【リレーコラムVOL.2】社会人50人に聞いた!仕事を「楽しい‼︎」と感じた瞬間


社会で働く中で、どんな瞬間に「仕事って楽しい!」という思いを得るのでしょうか。
こんな風に思える瞬間には、きっと仕事そのもののやりがいを超えた喜びが詰まっているはずです。
今回は約50名の社会人の方に、「仕事って楽しい!」「働くって素晴らしい!」と感じられる瞬間についてのアンケートにご協力いただき、その結果から3つの瞬間を導き出しました。

仕事を通じて感動した時

リレーコラムvol2
・一例ですが、不登校気味の生徒に「先生の顔を見るとホッとします。」と言われた時、先生してて良かったと思いました。
(教員・50代男性)

・時間に追われて配達していて、お客様とゆっくり話したりする機会は無かったけれど、毎日毎日少しずつお話していたら、名前を覚えていただき名前で呼んでもらえるようになったこと。
(郵便配達員・20代男性)

・お客様とプロダクトを通じて、人生の共有ができた時です。例えば、初めて彼女にあげたギフトが私たちの会社のバックで、そこから結婚することができましたとか。かけがえのない人生の瞬間に立ち会えるものが作れたらといつも思っています。
(会社役員・30代男性)

目の前の「ひとり」の言葉は、自分の存在を丸ごと認めてくれるような大きな力を持ちます。
名前付きの人間関係がそこに生まれたなら、それは紛れもなく誰も代わりにはなりえない瞬間でしょう。
その瞬間に人は感動を覚えるのかもしれません。

創造的な仕事をした時

11125472_936950783034677_466891065_n
・受験生向けの学習サービスを提供しているのだが、大学受験を終えた生徒さまから「このサービスがなかったら合格できなかったです」といわれたとき。(会社役員・20代男性)

・部署を越えて、徹夜で仕上げた仕事が、法案や予算となって、夕刊一面に掲載され国民の期待に少しでも応えられていると感じる時。(公務員・20代男性)

世の中になかったサービスや仕組み、自分の提案やサービスが世の中に出て行く。
社会に少しでも変化をもたらし、目に見えると人は仕事に楽しさを見出すことができるのかもしれません。

出会いや成長を感じた時

・お客様が私の仕事を通じて自分に自信を持ってくれたとき。
また逆に、さまざまなお客様から物の見方を学び、私自身が変わることができたとき。
(サービス業・20代女性)

・才能に出会ったとき。自分はまだまだ勉強が足りない、
もっと上に行きたいと思わせてくれる人との出会いは、その後の人生を変えるくらいの大きな価値がある。
(元メーカー勤務・50代男性)

・自分が発掘した(少なくとも出版業界では)無名の著者の本がヒットし、その方の人生が激変する瞬間に
立ち会えたとき。
(編集者・30代男性)

仕事を通して、他者の人生や自分の人生がプラスに変わっていく。
普段の暮らしでは到底出会えないような、成長や出会いが仕事では体験できます。
仕事を通して成長できる人は「自分だからこそ成長できる」と自分に胸を張れる人なのかもしれません。


いかがでしたか?ここには載せきれなかった社会人の声がたくさんありましたが、みなさん業種は違えど
仕事って「楽しい‼︎」と感じた瞬間をお持ちでした。

仕事って楽しいって感じた瞬間をお持ちの社会人14名をお招きしてイベントを行います!


WIW6

当日は、メーカーやIT、商社、国家公務員など、業界・職種を問わず様々な社会人ゲストの方々と気軽にお話できます!
ぜひご来場くださいね!

permalink.
PAGE TOP