【学生海外レポート@バンコク】vol.4 タイのおもしろ文化



こんにちは、堀です。タイの国から新年度初の更新です。
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます! 新しい生活に期待を膨らませて学校に通っているでしょうか?
そんな私は4年生になってしまいました。時間は本当に早いものですね! 私は大学を1年間休学するので卒業は2016年(予定)ですが、卒業後の生活が未だに見えないです……。

私の話はさておき、新入生のみなさん、サークルや部活動もいいと思いますが、自分の将来のキャリアについて今から少しずつ考えてみませんか?
MFCでは自分のキャリアを考えるいいキッカケがたくさんあります! 私もMFCに関わり色々な影響を受けました。今タイにいるのも、少なからずMFCの皆様の後押しもあります。是非、一度イベントに足を運んでみて下さい!

……と、新入生向けの挨拶はこれくらいにして、今日はタイの面白い文化について書きたいと思います!
(*こちらの記事は全て2014年4月時点のものです。)

国歌が流れると時が止まる⁉︎

IMG_7595
タイでは1日に町中で国歌が流れる時間が2回あります。午前8時と午後6時です。タイ人はこの時間、国歌が流れているのを聞いたら立ち止まり、国に対し忠誠心を示さないといけません。もし立ち止まらずに歩いてしまうと、不敬罪で捕まる可能性もあるみたいです!

YouTubeでその様子が映されているわかりやすい動画があったのでご覧下さい!

このように、国歌が流れるとどんなことがあろうとタイ人は止まるんです!

私が初めてこの場面に遭遇したとき、「あれ?みんな止まった?なにこれドッキリ?」みたいに感じました。それほど時が止まったように人々も止まります。
観光でタイにきた時は、この文化を忘れないようにして下さい! 恐らく観光客は止まらなくても大丈夫だとは思いますが、下手したら不敬罪で捕まる可能性もあるのでお気をつけ下さい!

他にも、映画館で映画が流れる前やサッカーの試合が始まる前など国歌が流れますが、必ず全員起立をしてその場で静止します。日本にはない習慣なので少し、「これはやり過ぎなんじゃないか……?」と感じてしまう時期もありましたが、それほどタイの王様であるプミポン国王はタイ人から慕われ敬意を集めているのでしょう。何故王様がこんなにも敬愛されているのかを知る事は、タイのことを知る重要なポイントになります。タイ人の行動の背景には様々や歴史や文化がるのです。

気になることがあれば聞いてみよう!

みなさんが外国にいって、その国の人達の日常の行動で「何故このようなことをしているのだろう?」と思う場面があれば、現地の方にどんどん聞いてみましょう! きっとその国が歩んできた歴史を垣間みる事ができると思います。
そして逆に、私たち日本人にとっては当たり前でも、外国人から見たら日本の日常で不思議に感じることも、きっとたくさんあると思います。外国に行って初めて分かる日本というのもあります。そのような経験は、きっと将来どこか繋がるとひしひしと感じています。

是非学生のうちに海外に行く事をお勧めします!
新入生の皆さん、海外には行きましょー! では、今日はこのへんで!

PAGE TOP