【学生海外レポート@メキシコ】vol.1 私が休学してメキシコにいる理由


(*こちらの記事は全て2015年5月時点のものです。)

¡Hola! こんにちは!
お待たせしました、アメリカ大陸第一弾、「メキシコ」からのレポートです。
担当は私、上智大学外国語学部イスパニア語学科4年生の佐々木啓恵と申します。

現在大学を一年間休学し、メキシコ・ケレタロ州でインターンシップをしている私がこれから約10ヶ月間、月1回、更新しますのでどうぞ宜しくお願いします。

どんなインターンをしているの?

mexico-1

私はメキシコ・ケレタロ州のBabilon Language Coaching という会社でインターンをしています。この会社は多様で豊富な言語のデータベースを背景に外国語のプライベートレッスン、企業向け講座、通訳、翻訳、コンサルといった様々なサービスを展開しています。その中で私はスペイン語―日本語間の通訳、翻訳、校閲を担当しています。現在はスペイン語で日本紹介の記事を作成することや、インターン先のwebページを翻訳することが主な仕事ですが、ゆくゆくは映画の字幕翻訳、企業での通訳を行う予定なので日々の語学力向上に余念がありません。

月曜―金曜は1日8時間、土曜は5時間みっちり仕事をしていますが、それだけ語学力と忍耐力が鍛えられるし、月に10.000ペソ(約77.000円)もらえるし、なにより時間を無駄にせず充実した日々を過ごせると思っています。

そしてパティオ(中庭)のある可愛いコロニアル風な建築のオフィスと、小規模でアットホームな雰囲気の中チェコ人のCEO、様々な言語圏の講師(メキシコ、アメリカ、スイス、ポーランド、スウェーデン、シンガポール、台湾など)、事務スタッフ、翻訳者たちが和気あいあいと働いている職場が私にとって大のお気に入りなのです。

なぜメキシコでのインターンを選んだのか

Flag_of_Mexico.svg

理由は意外とシンプルで、ラテンアメリカ・メキシコで生活してみたかったことと、お金をかけずビジネスレベルのスペイン語力を身につけたかったことが大きな理由となっています。

まず、先述の通り、私はスペイン語を専攻し、スペイン語圏についての勉強をしています。大学一年生の春休みにスペインのサラマンカへ1ヶ月間語学学校に通った経験から、今度はもう一つのスペイン語圏であるラテンアメリカに行ってみたいと思うようになりました。これが、スペインではなくラテンアメリカを選んだ理由です。

さらにその中でなぜメキシコにしたかというと、たまたま見つけたインターン先がメキシコだったということもありますが、実際にメキシコで生活し、この国の明るい一面と暗い一面その両面について生の情報を得ることは大学でのスペイン語圏地域研究に活かせると思ったためです。豊かな自然と明るく社交的な人々が生きるこの国は新興国の一つとして世界的に注目されており、そのような明るい一面を持つ反面、極端な経済格差の問題、アメリカ・グアテマラとの国境問題、麻薬問題、また政治的な不安定さから来る問題などの暗い一面を持っています。これらの情報を得て、自分なりの考えを持つこと、さらにその上でどう行動できるのかまで考え実行に移すことは私の目標でもあります。

またお金をかけずビジネスレベルのスペイン語力を身につけたかった私にとって、このインターンはこの上ない好条件でした。インターンシップは一般的な留学と違い、あくまで仕事をしに行くわけですから、一つ一つのことがらや時間に対し責任が伴います。つまり必然的に、より能動的に行動せざるを得ない状況に身を置くことになって、より実践的なスペイン語力が身に付くのではないかと考えました。

また民間の語学学校や旅行代理店がよく「語学留学+インターンシップ」のようなパッケージを提供していますが、正直なところ参加費が高額で、しかも無給インターンであるものばかりですよね。しかし私が利用したアイセックという団体は参加費がたったの5万円で、現地滞在補助費をアイセックのメキシコ支部が月10000ペソ(7万7000円)支給してくれるので、いわば有給インターンのような待遇です。さらに私の場合通訳翻訳用の語学力向上のため無料スペイン語授業が1ヶ月間(計40時間)ついているので、お金がなくて留学できなかった私にとって最高の選択となりました。

また同じ学部、学科の先輩や同期が多く留学をしていたので滞在における多くの情報を収集しやすく、また各地で頑張るみんなの存在が私の選択を後押ししてくれました。
つまり、欲張り放題の結果、「休学してメキシコで長期インターンシップをする」という選択に至ったというわけです。

最後に

mexico2

初回はざっくり私のこと、私のインターンのことを説明することで、「休学してメキシコで長期インターンシップをする」という選択肢があることを簡単に紹介しました。

・とりあえず海外行きたい
・語学力伸ばしたい
・専攻が国際系・外国語系
・留学じゃつまらん
・海外で働いてみたい・暮らしてみたい
・ネットじゃ知れない情報を直に得たい
・でも、金無い

一つでも当てはまれば、私の経験がきっとあなたの役に立つでしょう。

この連載が少しでもあなたの心を動かすことを願って、私は本日もメキシコで奮闘中です。

それではまたお会いしましょう。 ¡Hasta luego!

permalink.
PAGE TOP