理想的なファーストキャリアを歩むための大学生活の過ごし方 その1


DSC01283

こんにちは、MFCの羽田です。この記事は大学1、2、3年生の方向けの記事です。4年生向けはまた今度更新したいと思います。

大学1年生の方、入学して一ヶ月経ちましたね。大学生活はどうですか?
大学2年生の方、1年前に大学生になったあなた。この1年間、どうでしたでしょうか?
大学3年生の方、大学卒業後の進路についてそろそろ具体的に考え始めた頃でしょうか。

現3年生の方向けに「キャリアゼミ」という就職を意識した講座を4月から始めています。その中ではお伝えしているのですが、大学生活は土を耕すようなものだと思っています。

勉強や課外活動で、自分の土を耕す。そして、その耕した土からどんな芽を出してどんな花を咲かせるのか。

MFCのロゴの右上に「ぼくらの未来ははじまっている」と書かれています。この一言に、学生の皆さんにお伝えしたいことはすべて詰まっています。
そう、ある日突然、将来や未来は始まりません。
就職活動のために学生生活があるわけではありませんが、大学生活の延長線にしか、将来は開けないのです。

では、どんな学生生活を過ごせばいいのでしょうか?

正解なんて当然ありません。ただ、一つの考え方、指針、参考程度に捉えていただければ幸いです。「今の学生生活で十分充実している!」という方はそれで正解です。ここで書かれていることは無視して是非今の生活を謳歌してください。

大学1年生:とにかくいろんなところに顔を出す。受け身で全然OK。

SFC1年生(当時)の増渕君のインタビュー、ぜひご覧ください!

SFC1年生(当時)の増渕君のインタビュー、ぜひご覧ください!

特に自分の学生生活の軸が決まっていない方は、是非いろんなところに顔を出してみるといいと思います。サークルでもバイトでも学生団体でもなんでもいいです。勿論MFCも皆さんをお待ちしています。

もし興味分野の軸がある方も、1年生の時は変に自分の世界を決めつけずいろんな世界を見てみるのがよいと思います。ひょっとしたら、あなたのやりたい事は思い込かもしれません。そうじゃなくても、あなたの知っている世界はほんのごく一部です。限られた世界でしか物事を判断しないのは、勿体無いです。

そして少しでも感性が動いた人を見つけたらFBでもTwitterでも繋がってしまえばいいと思います。

同じ大学や学年に限らず、社会人も含めていろんな人とつながってください。一度SNSを開けば、その人たちがどんな事をしているか、どんなものにイイね!と言っているのか、それはもう洪水のように流れてくるでしょう。
一年生の時は情報の洪水に流されてしまっていいんじゃないかと。

風呂敷たたむ事なんて考えず、とにかくいろんなものを見聞きする。何かを判断するには、あなたはまだ全然若すぎます。答えなんて出さなくていい。得意不得意も決める必要ないです。受け身でいいから、インプットをたくさんしてください。

大学2年生:自分の住む世界を少し絞る。発信者側になってみる。

一橋大学2年(当時)の三宅君インタビュー。

一橋大学2年(当時)の三宅君インタビュー。

手にあまるくらい自分の世界の可能性を広げたら、2年生は是非、その中で自分がどんなものに興味があるか吟味してみましょう。そして、2年生は自分の手で、自分の口で何かを発信してみる、動かしてみる事に挑戦してみるとよいでしょう。

するとどうでしょう。いかに自分が非力かわかるはずです。先輩方がやっていた事がいかに難しいか。SNSの発言の裏側にどんな困難があったか、これは自分でやってみる側にならないと分からない事です。
やってみたら意外とできなかった。もしくは意外と得意だった。そんな発見をしましょう。

社会に出ると、意欲だけではどうにもならない事があります。
「こんな事やりたい」という”価値観”と「出来る」という”スキル”は別の話です。

そして”スキル”は一人で考えていても全く意味がありません。自らが発信者側に、主催者側にならないと絶対にわかりっこないのです。活動を通して、自分の得意不得意を見極めていきましょう。

これは個人的な見解ですが、大学2年生の過ごし方がその後の大学生活、そしてその先の社会人人生の分岐点になる気がします。
それくらい重要なのが、大学2年生という季節です。思いっきり何かに挑戦してみてください。成功するかしないかは問題ではありませんが、成功を目指して頑張るプロセスでヒントを掴むでしょう。

さて、今回はここまでとします。次回は大学3年生の過ごし方をお伝えしたいと思います。
5/15(日)に大学1,2年生向けのキャリアについてのイベントを開催いたしますので是非チェックしてみてください。
12476988_1011240858911373_1040095592_o

是非、皆さんの学生生活の傍らに置いていただき、うまく活用してくださいね。
MFC参加学生の方の声はこちらを是非ご覧ください。
お待ちしています!

permalink.
PAGE TOP