【学生海外レポート@バンコク】vol.1 これから始まるタイでのインターンシップ



サワディーカップ! 上智大学3年生の堀慎太郎と申します。
MFC大学生プロジェクトメンバー1期生としてMFCの企画や運営をお手伝いしていました。

そして、現在はタイにおります。
こちらで定期的にタイでの生活をお届けしていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします!
ただの日記ではなく、タイで感じた事や学んだ事、タイのカルチャー等についてリアルタイムでご報告します!

(*こちらの記事は全て2014年3月時点のものです。)

なぜタイにきたのか?

今月の出来事というよりもまずは、タイに来ている目的から説明したいと思います。
今回タイにきている理由はインターンシップです。大学を休学して、2014年2月から2015年の1月まで働きます。

さて、タイでどんなお仕事をしているのかというと、人材紹介のお仕事です。タイに進出している日系企業に対して、タイの人材の紹介する仕事です。タイには毎週多くの日系企業が新規設立の為に進出していて人材業界もとてもホットな市場ですね。

これがエンポリムタワーです!

これがエンポリムタワーです!

オフィスはバンコクのプロンポンという駅の近くのエンポリアムタワーの中にあります。日本で言えば……何でしょうね、横浜のランドマークタワーのような感じですね! 大型ショッピングセンターの上にオフィスタワーが隣接してあります。まだ来て2週間ほどですが、回りきれないほど広いです!

この2週間で感じた事

タイにきて思ったのは(特に滞在場所がバンコクっていうことも関係していますが)、本当に日本人が多いし、日本のものがたくさんあるということです。今日の昼休みにエンポリアムタワーのフードコートに行ったら、日本のお店もたくさんあってビックリしました!
0b34f0ccf74345a74e658dc072ab42df-e1393769822127
この写真は、ご存知『大戸屋』と『浪漫館横浜』です。特に『大戸屋』は色々なところにあります。値段は少々高いのであまり行けないのが残念です……。

でも、こうやって日本のものがたくさん世界に進出しているのを見るとすごい勇気がでます! 「日本ってすごいな〜!」って本当に思います。自分が知らないだけで、世界で戦う日本人は本当にたくさんいます。
この2週間で、「食」という側面から日本の凄さを感じることができました。

さて、日本の皆さんは『タイ』『バンコク』と聞いたら“デモ”と連想してしまう人もいるのではないでしょうか?
デモ
このようにデモ隊がテントを張って泊まり込み、抗議活動をしています。
実際のタイの様子はというと、バンコクのほとんどの地域は安全です。しかし、ニュースで報道されている通り、危ないところはもちろん危ないでしょう。この間の週末には、爆弾が爆発し子どもが亡くなるというニュースも見ました。なので、ニュースで報道されている地域には絶対に行かないように気をつけています。
私がいる間にデモは終わると思いますが、この1年の中でタイがどう変わっていくか楽しみです。

今回は簡単に現在の近況とタイの食とデモについて書きました。まだまだたくさん書きたい事もありますが、それは次回にとっておきましょう!
それではまた!

PAGE TOP