【学生海外レポート@メキシコ】vol.4 メキシコでどんな仕事してるの?インターン内容ご紹介!


(*こちらの記事は全て2015年9月時点のものです。)

¡Hola! みなさんこんにちは。
メキシコでインターン中の大学生、佐々木啓恵です。
今回は私のインターンのお仕事についてご紹介します。

11995618_726994417433522_1721241196_n

私が現在行っている仕事のひとつは日本語教師です。

教師経験ゼロだった私が、先生として人様にものを教える。考えただけではじめはものすごく怖かったです。先生の仕事なんて絶対向いていないと思っていました。しかし、結果的に今では日本語教師の仕事にハマっています。私の授業をきっかけに、生徒がもっと日本語を好きになって、もっと日本に興味を持ってくれたら、この上なく嬉しいです。

私はインターン生ではありますが、いつだってプロの教師として仕事をしようと日々努めています。
というわけで、今回は日本語教師のお仕事についてお話したいと思います。

メキシコで日本語を勉強している人ってどんな人?

メキシコで日本語を勉強している人は、以下の3タイプです。

①【趣味】アニメやマンガをきっかけに日本について興味を持った人
メキシコではとにかくいろいろな日本のアニメが大人気です。ドラゴンボール、NARUTO、DEATH NOTEといったアニメは世界的に人気だと思うのですが、「Me encanta Los Caballeros del Zodiaco!!!」(僕は聖闘士星矢が大好き!!!)と言われたときにはおったまげました。聖闘士星矢、るろうに剣心、セーラームーン、カードキャプターさくらはメキシコでも特に有名です。アニメを通じて日本語と日本の文化に触れたことをきっかけに、日本語を勉強しようと志す外国人は、やっぱり多いですね。

②【進学】将来日本の学校に進学したい人(特にアート関連が多い)
①から派生して、本格的に日本で勉強したいという生徒も、私のもとで日本語を勉強しています。語学留学が目的の生徒もいますが、とりわけ芸術、グラフィックデザイン系への関心を抱く学生が多いです。彼らは大学院や専門学校への進学を考えているようです。

③【ビジネス】日系企業に関連する仕事に携わっている人(特に自動車関連が多い)
ケレタロには工業団地がいくつかあり、そこに日系企業が多く進出しています。そこではスペイン語・日本語のメキシコ人通訳者や翻訳者、また作業員や社員の方々が多く勤めています。そのため自分の日本語力をより向上させ、ビジネスで高度な日本語を使いたいというメキシコ人や、メキシコ人社員の日本語力を向上させたい日系企業からの日本語クラスに対する需要が近年ますます高まっています。

授業について

11997198_726996704099960_1539214627_n

授業は基本的に1対1、1対2での少人数クラスを担当しているので、生徒の細かい需要を把握し、それに応じたレッスンを行うことができます。

授業中はリスニングとスピーキングを重点的に練習できるようにしています。

まずは教科書通りに基本の文法や文型を確認した後、それらを使って私が読み上げたスペイン語の短い文章を日本語に逐次通訳させたり、日本語で質問させたり、受け答えをさせたりします。生徒が楽しく日本語を勉強できるよう目的やニーズに応じて趣向を凝らします。
例えば、習った日本語を使って私の友人の日本人男子大学生にLINEでインタビューをしてもらいました。普段日本語を話す相手は私しかいないので、生徒には是非ほかの日本人、特に男の子と会話する機会を与えたいと思って実践してみました。生徒はたくさん質問を考えてきてくれて、顔を真っ赤にして緊張しながらも楽しそうに電話をしていました。

そしてリーディングとライティングは家で時間をかけて練習してもらうようにしています。(自分は宿題嫌いなくせに、鬼ですね~。)

特に私がこだわっている宿題は、毎回日記を書いてきてもらうことです。習ったばかりの日本語の語彙や文法を定着させる効果ばかりでなく、生徒が日本語を自分の言葉で発信する練習になったり、授業中に生徒と会話をする上でのネタ集めができたりと、メリットがたくさんあります。また、生徒が間違えやすいポイントやクセが見えてくるので、授業で何を重点的に教えるべきかのヒントになります。例えばメキシコ人で多いのが「さ行」と「ざ行」、「や行」と「じゃ行」の間違いです。これらはスペイン語話者ならではの間違いです。

日記を宿題に取り入れることで何よりも面白いのは、生徒の日本語力が確実に伸びている様子を観察できることです。はじめは「あさ起きました。日本語をべんきょうしました。」という内容だったものが、課が進むにつれ、「朝8時に起きました。それから午後6時から7時半までバビロンで佐々木先生に日本語を習いました。日本語は難しいですが、おもしろいです。」というように確実にレベルアップしていくのが見て取れます。それが最高に面白いです。

教材について

11924792_726999024099728_44899704_n

教材は、日本語教師なら誰でも知っている「みんなの日本語」という教科書を使うことが多いです。この教科書の良いところは、日本語で書かれたメインの教科書の文法解説書が12か国語版出版されているところです。もちろんスペイン語版もしかり。世界中で使われている教科書なので、日本語を勉強している外国人に「みんなの日本語、知ってる?」と聞くと、おそらく8割以上が「はい、知っています!!!」と答えるでしょう。いわば日本語教育のバイブルです。あとは、オリジナルの授業プリント、パワーポイント、テストを作成しています。

まとめ~メキシコで日本語教師として働くということ~

11995590_727126090753688_1309397052_n
現地では「ネイティブの日本語教師」は貴重な存在であり、非常に需要が高いです。
日本が大好き!アニメが大好き!日本へ行くのが夢!というメキシコ人はとても多いです。

そして近年ますます日系企業がメキシコに進出していることもあいまって、日本語を勉強せざるを得ないメキシコ人も増えています。メキシコで日本語教師として働くということは、思いのほかやりがいのある仕事でした。
日本の裏側メキシコに住む人々と、日本を、この手で近づけることができるのが、この仕事です。今回は私の仕事の一部をご紹介しました。またの機会に残りの仕事をご紹介したいと思います。

☆おまけ☆
9月16日はメキシコ独立記念日です。この日はメキシコで一番大切な日で、一番盛り上がる日です。各地町をあげて盛大にお祝いします。¡VIVA MÉXICO!
それではまたお会いしましょう。
Nos vemos.

permalink.
PAGE TOP