【学生海外レポート@バンコク】vol.2 タイ人は料理しない⁉︎ タイの食生活について


こんにちは、タイに長期インターン中の、上智大学3年生の堀です。

さて、今回はタイの食文化についてです!(こいつ食べ物の話ばっかだなとか思わないでね(笑)!)
「食」を知るということは、異文化の中で生活をする上ではものすごーい大事!
ということで、今回はタイの食事情についてご紹介していきたいと思います。

(*こちらの記事は全て2014年3月時点のものです。)

タイ人は料理をしない

「タイに行ったら料理とかどうするの?」
これは僕がタイに旅立つ前に散々友人に聞かれたことですが、皆さんは、タイでの私の朝昼夜ご飯はどうしていると思いますか?

食事のスタイルは、家で作って食べるか、または外食の2パターンです。普段の生活で私の食事の割合は外食が9割以上で、自炊は1割にも満たないでしょう。恐らく私だけでなく、ほとんどのタイ人が私と同じような感じです。

それは何故か?

まず富裕層を除き、一般家庭(最近のタイ人の所得は右肩上がりなので一概には言えませんが)には、キッチンがありません。
家賃が1万バーツ以下(日本円で約3万以下)のところでは、まずキッチンはついていないです。ちなみに私のアパートは家賃5500バーツ(日本円で約16,500円)ぐらいなのでもちろんありません。

でも、それじゃあ毎日の食事どうしてるの? って思いますよね。
私も毎日さすがに電気ポットでお湯をわかしてカップヌードルだけで暮らしていくのには限界があります(笑)。

じゃあ?……もちろん、外食です! 毎日毎日外食です!

えーーー!? お金やばくないですか?
やばくないんです! むしろ外食をする方がお安く済んでしまうのがタイです!
(もちろん全てが全て安いというわけではありません。高級なお店もありますよ!)

では、リアルなところタイの外食事情はいくらぐらいなのか?
タイ飯1

例えばこちらの料理。ぶっかけ飯!(ごめんなさいタイ語でなんて言うのかわかりませんが、特段料理名があるわけじゃなく、ごはんにおかずをぶっかけて食べる料理です。)

ご飯を買って、「アオ、ニー!」(これくださーい)って言っていつも食べています。
(もの凄い量の油で炒めた)目玉焼きをつけて、40バーツ!
日本円で120円!……安〜い!

他にも有名なカオマンガイ(蒸し鶏ご飯)も60バーツ〜70バーツ、日本円で200円くらいですね。
とにかくもの凄く安いのです! だから地元の人はみんなほとんど外でご飯を食べています。
どうしても料理をしたいって人はガスコンロを買って料理をしている人もいますが、それだと光熱費や材料費やらと結局お金が高くついてしまいます。

困った時の日本食!

でも、そんな私でもさすがに毎日タイ料理だけで生活するのには限界があります。結構脂っこいですし(笑)。
そんな時、日本人にとってありがたいことに、タイには日本料理屋さんがたくさんあるので助かります。
私はラーメンが好きなのでラーメンを食べたりしていますね。(家系ラーメンもあってビックリしました!)

この写真は幸楽苑のラーメンです。
タイ飯2タイ飯3

さすがに日本の外食チェーンで食べると値段も上がります。
これはラーメンと豚丼のセットで170バーツほどで、日本円で500円ですね。もっといいところで食べると300バーツ〜500バーツぐらいします。
やっぱり日本のご飯は美味しいですね! プチ贅沢したいときには日本料理です。

また、食事が安いのも特徴的ですが、タイ人は朝ご飯をそんなに多く食べないのも特徴的です。やっぱり朝は暑いので外出たくないのでしょうか? 私もタイに来てから、朝ご飯は冷蔵庫にあるオレンジジュースとリンゴジュースとバナナを食べるか、最近は朝を食べないことも多いですね。でも、皆そんな感じです。

今回はタイの食事情についてお伝えしました。食の面について、僕にはとても合っていてタイはとても暮らしやすいです!
それではまた!

permalink.
PAGE TOP