支えているんですね。

芦澤

また私たちの会社は印刷の受注だけじゃなく、アプリの共同開発やシステム開発もやったりもしているんですよ。

白石

システムの導入から、印刷までできることは強みですし、最近ではシステム開発だけを受注することもあります。世の中の流れに合わせて仕事も変化しているので、飽きないですよ。

掘

すごい!印刷って奥が深い! 自分も就活のとき見ればよかったー!!

大企業だから堅い?会社の雰囲気って?

掘

オフィスも素敵ですし、みなさんも若手なのにすごい楽しそうにお仕事されてますよね。みなさんから見て大日本印刷株式会社ってどんな会社ですか?

芦澤

真面目で熱心な人が多いですね。何か疑問に思うところがあればとことん突き詰めたり、チャンスがあればどんどんチャレンジする人が集まる会社です。それはもう年齢とか関係なく会社全体の雰囲気です。

掘

それはいいですね!栗田さんは確か今年入社されましたよね。働き始めてみていかがでした?

栗田

自分が頑張っているところを影で見てくれる人が多いなと思いました。1年目なのでたくさん失敗することもあるんですが、そんなとき必ず誰かが助けてくれます。残業してる時も、知らない先輩から「がんばってるね!」とか声かけてもらったのはうれしかったですね。

掘

いい意味でおせっかいな人が多いんですね。

平野

仕事において悩みがあってもすぐに誰かに相談できるというのもすごいなと思います。従業員が約10,000人いるんですが、皆その道のプロみたいな人も多く、仕事をしていると多くの人と関わるのですごく刺激になります。

掘

そこは従業員がたくさんいる大企業の良さがありますよね。それにしても10,000人って多いですね! 同期の仲とかはいかがですか?

白石

同期も仲がいいですよ!仕事もみんな一生懸命です。だから同期の中でもライバル意識もあれば仲間意識もありますよね。

平野

そうだね。それは間違いない。これだけ人数もいるとプライベートでも趣味も合う人も絶対いるので休日遊びに行ったりしていますよ。この間も先輩とロードバイクに乗って出かけたりしてきました!

プライベートでも仲がよいという、芦澤さんと平野さん。

プライベートでも仲がよいという、芦澤さんと平野さん。

芦澤

横だけじゃなく縦のつながりも強く、部署で旅行を企画したりすることもあるんですよ。これは毎年行う恒例行事のようなものです!

掘

仕事を一生懸命やるからこそ、生まれる絆ってありますよね! 自分も参考になります。

なんでこの会社に決めたの?

DSCF7290

今年新卒入社した栗田さん! 新入社員なのにもう大手企業の案件を担当しています!

掘

ありがとうございます。会社の素敵な雰囲気も知ることができました! ところで、みなさんがこの会社に決めた理由ってなんですか?

栗田

私は何でもいいから楽しいことをたくさんしたいと思っていて、人をときめかせる仕事がしたいなと思っていました。そんなときこの会社では食品や本、スマホやアプリ開発まで多岐にわたる仕事ができるので、この会社に決めました。ある意味何でもつくることのできるモノづくりの会社だと思います。

掘

いやー本当そうですよね。僕らの生活のほとんどに関わっていますもんね! 他の皆さんはどうですか?

白石

私も1つの商品じゃなく、いろいろな事業に携われるのが魅力だと思いました。時代によって流行も変わるので、それに関われる仕事がしたいなと思い選びました。

平野

それもあるね!自分は「挑戦」ですね!この会社なら自分が今までできなかったことができそうって思ったんです。みんなも言ってますが、本当にいろいろな事業や仕事があって、今まで見えてこなかった自分に出会えるんじゃないかなって思いました。

芦澤

自分は「オーダーメイドのモノづくり」っていう言葉に共感したんです。クライアントに合わせて商品やサービスを提供できるというのはおもしろいと思ったんです。というのも僕は学生時代にスキーのインストラクターをしていたのですが、生徒一人一人に合わせて練習メニューを組んでいました。それはものすごく大変なことだったんですけど、そこにやりがいがあったんです。そのため、この会社ならも同じようなやりがいが感じられるかもと思って決めました。

掘

なるほど!「オーダーメイドのモノづくり」いい言葉ですね!

若手社員のみなさんから一言メッセージ

掘

……みなさん、すみません。文字数がそろそろ限界のようです。色々お話を聞かせていただきましたが、最後にみなさんから学生に一言ずつメッセージをください!

芦澤

楽しいって思える仕事を見つけて欲しいと思います。仕事が楽しいと人生も本当に楽しくなりますよ! 就活も自分が楽しいって思える仕事は何だろうって考えるともっと考えやすくなると思います!

平野

今やりたいことや好きなことをやり尽くして欲しいです! 今好きなことに没頭できるというのは社会人になってからも糧になると思いますよ。今何かやっていることがあるならそれに熱中し突き詰めて欲しいと思います!

白石

いろんな情報が手に入れられると思うんですけど、迷ったら自分の目で見て感じたことを信じて欲しいと思います。自分の直感は今までの人生の積み重ねからきているものなので、自分の直感を信じる勇気を持って欲しいと思います。

栗田

学生は時間がたくさんあるので、とにかく「行動」するといいと思います。勉強したり、社会人の話を聞きにいったり、何かイベントを企画してみたりなど、「行動」を起こさないと何も変わりません。まずは動いてみましょう!

掘

大日本印刷株式会社(DNP)さんでした。ありがとうございましたー!

取材後記

DSCF7320(オフィス街をみながら)自分と年齢が近い社員の方だったので、同年代の社会人がどんな風に働いているのかすごい気になっていました。もうオフィスも本当に広くてきれいでした。本当はもっとDNPのみなさんのいい話があったんですが、ページの都合上難しかったです!すみません! DNPのみなさん、ありがとうございました! 彼らに負けないくらいリア充な社会人生活を送ろうと思います。

PAGE TOP